[かぶ] iPhone6 Plusの画面に対応したアプリに徐々に移行中です。

[かぶ] iPhone6 Plusの画面に対応したアプリに徐々に移行中です。

スポンサーリンク

一画面に表示出来る情報量が多いというのは正義ですね。
ただそれだけの理由で、今まで愛用していたアプリから乗り換えてしまうのですから。

[かぶ] iPhone6 Plus到着から一週間。私の愛用アプリのPlus画面適正化対応状況。

ここiPhone6 Plusに替えて2ヶ月以上が過ぎ、結局少しずつPlusの画面に対応したアプリに移行し始めています。

Google AnalyticsはAnalyticsPMに。

0383-201412_iPhone6plus_AnalyticsPM

Google Analyticsはこうしたブログを公開している者としては一日の中で何度も確認するサービスです。
もちろんiPhoneのように常に持ち歩き、手にしているもので使えるのが一番。

本当はAndroidのほうがGoogle純正アプリに関しては強いのですが、iPhoneでもそれなりに使えるアプリは出ています。

幾つか使う中で、ここ最近はAnalyticsTilesをメインで使っていました。このアプリ自体使い勝手に関しては特に不都合はなかったのですが、拡大表示されているので、Plusの情報量を活かせないのが勿体無いなぁ、と。

アプリを変えた直後はどうしても使い勝手に戸惑うものですが、戸惑い以上にPlusの場合は情報量の多さが勝りました。

アプリ内課金をすれば、表示項目のカスタマイズや、複数アカウントに対応されるので、そろそろ課金しても良いかなぁ、と思い始めています。

Feedlyに関しては、ReederからFeeddlerRSSへ。

0383-201412_iPhone6plus_FeeddlerRSS

こちらに関しては、まだほぼ併用中です。
Reeder、使い慣れているのもあるのですが、サクサク動くのが楽なんです。Instapaperなどとの連携もスムーズですし。

唯一欲を言えば、サイトに移動した時に拡大表示されてしまうこと。この一点だけ除けば今まで通りReederのほうが使いやすいです。

FeeddlerRSSは未だ私が慣れていないことが大きいとは思うのですが、若干動作が重くなることがあるのと、各記事の表示がいまいち。

「RSS要約」と「全テキスト」と「Webの全記事」の3つから選べるのですが、どれも帯に短したすきに長しの感が。

RSS要約だと、要約されているので冒頭程度しか見られないことが多々。
全テキストが一番良いかなぁ、と思ったのですが、これも時折無駄なものが表示されてしまったり。
Webの全記事を毎回表示されると、表示までに時間が若干かかるので、サクサクとチェックが出来ません。

3つもあるんですが、Reederの1パターンの表示のほうが余程軽くすっきりしているというのが寂しいところ。

あとは無料だと常に下部に広告が表示されてしまうので、操作がしづらい(ちょうど広告が邪魔)なのも。

本当はReederが最適化してくれるのが一番なんですけどね。

2014年12月7日 2:00 更新

今気付いたのですが、ReederはReeder 2にメジャーアップデートしているんですよね。

Reeder 2

500円
(2014.12.07時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

何故気付かなかったんだろう?いや、当時は気付いていたのだけれど、有料だったのでそのままでいいや、って考えちゃったのかな。

ということで、こちらはちょっと改めてReeder 2に移行しようかと思っています。

Twitterはようやく見つけた6 Plus対応アプリ。

0383-201412_iPhone6plus_Tweetlogix

Tweetlogix for Twitter

posted with ポチレバ

Twitterを一日の中でよく使うようになったのは、本当にここ半月ほどのことなのです。
それも6 Plusに対応したアプリを使えるようになったことが大きいです。

今まではTweet ATOKをずっと使っていたのですが、これも最近は放置されっぱなし。

仕方ないので通知もされる純正のTwitterアプリを使っていた時期もあるのですが、何となく無駄に文字が大きく情報量が少ない。

そんな中、6 Plusに対応したアプリがないかなぁ、と探していて見つかったのがこちら。

時々極端に重くなってしまって、他のアプリの動作にも影響が出てしまうことがあるのですが、それを除けば何も言うこと無しです。

今の私の用途には必要にして充分。良いアプリだと思います。これのおかげで常にTwitterを使う気になるのですから。

6 Plusを使っている人は、それだけで乗り換える価値があると思います。

この情報量の多さが6 Plusの大きな魅力。勿論カメラの質が上がったり、と他にもかなり良くなっているのですが、であっても情報量の多さという価値は変わらないと思います。

そして、それだけで今までの常用アプリから乗り換えるだけの価値と嬉しさがあるのも確かです。

そう考えると、アプリの開発者さんも、サポート考えれば、またユーザー数を考えれば手間や面倒が増えるだけ、というのもあるとは思うのですが、充分に対応させる価値はあると思います。

私の手元の愛用アプリもほぼ6 Plusの画面に対応しているものに変わってきています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。