[かぶ] Chromebookで「読書灯モード(Enable Night Light)」を試してみる。

[かぶ] Chromebookで「読書灯モード(Enable Night Light)」を試してみる。

スポンサーリンク

海外では既にある程度話題になっていますので、試された方もいるかと思いますが、折角なのでご紹介したいと思います。

ブルーライトについては、その弊害について様々な意見が交わされていますが、実際夜にPCやスマートフォンを使っていて「光が少し強いな」「目が少し辛いな」と感じることはあります。最近はスマートフォンにもPCにも「ブルーライトカットモード」や「読書灯モード」のようなモードがあり、自動や手動で切り替えられるようになっています。

ただ、Chromebookに関しては今までこうしたものが無かったんですね。Chrome拡張などでWindowsやMacではお馴染みの「f.lux」のようなものが全く無いわけではなかったのですが、いまいち機能しなかったり中途半端で動作が不安定だったりすることもあり、私は基本的には全く使っていませんでした。

Chromebookでは標準ではこの「読書灯モード」の切り替えは出来ません。

そんな中で、今回表に出ていない部分の設定を少し変えることで、この「読書灯(Night Light)」モードが使えるようになることが分かりました。ソースはお馴染みChrome Unboxedさん。

https://chromeunboxed.com/chromebook-how-to-enabling-night-mode/

なお、この設定に関しては現時点では試験運用機能の内の一つです。

現時点ではこの設定は「試験運用機能」の一つです。

この設定をすることで何か不具合が出る可能性に関しては、私もまだ分かりません。ただ、今後こうした試験運用機能が少しずつ正式に対応されてきたら、また使い勝手が良くなってくるのだろうな、と思っています。このモード、結構便利だな、と思いましたので。

使い方(設定の仕方)としては、まず普通にChromeを開いて、URLバーに chrome://flags と打ち込みます。

URLバーに chrome://flags と入力。途中まで入力すると候補が出てくるかもしれません。

すると、先程の「試験運用機能」の設定画面が現れます。

この画面の一覧から探していっても良いのですが、「night light」と検索バーに打ち込むとすぐに出てきます。

たくさんの機能が出てきます。この中から探していっても良いのですが、結構面倒ですので、上の虫眼鏡のバーから例えば「night light」と打ち込むと、すぐにこの項目が出来ます。こちらを「有効にする」と

「変更内容は、次回の端末の起動時に反映されます。」と出るので「今すぐ再起動」を押して再起動します。

「変更内容は、次回の端末の起動時に反映されます。」と出るので「今すぐ再起動」を押して再起動します。すると、今までのバーの真ん中にアイコンが一つ増えています。これが「読書灯モード」です。

アイコンが一つ増えています(中央の丸いもの)。

設定画面の「ディスプレイ」を見ると、下に「読書灯」という設定項目が増えていることに気づかれるかと思います。

設定の「ディスプレイ」に新たに「読書灯」の項目が増えていることに気づかれるかと思います。

先程のアイコンを押しても切り替えが出来ますし、この設定項目からONとOFFの切り替えが出来ます。

読書灯モードの適用時間帯等も設定できるようです。ただ、端末によってはこれがうまく働かない場合もあるようです。

また、この項目の「スケジュール」から読書灯モードを適用する時間帯等を決めることも出来ます。ただ、モデルによって自動で切り替えられる場合と、再起動する度にこの設定がオフになってしまう場合もあるので、ここは相性があるかもしれません(我が家では昨夜、Pixelbookでは機能したのですが、ThinkPad 13では再起動したらオフになってしまいました。)

それぞれの違いに関して、違いを並べて写真でも撮ろうかと思ったのですが、うまく違いが出なかったので、興味のある方は試してみてください。結構色が変わります(目には優しくなります)。色味が当然変わるので、用途によっては不便かもしれませんが、私のような文章入力中心の人には便利な機能だと思います。出来れば早く「試験運用」から正式に採用されてほしいなぁ、と思っています。

追記:2018年4月9日 14:00 更新

「試験運用機能」に「Enable display zoom setting」が追加されました。PixelbookやSamsung Chromebook Pro/Plus、HP Chromebook 13 G1のような高解像度表示が可能なモデルをお持ちの方で、今まで「最大解像度だと全体的にフォントが見づらくて辛いな」と使えずにいた方は一緒に試してみては如何でしょうか。

Google PixelbookやSamsung Chromebook Pro/Plusは最大解像度で「2,400x1,600」まで表示できることが一つの魅力でもあります。また、HP Chromebo...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。