[0359-201411] Bellroy TravelウォレットとabrAsus 薄い財布。旅に出るときの薄い財布を考える。

[0359-201411] Bellroy TravelウォレットとabrAsus 薄い財布。旅に出るときの薄い財布を考える。

スポンサーリンク

以前から海外に限らず、国内の小旅行や松本、佐久、石巻などを訪れる際の持ち物については常に考えてきました。そんな中で定まっていなかったのがお財布です。特に海外に関しては、今まで常に探している状態です。
今回全く別の目的でネットを巡回していて、二つの財布が目に止まりました。どちらも「薄い」ことから引っかかったのですが、思った以上にイメージが膨らんだので、ちょっとメモも兼ねてこちらでご報告します。
一つはたまたま薄い財布を探していて見つけたBellroy(ベルロイ)の「Travelウォレット」。
Slim Your Wallet – Slim Leather Wallets by Bellroy
もう一つはブロガーの間でもしばらく前に話題になったので、ネットで探せば山ほど出てくる、2013年グッドデザイン賞受賞の「薄い財布」。
薄い財布 abrAsus メンズ | SUPER CLASSIC

どちらもコンセプトや開発者の考え方に惹かれた。

勿論モノとして面白そう、興味を持ったのが何よりの理由で、それがあったからコンセプトに目が行った訳ですが、どちらもそれぞれ面白い。敢えて薄さやコンパクトさを財布に求めて作っている以上、相通じる部分があるとは思うのですが。
まずはBellroy。こちらはオーストラリアの革小物メーカーのようですが、こだわりが良いな、と。今回興味を持ったTravelウォレットにも標準装備されているWalkie penレギュラーを作っている三宝株式会社のサイトより、

Bellroyの製品は芯地や厚紙やプラスチック等、多くのメーカーが使用する材料を極力使わないようにし、純粋にベジタブルタンニンレザーで作りあげることを徹底しています。これもより製品をより薄くすることができます。
そして、使われるパーツ数をできるだけ削減することにつながり、寿命が来たとき、自然に土に戻すこともできるサスティナブルな製品になっております。

サスティナブルだからといって気軽に捨てて良い訳では勿論ないのだけれど、こうしたちょっとしたコンセプトが意外と惹かれてしまうものです。
続いてabrAsus。こちらはイケダハヤトさんによるインタビューから、

南:多くの人たちは「何のために持つのか」ということを、あんまり考えていないんじゃないかと思うんですよね。土地にしろモノにしろ、極端な話、「地球からの借り物」じゃないですか。借りれるなら借りれるものでいいんですよね。

「薄い財布」のコンセプトというわけではないのですが、作っている方のポリシーであったり、考え方の一面が見えると、そこに共感出来るか、という部分も大切だったりします。ご家族4人で現在マレーシアで生活されているそうですが、引っ越された際にも荷物がスーツケース4つと段ボール2個だけだったとのこと。
家族のライフステージが変わった時、人は生活レベルを上げていくことは簡単に出来ても、下げることってなかなか難しかったり辛かったりします。けれど常に自分たち家族の生活をあるスタイルの元に確立されている方は、収入が上がろうが下がろうが生活は変わらない訳です。そしてそれに合わせることが出来る。
自分にとってもとても共感出来るとともに、私たち夫婦もこれからそういう形を更に考えて行きたいと常々思っているだけに、惹かれるものがありました。

パスポートがジャストで入る大きさの革の財布。

0359-201411_Bellroy_TravelWallet
#上記画像はBellroyのサイトからお借りしました。
Travel Wallet – Wallets – Slim Leather Wallets by Bellroy
開くとすぐに動画が再生されるので、ボリューム注意。(怪しいサイトな訳ではありません。公式サイトです。)
BellroyのTravelウォレットの惹かれた点は、「パスポートがジャストで入る大きさ」の「革」の財布であるということ。これ、探すと意外と無いのです。
パスポートケースならありますが、トラベルウォレットとなった途端に、チケットが折らずに入る大きさで長財布のような形になってしまうか、もしくはベルクロタイプのナイロンの財布になってしまうことが大半です。
普段使いするには、ちょっと気分が乗らない。
ではパスポートがジャストで入らなくても、普段使いなら良いのじゃないか、という意見もあると思います。確かに日本にいる限りではその通りです。
日本ではパスポート一つでは身分証明にならない場所もあって、何故か運転免許証が一番の身分証明書になります。ちなみに私は運転免許は持っていません。なので住基カード(写真入)を発行したのですが、これすら場所によっては「?」という顔をされたり、断られたりすることもありました(今は知りませんが、以前は近くのソフトバンクショップでは住基カードは裏に確認に行かれてしまいました。)
そこそこ厚みも出てしまうし、普段は使わないのだから、不要と言えば不要です。薄さを追求するのであれば要りません。
0359-201411_Bellroy_TravelWallet_2
#上記画像はBellroyのサイトからお借りしました。
けれど、別に私の場合極限まで薄くしたいわけではないんです。実際あくまでメインはORTHODOXEEのメッシュ長財布ですし、他に土屋鞄のLファスナーもあります。
ただ、あまり理解されないかもしれませんが、パスポートって私の心に自由というか、世界の広がりを与えてくれるんです。パスポート持ち歩いていれば、行こうと思えば今ここから海外に出かけることも出来る、という。実際に出かけるかどうかは別として、そんな心の余裕があることって、とても嬉しいのです。
なので、個人的にはこのTravelウォレットは財布としても実用上充分なパスポートカバーのような感覚かもしれません。パスポートが目に入る度に、よし、また海外行ってくるぞ、みたいな気持ちになれるという。

薄い財布は面白いですよね。




発売当初はそれほど惹かれていなくて、当時もまったくブログ等でも触れていなかったのですが、ここ最近急に気になり始めた「薄い財布」。面白いです。こういうハッキリした商品。
その分使い勝手に多少難があったとしても。日本人っぽい商品じゃないですか。こういうい何となく(例えステレオタイプであったとしても)日本人っぽいものをスタイルに取り入れたい。何だかんだ言っても海外行けば日本人なんですから。話のネタにもなる。
私が国内メーカーの商品が好きな理由 | Life Style Image

ありがたいことに、どちらも取扱店舗が近くにあるので。

Bellroyは先ほど日本での取り扱い店舗を見てみたところ、Loftで扱っているようです。「薄い財布」は東急ハンズで見れますし、期間限定ではあるものの、同じ渋谷のSUPER CLASSICのギャラリースペースで見ることも出来ます。渋谷に行けばとりあえずどちらも見られそうなことは、非常にありがたいです。
Retailers – Slim Leather Wallets by Bellroy
「abrAsus 取扱店」 SUPER CLASSIC ストア
旅も含めて、何かモノを買うときは、それを使っている状況やスタイルを想像して、考えることが大切。どういうイメージが出来るか、というのはいつも意識していることです。今の自分のスタイルにはどちらがしっくりくるのか、また、どちらがよりワクワク出来るのか。たまたま見つけたのも何かの縁、なるべく早めに見に行ってみたいと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。