[1094-201512] Apple Watchをベルト交換。RIOS1931のD Buckle Louisiana Crocodile Calfを付けてみる。

[1094-201512] Apple Watchをベルト交換。RIOS1931のD Buckle Louisiana Crocodile Calfを付けてみる。

スポンサーリンク

44ミリのスマートウォッチ、ASUS ZenWatch 2(WI502Q)も愛用している私が言うのも何ですが、個人的には腕時計は普段使い40ミリまでが良いと思っています。私が単に腕が細いのもあるのですが、ベルト(バンド、ストラップ等)と組み合わせた時の全体の雰囲気も含めると、やはり40ミリくらいまでかな、と。

そうした点で、最近あまり話題に出しませんでしたがApple Watchの38ミリモデルはスマートウォッチとしては大変気に入っています。

[1078-201511] ASUS ZenWatch 2とApple Watch、その方向性の違いを比べてみる。

ただ、あまり人気が出なかった(といってもこれを単なる腕時計の一モデルと考えればかなりの売れ行きなのですが)理由として、腕時計にあまり興味のない層にとっては、価格の高さの割にバンドの選択肢の少なさやフェイスが限定されていることでの時計としての寂しさがあったのかな、と思っています。興味ない人にとって5万円以上の時計は余程の何かがなければ買いません。まして数年が寿命のスマートウォッチでは。

これを腕時計ととるか、Appleコレクションの一つととるかにもよりますが。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap

そんな中、今回そのApple Watch 38ミリのベルトを敢えて交換してみました。純正ベルトはどれもつけ心地や質感など非常に完成度は高いのですが、あまり心動かされる雰囲気はありません。そこで気軽に替えられる楽しさも込めて、他社製の交換用アダプターを付けて、好みのベルトを合わせてみました。

他社製ながら交換用のアダプターを付けることで好みのベルトが付けられる。

ベルト幅の問題(42ミリで24ミリ、38ミリで20ミリ)はありますし、NATOタイプのように裏蓋部分を覆ってしまうタイプのものを付けてしまうと、心拍数等の計測が難しくなってしまう可能性もありますが、交換用のアダプターを付けることでかなり選択肢が広がります。様々なメーカーから出ていて精度や質感の面で不安もありますので、私は今回もいつもベルト購入時にお世話になっているクロノワールドから購入しました。

これに交換することで38ミリの場合は20ミリの好みのベルトが付けられるようになります。42ミリの場合は24ミリのベルトになるので、ちょっと選択肢が減ってきてしまいますが(24ミリまで幅が出てくると種類が少なくなってくるので)

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 03

個人的な好みとしては、Apple Watchはケースの仕上げ等もかなりこだわっています。私の使っているステンレスタイプであれば、せっかくのこの質感を活かすのであればスタンダードな少し上品なベルトが似合うと思います。

とはいえ、最初から何万円もするクロコダイルやアリゲーター等を選ぶのもリスクが伴いますし、最近は型押し牛革でもそれなりに雰囲気のあるものが出ています。そこで同じクロノワールドで探してみたところ、Dバックル付きで質感も問題なさそうな雰囲気のあるベルトを見つけました。

このベルトの魅力は専用のDバックルが付きながら価格が税込み7,884円と抑えられていること。更にそのDバックルも両開きタイプで肌に触れるバックル部分の長さがそれ程長くないこと(長いとちょうど手首裏にバックルが来れば良いのですが、手首との関係で少し6時側などにずれた時にバックルのプレート部分の長さが邪魔になるためです)、更に通常のタイプより12時側が約1センチ短めに作られている、ということです。腕が細い人にはこれはありがたいです。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 02

早速取り付けてみました。ベルト穴は追加で一つ開けただけで問題なしです。

私の腕があまりに細いので参考にならないとは思いますが、同様に細いことを気にされている方でも追加で穴を一つ開ける程度で問題ありません。この程度であれば全体のバランスは崩れません。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 04

売れているのか現時点で5色のうち在庫があるのがモカ【07】とバーガンディー【11】だけなのが残念ですが、元々今回は少し落ち着いたダークブラウンを考えていましたので、ちょうどモカ【07】でぴったりでした。ステッチの色もApple Watchの秒針等のオレンジに近い色合いですし、バランスも取れているかな、と思っています。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 06

先ほど冒頭で触れた「ベルト(バンド、ストラップ等)と組み合わせた時の全体の雰囲気」にも関係するのですが、個人的に真正面から時計を見た時に、12時側のベルト、文字盤含めたケース全体、6時側のベルトの比率が約2:5:2くらいに見えるのが好きなんです。時計サイズが大きいと、どうしても手首につけた時にベルトが見える面積がかなり少なくなってしまうんですね。ZenWatch 2だとほぼケース本体のみ。勿論ベルトの厚みである程度はバランスは取れますが。これは好みの問題です。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 05

交換用のアダプターは何かの折に一セット持っておくと何かと便利です。

ベルトは消耗品だからお金なんてかけてられない、という方は別として、もしせっかく手元にApple Watchがありながら、最近そういえば使ってないな、という方がいましたら、交換用のアダプターだけでも一セット〜二セットくらい持っておくと便利です。

腕時計はベルトが変わるだけで雰囲気がかなり変わります。雰囲気が変わると、気分も変わってきますので、また新鮮な気持ちで時計を楽しむことが出来るようになります。消耗品くらいにしか考えていないのは本当に勿体無いくらいです。

1094-201512_AppleWatch LeatherStrap 01

Apple Watchはケースの仕上げなどを考えるとかなりこだわって作られているにも関わらず、時計としての使い勝手に関しては中途半端(普段は時間が表示されていないなど)な部分も色々あり、非常に勿体無いな、と思います。

また、そろそろApple Watch 2の噂もちらほら出ていますが、どの程度変わるかは分かりませんが、定番として長く使う、ということが非常にしづらい点も残念です。スマートウォッチと考えると寿命は数年でしょう。まだまだ未完成な部分も多いだけに、Apple Watchも新作がこれからも出るのであればどんどん使い勝手も改善されてくるでしょうから。

けれど、腕時計として考えた時、ちょっとした工夫で雰囲気をガラリと変えられたり、それをきっかけに腕時計って案外良いものだね、という気になれるのであれば、それは楽しいな、と思います。

[1089-201511] ASUS ZenWatch 2 WI502Q レビュー(革製ストラップ編)日、米、英、露。革のストラップの魅力を振り返る。

私もApple Watchを新鮮な気持ちでまた使えそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。