[日用品] そこかしこに漂うAI感にすっかり感情移入するほど現在お気に入りのスマートフォン、ASUS ZenFone 5(ZE620KL)について。

[日用品] そこかしこに漂うAI感にすっかり感情移入するほど現在お気に入りのスマートフォン、ASUS ZenFone 5(ZE620KL)について。

スポンサーリンク

入手して以来、思った以上に気に入ってしまったのが、今回の台北でも活躍してくれているスマートフォン、ASUSのZenFone 5(ZE620KL)です。以前から私を知っている方は私のことを「Chromebookおじさん」ではなく「スマホの人」と思っていた方もいらっしゃるかと思います。それくらいASUSのスマホを手当たり次第に入手&提供頂いては使ってきた私ですが、最近はあまりスマホに対してドキドキすることはありませんでした。

ただ、今回のこれ、特段目立った何かがあるわけでもないですし、ドキドキする何かがある、というわけでもないと思うのですが、

なんとなくしっとりと良いんですよ。ほんと、気に入ってます。

ASUS ZenFone 5

私の中で、ZenFoneって「We Love Photo」のはずが以前からあまりカメラ的には心動かない少し残念なスマホでした。

ZenFoneって最近「We Love Photo」謳ってますが、他社に比べてカメラが優れているどころか、なんとなく残念なイメージがあって、そうした点でも今回も最上位5Zが5とCPUとあと多少の幾つかが違う以外はほぼ変わらない、と聞いた時にもSD845折角載せてるのになんとなく中途半端だなぁ、と感じていました。それもあって今回久しぶりに5にしたのですが。これ、バランスとても良いじゃないですか。そして、実際久しぶりに使ってみたカメラは案外悪くない。今回の台北、ほぼこれしか使ってません。

ASUS ZenFone 5

画質云々は抜きにしても、広角で撮れる、って地味に便利で楽しいです。

で、何が良いんだろう、と考えると、程よいバランスの良さといった漠然とした例えになってしまうのですが、それでも前モデル(ZenFone 4)では4ではなく4 Selfie Proを選んだように、個人的にはセルフィーが広角で撮れてカメラ的にも頑張ってる後継の5Qを選びそうなところを(こちらは私の好きなZenFoneカラーの赤がありますし)、何故か今回は5を選んだのって、

そこかしこに漂うAI感

なのかもしれないな、とも思っています。

Smarter than smart, it’s AI

ということで、別にカメラにAIが、というのはASUSの専売特許でもなんでもなく、他でもとっくに、いや、それ以上に優れた感じでやっていることではあるのですが、ここまでAI感をそこかしこに漂わせた(上記の映像といい)のは私の中では好印象だったのだと思います。例えば、

  • 撮影者の好みの写真を導き出してくれる高度なAI機能
  • 端末の使用状況に応じて、パフォーマンスを自動的に向上させる「AIブースト」機能
  • AI充電をONにすることで過充電を防ぎ、バッテリーの劣化を防ぎます。
  • 画面を見ている間は、端末をスリープしない状態をキープできる「スマートスクリーン機能」。
  • 従来の指紋認証に加えて、インカメラでの顔認証にも対応。

これ、公式サイトの商品ページからの抜粋なのですが、なんかそこかしこにAI謳ってるじゃないですか。AIにそこまで過度な期待を寄せているわけではないつもりでも、なんとなくこのスマホ生きてる気分になってしまうんです。私、そういうのに弱い

ASUS ZenFone 5

今回、滑りやすかったり、縁の部分無意識に触れてしまって誤反応してしまうこともあるのだけれど、何だかんだで何もケース付けずに使ってる気がします。

実際、今回の台北でこのZenFone 5をメインで使ってるのは、確かに今まで日本でメインで使ってきているSamsung Galaxy Note8がまだ端末サポート期間中でSIMロック解除が出来ないから、というのもあるのですが(上記のZenFone 5が写ってる写真のみ今回Note 8で撮ってます)、実際それ程不便を感じておりません。

そりゃ何か負荷かけすぎてるのか(台北ではSIM挿して常時テザリング状態でルーター代わりにも使っているので)時々本体がほんのり熱くなって、動きがカクカクしてしまうこともあるのだけれど、それが不快ではなく、むしろ「ごめん、無理させすぎた」と思ってしまう、そんな親近感。まぁこれは単なる思い込みのようなものなんだけれど。

そんな風に好意的に考えられるのも、実際スペック自体非常にバランス良くまとまっていて、一部ネット上では相変わらず不評も目にするのだけれど、実際のところ結構売れているようですね。うん、それ、なんとなく分かる。良い端末だよ。というか、良い奴だよ。

で、すっかり気に入ってしまうと、それなら折角だからそれ程価格差が離れているわけでもないし、最上位の、SD845載せてる5Z(ZS620KL)買ってしまっても良いのではないか、と思い始めている自分も既にいまして。

ASUS ZS620KL@COMPUTEX TAIPEI 2018

今回のCOMPUTEX TAIPEI 2018で実物を見かけたZenFone 5Z(ZS620KL)。

台湾では一足先に発売されるようですが、私が日本に戻った確か翌日なんですよ、発売日。ただ、日本でも今月発売されるし、価格差もほとんどないのであれば、日本モデルが一番です。それはChromebookもスマートフォンも同じです。日本で出してくれるなら日本で買います。

と、ここまで書いておきながら正直なところここ数日ずっと悩んでいて、それが、

そうなると今頑張ってくれてる5の場所がなくなっちゃって可哀想

ということ。ほら、完全に感情移入しちゃってるでしょ、私。しかも今回、台北でかなり頑張ってくれてるから‥。不満があるどころか、そのあたりも含めて気に入ってるからなぁ。それで5Z買って、本当に気持ちが納得できるのかどうか。

ということで、明日も一日歩き廻るのでいい加減そろそろ寝ないとマズイのに、そんなZenFone 5への想いを書き綴ってしまう台北の夜でした。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。