[かぶ] iPhone6 Plusが月々割もあるから安く買えるよ。でも込み込みで2年で25万超え。ってやけに高いスマホだな。

[かぶ] iPhone6 Plusが月々割もあるから安く買えるよ。でも込み込みで2年で25万超え。ってやけに高いスマホだな。

スポンサーリンク

ふと冷静に考えちゃいました。そして少し空しくなりました。これは少し真剣に見直さないといけないなぁ、というあまりに勿体なく切ない話です。

ここ最近の流れで、ふと何が削れるか見直してみた。

ちょうど1月分の金額が確定していたので、要らないオプション等もあるだろうなぁ、と思いつつ自分のページを覗いてみたんです。

0612-201502_Softbank

ちょっと全ての金額を載せると少し恥ずかしいので消しています。月1万円超えです。この内訳見ただけでオプション何付けててどういうプランにしてるか分かっちゃいそうですね。

正直、要るのかこれだけ。

私、元々モバイルだなんだと好きな人間でしたので、不定期とはいえ時々見直していたつもりではいたんです。

けれど、ちょっとこれからは言えなくなりました、そんなこと。

こんな状態がここ最近ずっと続いていたんですね。

例えば通話料。下の方にホワイトおトク額(概算)と出ていますが、この金額からおわかりのように、ほとんど通話していません。

0612-201502_Softbank02

ちなみにここ数ヶ月で050 Plus除いてかけたのは留守電確認した程度です。留守電も面倒で切っちゃいました。先月。

にも関わらず、オプションに24h通話定額(\477-)とナンバーブロック(\100-)付けてたんですよ。この間かかってきた電話は家族以外ではダスキンくらいしか覚えていません。

確か一回、クロネコヤマトの不在伝票が入っているのに気がついて、それが数分前だったので考えずにそのまま携帯でかけたことが一回あったので、それで料金が発生しているくらいです。

通話定額は出た時に、「あると何かあった時に便利だと思って」つけたんだと思います。何もありませんでした

0612-201502_Softbank03

パケット定額料はこの金額でおわかりのように「パケットし放題フラット for 4G LTE」です。ちなみにだいぶ頑張って外で無駄に使った気がしますが、それで一番下にあるように1.88GBです。

で、テザリングオプション(\500-)付けてるんですよ。考えてみたら先月一度もテザリングしませんでした。まぁ今月からはChromebookがあるので、する回数は増えそうですが、既にモバイルルーター+SIM買っちゃったんで、iPhoneではテザリングしません。OCNモバイルOneで月2GBのプラン。税込み\1,188-です。

[0610-201502] Aterm MR03LNが届いたので、ひとまずOCNモバイルOneの月2GBコースで始めてみました。

ほとんどiPhone6 Plusを持ちたいがためだけに毎月分割払いしてるだけのような感じですね。月々割が\1,940-あるとはいえ、トータルで考えると2年間これ続けたら25万超えです。やけに高いスマホだな。

本当に6 Plusが持ちたいのなら。

SIMロックフリーを頑張って買った方が結局明らかに安上がりだったんですね。分かっていたつもりだったのですが、つい目先の誘惑にやられまして。まぁSoftBankは家族みんな使っているので。。あまり言い訳にならないですね。

明らかな数字に弱い面を見せてしまいましたが、こういう人って結構いると思うんですよ。

というのが、今回たったこれだけ調べるのでさえ、結構面倒でしたから。

ご存じのように、サイトと料金設定と組み合わせ、素人には分からないように出来てるんですね。複雑に絡み合って。まずその時点で考えたくなくなっちゃう。面倒になって。思うつぼです。

この「パケットし放題フラット」を他に切り替えられるのかどうかすら、今日サイトしばらく右往左往しましたから。もう如何にして見つけないようにするか、といった感じです。

で、もし切り替えた場合に「月々割」が幾ら減るのか。これフラットやめると\440-割引額が減るようなんですが、それ分かるまでにかなりかかりました。

また色々なオプションとキャンペーン組み合わせてますよね。自分がどれに当たるのか、分かってない場合も多い。下手に変えると大損するような漠然とした不安がある。

iPhone6 Plusは素晴らしい端末です。

私も非常に気に入っています。本当に素晴らしい。これを使えるんだから、ありがたいことです。

けれど、一見おトクに手に入れられたように見えて、自分のライフスタイルを考えると明らかに間違った買い物してます。

リボと同じようなもんです。まともな金銭感覚がないのを晒しているような感じです。

ちなみに、筆者は、現在、獨協大学で学部生向けに「金融資産運用論」と題する講義を持っているが、この中で必ず、「恋人と一緒に買い物に行った時に、相手がカードで支払って、リボルビング払いを使っていたら、この人とは結婚してはいけません。まともな金銭感覚のない人と暮らすと、苦労します」と教えている。

絶対的な自信のある人はともかく、「何となく」な人は一度見直してみて。

自分は大丈夫だと思う。いや自分は結構しっかりと使っているから、今の料金体系に助けられてる。うまく利用しているよ。

そんなことを自信を持って言える人ってどれくらいいるでしょうか。

私、自分はそれほどでもないと思っていました。けれど、軽く見直してみただけでこれです。今日早速第一弾として2つオプション外しました。

バッサリと切り替えてしまった方が痛みが少ない場合もあるとは思うのですが、たったこれだけでも気がつけばもうこんな時間です。

なかなか数字の細部まで見ることってないかもしれませんが、年単位で考えてみるとかなり大きな差が出てきますので。一度試してみてください。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。