[かぶ] お決まりの発売日2日前に発表されたASUSの新作スマホ、ZenFone Liveが気になったので最近では珍しく取り上げてみます。

[かぶ] お決まりの発売日2日前に発表されたASUSの新作スマホ、ZenFone Liveが気になったので最近では珍しく取り上げてみます。

スポンサーリンク

一応COMPUTEXの会場でも展示されていて触ることも出来たのですが、今回スマホは完全にスルーしてしまったため、実際どんなモデルなのかすら分かっていなかったモデルが、今回取り上げるASUS ZenFone Live ZB501KLです。いつもの事ながら発売される週(ASUSのモデルは大抵金曜日に発売)の発売日の2日前になって突然発表されまして、一部では話題になっております。

そういえば最近ASUSスマートフォンについてあまり触れていませんが、私自身は今ZenFone 3 Deluxeメインで使ってますし、今ARZoom Sも欲しいな、と思ってはいます。

で、実際スペック的には「スペック表だけ見れば」それほど新鮮味はないんです。モデル品番の頭が「ZB」というところからしてエントリーモデルであることは明らかではあるのですが、多分ここ最近の各メーカーの新製品発表に一喜一憂している方からすればちょっと肩すかしを食らったような印象かもしれません。にも関わらず、ここ最近スマホの話題をほとんど出さなかった(Deluxeのレビューすらしなかった)私が珍しく取り上げています。何故でしょう。

といっても大した理由なんてないのですが、ちょうど実家の母に贈るスマホとして自分の中でピタッとイメージがハマったんです。

最近になって、ずっと愛用してくれていたZenFone 2 Laserの液晶の端がヒビが入ってきてしまいまして、今回の渡米でそれが悪化。何となくこのまま使っているとその内ケガでもしそうで心配なのです。「何か新しいモデルないかなぁ」と相談されまして、ずっと何が良いかここ一ヶ月ほど考えていました。

折角ZenFoneの挙動とZenUIに慣れてきてくれているので、折角ならそのままZenFoneにしたいな、と思っていました。

折角ならあれから1年半近く経ってるし、カメラももっと楽しんで欲しいし、また渡米しなければならないときにはDSDSのほうが便利だろう、とか考えて、機能を盛って、今だと一番スタンダードで動作的にも安心感のあるZenFone 3かな、と思っていたんです。ほぼ決めてました。何より私自身が散々使ってきたスマホでもあるので安心です。

でも今日になって悩んじゃいました。このLive見て。

画像はASUS JAPANの製品ページからお借りしました。
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Live-ZB501KL/

先ほども書きましたが、「スペック表だけ見れば」それほど新鮮味はないんです。今、母が使っている2年前に発売された2 Laserと大して変わりません。カメラ性能も改善はされているでしょうが、母が美人エフェクトでもっと魅力的な自撮りをしてくれるかどうかも不明です。でもね、何となく母を想った時、このモデル良さそうだなぁ、と感じたんですね。何故なら、

これ、小さいしカワイイし、気合い入ってないし、何となくこれ使ってる母の笑顔が浮かんできた

からなんです。そこは性能云々ではないんですね。実際母も使い勝手としては今も2 Laserで何ら不満は感じていないようで「重い」とか「使いにくい」とか言ったこともありません。時々母は今でも仲良しの父(中学時代の同級生)と日帰り旅行をしては、写真をハングアウトなどで送ってくれます。スマホで二人で笑顔で写った写真を送ってくれるんですね。それが東京にいる息子としては何よりも嬉しいんです。

画像はASUS JAPANの製品ページからお借りしました。
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Live-ZB501KL/

であれば、今回のスマホも、何かSnapdragonの○○だから、とかカメラが△△だから、とかそういうのじゃなくて、女性である母が気軽に持ち歩けて、ちょっと写真を撮ったら綺麗に自撮りも出来て、まさにこのスマホのテーマのように「シェアしたくなる」ような写真を楽しんで欲しいな、と思いました。何か楽しそうじゃないですか。

画像はASUS JAPANの製品ページからお借りしました。
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Live-ZB501KL/

最近のZenFoneはカラーにローズピンクなども増えてきたので、フォルムも合わせてカワイイんです。

母はスマホでゲームなんて全くしませんし、実際に追加で入れているアプリなんて本当に10あるかないか、くらいです。であれば、ベンチマークの数値がどう、とか、デレステが厳しいかどうか、とかそういうのは全く関係なくて、普通に従来のガラケーの代わりとして、ちょっと+αで楽しめることが増えれば良い。実際母はあっという間にLaserも慣れてくれましたし、それからもしっかり使ってくれています。

あとは最近のZenFoneでは非常に珍しい5インチというのも好印象です。何となく自分用に持っていても良いくらいです。価格も2万円強ですし、比較的購入にハードルが低いのもありがたいところ。

ということで、あとは何処で購入するか、なのですが、新製品の場合にはほぼどの店舗も価格が変わらないので、であれば特典(今回は純正のミニ三脚 ZenTripod)も付くASUS公式オンラインショップでもあるASUS ZenFone Shopが意外と良かったりします。

ZenFone Live – ASUS Shop

ただ、ちょっと今楽天のポイントがそれなりにあるので、楽天で買おうかと悩んでもいます。

ただ、ちょうど同じ日(14日)に先日から気になっている同じASUSのVivoBook E203NAのペタルピンク(4GB/64GB版)が発売なんですよね・・ちょっとタイミング悪すぎ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。