[かぶ] COMPUTEXで見かけたASUS Chromebook Flip C213が情報解禁か。NA?SA?その辺りも気になるところ。

[かぶ] COMPUTEXで見かけたASUS Chromebook Flip C213が情報解禁か。NA?SA?その辺りも気になるところ。

スポンサーリンク

先日のCOMPUTEX TAIPEI 2017のASUSブースで触ってきた、教育市場向けモデルの一つ、ASUS Chromebook Flip C213NAがASUSのサイトで商品ページが出来ているようです。

ほぼ会場で見たとおりのスペックでしたが、その中で気がつかなかった、より詳しく書かれていた部分が下記の2点です。

Display 11.6″ (16:9) LED backlit HD+ (1366×768) 60Hz Anti-Glare Touchscreen with 50% NTSC with 178˚ wide-viewing angle display
11.6″ (16:9) LED backlit HD+ (1366×768) 60Hz Glare Touchscreen with 45% NTSC with 178˚ wide-viewing angle display
Certificates UL, CE Marking Compliance, FCC Compliance, BSMI, Australia C-TICK / NZ A-Tick Compliance, CB, EPEAT, EU Flower, Energy star, IDA, WEEE, Erp 2013, RoHS, JATE

Displayに関してはどちらもTouch Screenながら、「Anti-Glare Touchscreen with 50% NTSC with 178˚ wide-viewing angle」と「Glare Touchscreen with 45% NTSC with 178˚ wide-viewing angle」が選べるということ、更にCertificatesの項目が増えていることがあります。

Certificatesの項目には日本向けには「JATE(一般財団法人 電気通信端末機器審査協会)」の表記がありますが、これがイコール「技適マークあり」ということには繋がりません。これは以前関東総合通信局に確認をした際にも「JATEの表記だけでは不十分です。別なので。技適マークがないと、「大丈夫」とは言えないんですよ」と言われていました。

結論からすると「不十分」とのことでした。JATEの規格に準ずる設計をしていても、それが違法な電波を発することがない証明にはならず、実際に技適マークは別で、そのための審査を通していることの証明にはならないため、マークがない限りやはり法律的にはダメだとのことです。

海外製のモデルの場合にはこうした記載のものも結構多く、FCやCEなどそれぞれの国や地域の基準があるため、それらで相互にある程度補完し合えるようにはなっていて海外で使う分にはそれで問題ない場合も多いのですが、日本で使うとなると、やはり日本の法律に照らした基準を満たしている(そのための審査を通している)必要がある、ということでした。

厳密なことを言えばこれで安心、大丈夫ということではなく、解釈によってはまだグレーな部分もあるのですが、当サイトとしては従来通り、これをもって通常の使用感のレビューに移りたいと思います。 外側に「...

ただ、今回のこのモデルに関しては、既にCOMPUTEXの会場で本体底面に技適マークを確認していますので、

背面には既に技適マークあり。日本市場での販売も想定しているのかな、と「期待」しています。

これが展示サンプル用のフェイクでないことを願いたいと思います。

さて、そんなこのモデル、既に米Amazonでは商品ページが出来ています。

製品名が「C213NA」ではなく「C213SA」となっていたり、現時点では「Temporarily out of stock. 」、更に日本直送が出来ないようなので悩ましいのですが、価格は$349.00です。

また、情報も解禁になったのか、海外の情報サイト等でもレビュー、紹介動画が上がり始めています。

まずはPromevo。こちらの店舗では既に「IN STOCK」になっていますが、やはり製品名は「C213SA-YS02」なんですよね。この辺り名前の付け方が気になるところでもあります。

また、以前一度公開されたものの、その後諸般の事情で一旦削除されていたChrome Unboxedの動画も復活。

少しずつ市場に出回る気配が出てきています。日本での発売も期待したいところです。

既に発表はされていたので、情報が断片的には入ってきてはいたものの、実際に出ているのか、それともこれからなのかもいまいち分からなかったモデルの一つ、ASUS Chromebook Flip C213NA...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。