[0812-201506] みんな今年は既に忘れているかもしれないけど、2015年版ウオッチバンドカレンダーが再販中だよ。

[0812-201506] みんな今年は既に忘れているかもしれないけど、2015年版ウオッチバンドカレンダーが再販中だよ。

スポンサーリンク

MIYAKO75_yatta--20140726-thumb-1000xauto-17323

私は昭和生まれです。SEIKO 5CASIO STANDARD DIGITAL三交製靴ラギッドシューズ(丸善マナスルシューズ)もこよなく愛しています。けれど、何も大正野郎のように大正や昭和のスタイルに憧れている訳でも何でもありません。

[0626-201502] 山田芳裕「大正野郎」は大正浪漫かは別にしても、誰もが何かを思い出す素晴らしい漫画です。

0622-201502_Taisho_05

でもそんな私でも昨年からずっと気になっていながら、常にタイミングを逸してきたアイテムがありました。それがこちら。

中野駅におりたときには、午後7時を過ぎて、周囲は、暗くなっていた。
歩きながら、桜井は、腕時計のバンドに付けたメタル製の小さなカレンダーを見た。
四月十一日。土曜日。午後七時四二分。

メタル製の小さなカレンダー!

【楽天市場】2015年版ウオッチバンドカレンダー(2015年1月~12月版):よろず屋タイセイ本舗

今日たまたま別の買い物をしようと楽天市場を利用したのですが、注文を終えトップページに戻ると右上の「お知らせ」のところが1になっていたんです。まぁどうせいつも通りの下らん広告か興味のないフェアのお知らせだろう、と普段ならスルーするのですが、今日は何となくクリックしてしまったんですね。

忘れておりました。再販のお知らせをチェックしていたのを。メールでも来てれば気付いたんですが。

もう2015年も6月となりまして、このカレンダーの5/12は使えないわけですが、この時期にも継続して再販に踏み切ってくださったよろず屋タイセイ本舗さんの英断に拍手を送りたいと思います。だって、手帳なんてこの時期になると有名どころを除いてそろそろ軒並み姿を消しますから。

唯一惜しい点を挙げるなら、クロネコヤマトのメール便がなくなったことで、1セット(税込 324円)であろうがクロネコヤマト利用で送料が800円かかるんですよ。これは痛すぎる。いや、それでもウオッチ(ウォッチではない)バンドカレンダーが買えることは大きいのですが。

現時点(2015年6月12日14時)では在庫もありますし、3-10日以内にお届けですが、再販開始が今月はじめからでしたので、そろそろまた売り切れになるかもしれません。年始めに比べれば需要は落ちているかもしれませんが、敢えてこの時期、自分用、保存用、友だちに貸す用の3セットで購入しても良いかもしれません。私も今1枚にするか2枚にするかで悩み中です。いや、これくらいだと送料が結構痛いので、ちょっと肝っ玉ちっちゃくなっちゃってます。はい。思い切って5セットくらい買っちゃうか。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。