[0468-201412] どこまでいけるのか見てみたい。だから支援。カスタムオーダー腕時計Knotがいよいよ直営店をオープンするようで、Makuakeで永久会員を募集中。

[0468-201412] どこまでいけるのか見てみたい。だから支援。カスタムオーダー腕時計Knotがいよいよ直営店をオープンするようで、Makuakeで永久会員を募集中。

スポンサーリンク

うん、そうきましたか。Knotが来年吉祥寺にFLAGSHOPをOPENするそうで、それに合わせてMakuakeで一昨日26日よりオープン資金の調達およびフラッグショップのOne Hundred Eternal Members(100名限定永久会員)の募集を開始しています。すみません、画像は一部サイトよりお借りしました。

0468-201412_Knot_Makuake2

どこまでいけるのか見てみたい気もするカスタムオーダー腕時計Knot

今年の夏にネットでうまい形で話題になり、好評のうちに生産数5000個を完売したKnot。
私もこのブログで2回取り上げていますが、今もアクセス数が上位にあることから、注目の高さがうかがえます。

[0341-201410] Knotは時計選びに疲れた時にふと立ち止まってみたくなる時計だと思う。

[0345-201410] 国産腕時計Knotの再入荷のお知らせが来たので、どれを注文するか検討してみた | Life Style Image

とりあえず話題は作った。出だしは予想以上に好調。未だ品切れも一部続いている状態。素晴らしいです。そんな中、Loft等一部実店舗でも販売を始めました。

一般の目にさらされたとき、果たしてどこまでこれからいけるのか、見てみたいと思っていました。ネットと違い、店頭では他のシンプルなデザイン時計と並べられ、ストーリーや拘り含めた世界観を伝えられるチャンスは一瞬です。また実店舗に置けばコストも発生してくる。当初の話題で数が追いつかなくなって増産した途端に落ち着いてしまい、その後低迷する場合も多々あります。そんな状況がこれからやってくるかな、と思ったからです。

作りも含めて、実際に触れてみてよい時計だと思います。私のような一部のにわか時計マニアと違って、それ程クオーツであることに抵抗はない、それよりもシンプルで、けれどパッと見た時他と何か違う、また気軽にベルトも替えられる、そんなファッションやアイテムの一つとして楽しめる層がターゲットだと思います。

ただ、このコンセプトの中で、これからどう展開していくのか、1年目は良いけれど、2年目以降は・・?そんなところで出てきたのが、ちょうど1周年の日に、創業の地吉祥寺に直営店をオープンさせる、ということです。

さて、【One Hundred.EternalMembers】会員。

またクラウドファンディングでオープン資金を調達しつつ、支援してくれた方に永久会員になってもらう。うまいですね。私もグラグラきましたから。

カスタムオーダー時計のKnotが直営店オープン決定!永久会員を募集します! | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

実際はFLAGSHOPで全製品が永久的に10%OFFになることくらいは、恐らくこの支援をする人にとってはたいしたことではない。私もそう。それはあくまでオマケです。

何よりも心を掴むのは、例えばFLAGSHOP1号店を支援した、ということであったり、一緒に育てていっているんだ、という気持ちであったり、そうした最初の場に居合わせていないと味わえない満足感だったりします。Knot好きにはたまらないと思います。

ただ、個人的には、意外とそれ以上に単純に今回のコースが結構魅力的だな、という商品としての提案がまた良いことが大きいかなと思います。

例えば18000円コース。これ、今普通にKnot一本買おうと思っているのであれば、ちょっと特別なモデルにコードバンのベルトもついて、18000円です。こちらのほうが単純にお得で満足感も高い。コードバンもここでオールデンなどにも供給しているホーウィン社あたり持ってくればウケは良いでしょうが、コストもかかるし何よりそれじゃ純国産メーカーじゃない。新喜皮革のコードバンはその繊細な色合いが私は非常にお気に入りです。

個人的にはシンプルにホワイトかアイボリーだと思っていたのですが、このブラックIPコーティングにネイビーダイヤル、くると思います。
この黒x青の組み合わせ、実物良いんですよ、他のブランドの限定モデルで今まで散々見てきたのですが、特別モデルとして強力な組み合わせです。
アラビックを12時、6時に採用していますしね。面白いと思います。

ただ、シンプルさでいくならKnotの定番のこの2色かな。ただ、この辺りは既に持っている人が多いと思うので。1本目ならこのどちらか。1本目で黒xネイビーは駄目です。最初は定番が一番です。

更に、オープンレセプションご招待に、オープン記念の「栃木レザー製チョーカー」の引換券まで付いているんですから、良いじゃないですか。私はこれ。

ちなみに既に一本持っている人は、クロノグラフモデルも選べて、これは23000円コース。恐らく既にKnotを持っている人が多いと思いますので、こちらの方が多いかもしれません。(12月28日9時半の時点で18000円コースは5人が支援、23000円コースは18人が支援です。)

気軽に支援できる1500円から、本格的な38000円までありますが。

今のところやはり18000円、23000円が人気ですね。ちょうど手頃でありながら、同じ支援するならこれくらいは出したい、そんな絶妙なところを突いていると思います。

今回のクラウドファンディングは一昨日26日から始まったようですが、私、これだけKnot推していながら気付きませんでした。今朝のメルマガで知って、急いで当初の更新内容を変更してこれ書いてます。

とりあえず一本既に持っている人も、興味はありながらまだ買っていなかった人も、検討の価値有り、と思います。

私ですか?18000円コースの予定です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。