[かぶ] 今回のpolcaのプロジェクトの「支援のおかえし」について。せっかくの情報と体験は独り占めしないで共有して楽しみたいな、という気持ち。

[かぶ] 今回のpolcaのプロジェクトの「支援のおかえし」について。せっかくの情報と体験は独り占めしないで共有して楽しみたいな、という気持ち。

スポンサーリンク

前回も書かせて頂いた、フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」でのプロジェクトの話。今回初めて利用するということもあって、まだ勝手がつかめていないのですが、コメント欄で随時補足、コミュニケーションを取らせて頂きながら、その中からこちらでも発信できることは発信していきたいと思います(登録しないと現時点での支援状況やコメントは見られないようなので)。

https://polca.jp/projects/jAqq3RXc8A2

前回はこのプロジェクトの支援を募ろうと思った理由と想いについて書かせて頂きました。

前回の最後で触れました、フレンドファンディングアプリpolcaで現在募集(支援を募っている)「Chromebookの本場、米国のお店を見学し、この春夏話題の日本未発表モデルをまとめ買い、日本でレビュー...

今回は非常に分かりにくい「支援のおかえし」について、現時点で考えていることを書いてみたいと思います。

情報もモデルの入手も難しい、実物もなかなか見られない日本だからこそ、独占ではなく共有して楽しみたい。

「支援のおかえし」の部分にはこんな風に書いています。

ブログでご紹介。また渡米時期と発売のタイミングによりますが、購入代行のご相談も受けたいと思います。

いまいちよくわからないだけでなく、何の魅力も感じません。というか、楽しくない。もう少し煮詰めてからプロジェクト始めれば良かったか。出来るなら書き直したい。

前回も触れましたが、私の中では「日本だとなかなか情報も日本語では得られないし、実施に興味を持ってもほとんどのモデルは見ることすら出来ない」という状況が寂しいな、と思っていました。今年に入って既に7回「Chromebookオフ会」を開催したのも、他にChromebookを使っている人と実際に会ってみたい、話してみたい、という気持ちがあったからです。とともに、その方がどのモデルをどんな風に使っているのか、何故好きなのか、どこが良いのか、も直接話を聞いたり、実際に手に取らせて頂いて一緒に盛り上がれれば楽しいだろうなぁと思ったのが理由です。ここが今回のプロジェクトでも根っこになっています。

そこで、現段階では、こんな「支援のおかえし」を考えています。すべてそのまま実現するかどうかは分かりませんが(その都度プロジェクトページのコメント欄で発信していきたいと思います)、少し書いてみたいと思います。

帰国後にChromebookオフ会の拡大版を開催して、購入してきたモデルをすべて持ち込み、実際に触ってもらう。

帰国後、8〜9月辺りに、今年開催してきた「Chromebookオフ会」の少し拡大版のようなものをやりたいな、と考えています。といっても、拡大しても私一人で企画運営するのは厳しいので、今回ご支援頂いた方にまずはお声をかけさせて頂きたい、お誘いしたいと思っています。

内容としては通常のオフ会での交流と合わせて、当日は私も現地で買ってきたモデルをすべて持ち込み、実際にその場で手にとって、またご自身のGoogleアカウントで実際にサインインしてご自身の環境で試してみて頂けたらいいな、と思っています。その上で、これらのモデルの魅力を「あーでもないこーでもない」と他愛のない話で盛り上がれたら楽しいな、と感じています。

また、渡米中に目にしたもの、体験してきたものも、この場を借りて少しご報告出来たらいいな、と思っています。

希望があれば、支援いただいた方の購入代行もさせていただきます。(検討中)

「検討中」と書いたのは、このプロジェクトに支援いただいた方全員に頼まれてしまうと、恐らく完全なビジネスになってしまうので。輸入代行業とか汗 それだとまずいので、まずは税制面、法律面をしっかり詰めてから、になりますが、こちらを検討しています。

基本的には支援いただいた方からは今回は代行手数料のようなものは頂こうとは考えていません。商品代金と場合によっては現地送料、国内に入ってきて実際に手に取られるまでの送料や諸税といった実費のみいただこうと思っています。(ただ、ドル円の絡みもありますし、場合によっては数千円程度頂くかもしれません。)

また、数が増えてくるとすべて「お願いね」で後払いになってしまうと私のカードも財政も破綻するかリスクが非常に高くなってしまうので、基本的には前金で頂くことになると思います。この点はご了承頂ければ、と思っています。どうするかはこれから支援いただいた状況を眺めながらコメント欄で、また個別に相談していければ、と思っています。

現地からの報告はなるべくその日の内に、支援いただいた方にお知らせしたいと思っています。

ブログでまとまった文章にする、となると環境も変わってきますのでなかなか手間も時間もかかります。少しタイムラグが出てくると思っています。ただ、ご支援いただいた方にはなるべくその日の内に現地での状況をその都度ご報告できたらいいなぁ、と思っています。

方法としてはSNS等を活用して、例えばTwitterの鍵アカウント、Facebookページ、Google+のコミュニティなど、コメントなどのやり取りの出来るものを考えています。

支援いただいて渡米するわけですから、そこで見聞きしたものは(完全プライベート部分はもちろん除きますが)なるべく皆さんでシェアして楽しみたいな、と思っています。

希望があれば、期間を区切って購入してきたモデルのレンタルも考えています。

前述の拡大オフ会ではなかなか試しきれなかったり、実際参加できない方もいらっしゃると思いますので、今回購入できたモデルに関しては、一通りブログ等でのレビュー、情報発信が一区切りし次第、支援いただいた方の中で希望される方がいらっしゃいましたら期間を区切ってレンタル(10日間くらい?)しようかな、と思っています。

レンタルではありますが、特に執筆や寄稿等の条件は設けませんので、ご自身の環境で期間中思う存分に試して頂けたらいいなぁ、と思っています。

ということで、まとめると、「せっかくの情報と体験は独り占めしないで支援いただいた方たちとみんなで共有して楽しみたいな」ということです。もちろん支援いただいた方が増えてきますと、そう簡単にいかない部分も出てくるでしょうし、思ったようにスムーズに運ばない部分も出てくると思いますが、そうした部分もご理解いただいた上で、「よし、かぶ面白そうだから、応援するよ」と思って頂けたら嬉しいです。

現時点で既に何名かの方からご支援頂いています。ありがとうございます。あと1ヶ月ほどですが、せっかくやるからには参加した人が楽しめるような半分イベント的なものになったらいいな、と思っています。ページのコメント欄でも引き続き発信していきますので、ご参加頂けたらと思っています。

https://polca.jp/projects/jAqq3RXc8A2

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。