[かぶ] 好きならアリだと思うよ。良いモデルだし。冷静に考えればあり得ない行動をとることもある。だってにんげんだもの。

[かぶ] 好きならアリだと思うよ。良いモデルだし。冷静に考えればあり得ない行動をとることもある。だってにんげんだもの。

スポンサーリンク

私もお気に入りのChromebookの一つ、ASUS Chromebook Flip C302CA。現在入手出来るモデルは基本的にはCore m3のモデルです。なぜなら米Amazonから普通に日本直送可で注文できるからです。

これ、良いモデルですよ。私、大好きです。バランス良いですし、この価格(日本円で6万前後)出す気があるなら、充分にオススメできる一台です。3万円くらいまでならLenovo ThinkPad 13 Chromebookですが。

今回の帰省には、手元に届いたばかりのSamsung Chromebook Plusを持って帰ろうと思っていたのですが、ただいま液晶及びタッチパッドの専用保護シートの作成のため預けておりまして手元にあり...

その評判の良さもあって、Core m7、8GB RAM版の登場と価格発表が待ち望まれていましたが、米国では今のところ発売予定から消えているようで、このまま幻と終わるのか、とも思われていました。英国ではリストに上がっていたので、まだ可能性はあったのですが。

そんな中、そんな英国の取扱店の一つ、CCLにてCore m7モデルが発売されたようで昨日から話題になっています。

ただ、話題になっているのは発売よりもその価格。VAT込で£849.90(3月3日時点で約11万9577円)です。CCLがVAT還元を行ってくれるか分かりませんが、還元されるとして20%引かれても£679.92(3月3日時点で約9万5634円)。これに送料と、転送サービスも必要?あとは日本到着後の簡易税率(地方消費税等)適用がありますので、まぁ13万〜14万くらいですか。

で、この価格で「流石に高い」「これならMacBook買う」という感想が続出していますが、

好きならアリだと思うよ。良いモデルだし。

確かにこの価格だと色々選択肢が出てくるんです。冷静に考えれば他に色々考えられると思います。MacBookだって良いし、私であればZenBook 3買っても良いし、ThinkPad X260辺りを買っても良いし(今ちょうどWindowsラップトップPCを一台ほしいな、と思っているところなので)

https://lifestyleimage.jp/?p=37354

でもね、私も10万超え(11万強)で当時Core m5、8GB RAMのHP Chromebook 13 G1を購入したことは、過去クドいくらいに何度も書いていますが、別に自慢したいわけじゃないんです。むしろ一般的な感覚からすればちょっとおかしい人です。でもChromebook Pixel 2015とか買う人もいますしね。そして、私自身、もう数万出してもCore m7、16GB版のHP Chromebook 13 G1にすれば良かったかな、と今でも思っているくらいです。今でもこのCore m5版手放して、その差額で買い直しても良いかな、と思ってるくらい。

人は時折、冷静に考えればあり得ないような行動をとることがあります。

でもね、それでも良いんです。

だってにんげんだもの

それに、振り返ってみてほしいのですが、それ言い出したら、Core m3版のC302CAだってChromebookに魅力感じてない人から見れば、なんでこんなのに$499も出してるの?〇〇買えるじゃん。って思う気がするのです。送料諸々込で6万超えのChromebook自体、少し前にはあり得ないと思われていた気がします。今ももちろんあり得るかというと色々なご意見はあると思いますが。

Samsung Chromebook Plusが日本でも意外と反応があり、更にProも欲しくなった、という人まで出ていることを考えると、これから先を考えたとき、Chromebookでこういう選択肢というのも充分にありじゃないかな、と思っています。

私もお気に入りのChromebookの一つでもある、Samsung Chromebook Plus。使い勝手をトータルで考えると同時期に発売されたASUS Chromebook Flip C302CA...

もちろん誰にでも勧められるものではないのは常々書いていますが、そういう人がいたっていい。

だってにんげんだもの

そして、私の中では充分にアリです。

ASUS Chromebook Flip C302CA 12.5″ Touch Laptop/Tablet Convertible – C302CA-GU017-OSS – CCL Computers

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。