[かぶ] COMPUTEXで見かけたASUS Chromebook Flip C213が情報解禁か。NA?SA?その辺りも気になるところ。

先日のCOMPUTEX TAIPEI 2017のASUSブースで触ってきた、教育市場向けモデルの一つ、ASUS Chromebook Flip C213NAがASUSのサイトで商品ページが出来ているようです。

ほぼ会場で見たとおりのスペックでしたが、その中で気がつかなかった、より詳しく書かれていた部分が下記の2点です。

Display 11.6″ (16:9) LED backlit HD+ (1366×768) 60Hz Anti-Glare Touchscreen with 50% NTSC with 178˚ wide-viewing angle display
11.6″ (16:9) LED backlit HD+ (1366×768) 60Hz Glare Touchscreen with 45% NTSC with 178˚ wide-viewing angle display
Certificates UL, CE Marking Compliance, FCC Compliance, BSMI, Australia C-TICK / NZ A-Tick Compliance, CB, EPEAT, EU Flower, Energy star, IDA, WEEE, Erp 2013, RoHS, JATE

Displayに関してはどちらもTouch Screenながら、「Anti-Glare Touchscreen with 50% NTSC with 178˚ wide-viewing angle」と「Glare Touchscreen with 45% NTSC with 178˚ wide-viewing angle」が選べるということ、更にCertificatesの項目が増えていることがあります。

Certificatesの項目には日本向けには「JATE(一般財団法人 電気通信端末機器審査協会)」の表記がありますが、これがイコール「技適マークあり」ということには繋がりません。これは以前関東総合通信局に確認をした際にも「JATEの表記だけでは不十分です。別なので。技適マークがないと、「大丈夫」とは言えないんですよ」と言われていました。

結論からすると「不十分」とのことでした。JATEの規格に準ずる設計をしていても、それが違法な電波を発することがない証明にはならず、実際に技適マークは別で、そのための審査を通していることの証明にはならないため、マークがない限りやはり法律的にはダメだとのことです。

海外製のモデルの場合にはこうした記載のものも結構多く、FCやCEなどそれぞれの国や地域の基準があるため、それらで相互にある程度補完し合えるようにはなっていて海外で使う分にはそれで問題ない場合も多いのですが、日本で使うとなると、やはり日本の法律に照らした基準を満たしている(そのための審査を通している)必要がある、ということでした。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C302CAを日本で使える方法はないかと各方面に問い合わせ、結局「開けた」話。
厳密なことを言えばこれで安心、大丈夫ということではなく、解釈によってはまだグレーな部分もあるのですが、当サイトとしては従来通り、これをもって通常の使用感のレビューに移りたいと思います。 外側に「技適マーク」が無いASUS Chromebook Flip C302CAを日本で使えないか模索してみた。 以前は一部の電波を利用する人たちだけが意識すれば良い部分だったかもしれませんが、今ではスマートフォンなどの普及で一般の人にとっても意識する必要が出てきたものが「技適マーク」です。といっても、普通に生活している分には特に考えなくても特に問題が起きることもないため、気にしたことはないかもしれません。 このサイトでは今までにも技適マークについては何度か触れてきました。また、今回のように海外で購入して「技適マークが表面に付いていない」ラップトップPCやスマートフォンなどもレビューしています。 ですが、決して私はそうした法律を軽視するつもりはありません。軽視しているならわざわざこんな面倒なことしません。むしろ、より多くの方に「技適マーク」について知っていただきたいな、と思っています。 法律と社会事情というのは非常に複雑で難しい側面もあります。だからこそ、面倒ではあっても、ひとまず知ってみることは大切だと思っています。一般的には「技適マークが付いていない=法律違反=犯罪」で片付けてしまいがちです。実際それでも日常生活に不便は感じないからです。けれど、実際になぜそうした法律があり、なぜ技適マークというものがあるのか、というのは知って損はないと思いますし、実際に大変興味深い部分でもあります。 それぞれが自分なりに意識して調べてみたり、知ろうとしてみた中で、曖昧だったりグレーである部分を確認したり、考える中で、自分なりの立ち位置を決めてみても良いのかな、と思っています。(もちろん法律違反を薦めたい訳ではありません。) 私も自分なりに考えた中で、現在こういう形で発信し、またこうしたモデルもレビューをしていますが、意見は色々あると思います。そうした意見は歓迎ですし、私に足りない部分や誤解している部分があれば教えていただきたいとも思っています。ただ、特に何も自分では考えず、調べもせず、何となく法律違反に決まってるから「けしからん」だけで叩く方はご遠慮いただければと思っています。

ただ、今回のこのモデルに関しては、既にCOMPUTEXの会場で本体底面に技適マークを確認していますので、

背面には既に技適マークあり。日本市場での販売も想定しているのかな、と「期待」しています。

これが展示サンプル用のフェイクでないことを願いたいと思います。

さて、そんなこのモデル、既に米Amazonでは商品ページが出来ています。

製品名が「C213NA」ではなく「C213SA」となっていたり、現時点では「Temporarily out of stock. 」、更に日本直送が出来ないようなので悩ましいのですが、価格は$349.00です。

また、情報も解禁になったのか、海外の情報サイト等でもレビュー、紹介動画が上がり始めています。

まずはPromevo。こちらの店舗では既に「IN STOCK」になっていますが、やはり製品名は「C213SA-YS02」なんですよね。この辺り名前の付け方が気になるところでもあります。

また、以前一度公開されたものの、その後諸般の事情で一旦削除されていたChrome Unboxedの動画も復活。

少しずつ市場に出回る気配が出てきています。日本での発売も期待したいところです。

[かぶ] 個人的には結構好み。C202SAのFlip的印象かな。ASUS Chromebook Flip C213NAを触ってきました。

2017.05.31

スポンサーリンク

スポンサーリンク