[かぶ] あまり話題にならないけれど、iPhone 6 Plusに機種変する前に一応知っておきたい画面表示の話。

[かぶ] あまり話題にならないけれど、iPhone 6 Plusに機種変する前に一応知っておきたい画面表示の話。

スポンサーリンク

昨日iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売され、既に手に入れられた方も多いかと思います。
私は相変わらず本契約メール待ちで、まぁしばらくはこのまま放置状態でしょう。Softbankのサイトにも今の時点でも予約状況(お渡しまでの期間等)については全くアップされていませんし、これなら住んでいる場所によっては一旦キャンセルして量販店なり携帯ショップの思わぬ在庫余りを狙っても良いのかもしれません。

iPhone6発売当日。SoftBankは事前予約者の多くに本契約メールが未だ届いていないのに、店頭は予約絶賛受付中。

わが家は夫婦揃って色違いでiPhone 6 Plusの予定ですが、今までiPhone 3GSの頃から毎回購入し、iPadも使っていながら大切なことを忘れていたので、書いておきたいと思います。

2014年10月5日 2:00 追記

9月27日に私のiPhone6 Plus 128GB シルバーが到着しました。同じ日に予約した妻の128GB スペースグレイは未だ本予約申込に至っていません。相当在庫状況が厳しいようですね。画面が適正化された対応アプリについて私の愛用しているものの状況を挙げてみました。

iPhone6 Plus到着から一週間。私の愛用アプリのPlus画面適正化対応状況。

発売直後はアプリが対応していないので・・

既に有名どころのアプリはiOS 8に対応し始めています。私も手持ちのiPhone 5をついOS8にアップして色々と苦しんでいますが、対応と言うことですっかり忘れていました。というよりも、手元にまだiPhone 6 Plusがないので気付きようもないのですが。

OSに対応しても、iPhone 6 Plusの解像度に最適化されているとは限らない。

これ、既に昨日SIMフリー版を購入されているMore Access! More Fun!の永江さんのブログとFacebookをいつも通り眺めていて気付いたのですが、

今のiPhone6 Plusは単なるらくらくホンでファブレットではなかった | More Access! More Fun!

詳細はまだ手元になく、色々弄れていない私よりも永江さんのサイトをご覧頂いたほうが早いのですが、簡単に書くと、

あくまで画面のイメージです。

ただ単に今手元にあるiPhoneに表示されているものが拡大されるだけ、ということです。今まで20インチだったテレビを30インチに買い換えたら前よりテレビに映っている人や文字や風景が大きくなったよ~、みたいな感じですね。

(画像はもの凄くやっつけ仕事で申し訳ないのですが、だいたいのイメージで考えて下さい。ちなみにNEWS PICKS辺りであればすぐに対応はしてくるとは思います。)

端末が大きくなることの利点の一つは、画面に表示される情報量を多く出来るということ。テレビと違って画面を大きくして(実際は画面が大きくなることで、より広い解像度も許容できるようになるので、たくさんのウィンドウや文字を表示出来るようになる)解像度も上げられれば、一画面に入ってくる情報量を多く出来るのです。

アプリがiPhone 6 Plusの解像度に最適化されれば問題なくなるのですが。

標準のアプリや有名どころはすぐ対応してくると思うので問題ないとは思うのですが、その辺りは常にアプリの更新をチェックしていて、自分でもある程度把握出来ている人の話。更新なんて面倒で(よく分からないから)放置状態にしている私の妻や、今回大々的に宣伝してますし、ニュースでも煽っているので普通のdocomoやSoftBank、au辺りで大きい方が良いですよ~って言われてプランまで言われた通りに変更した上で機種変しちゃった人の場合、「何か文字が大きくなって見やすくなったね~」くらいで終われば良いですが、それだと単に大きく重くなった分、使うのが面倒になっちゃうのではないかと。実際Androidであれば画面は最適化されているわけで、Android端末からPlusに乗り換えた人だと「?」って感じになっちゃう気がします。

iPadを購入した時も、iPhoneにしか対応していないアプリを起動したときに、画面の真ん中にちっちゃくアプリが起動するか、画面いっぱいに拡大させたために何となく文字がぼやけて見えて格好悪いのと使いにくかった思い出があるかと思います。iPadの場合にはiPad版を別途開発したり、iPhoneとiPad両方に対応させたアプリを出したりしていました。また、毎回iPhoneのバージョンが変わる度に微妙に解像度が変わって大きくなってきてはいたのですが、その時にはごく小さなものだったので拡大させて表示を少し補正すればほとんど気付かないレベルだったりしたのですが、今回はPlus、かなり大きくなったので、心配と言えば心配です。

それにしてもネットでも・・

発売前から主要どころの情報サイトでは発売前レビューをしていましたし、昨日から今日にかけても多くの有名サイトが早速使用レビュー第一弾をバンバンあげていますが、この辺りのことを書いているところがほとんど見つからないのは、たいした問題じゃないからなのでしょうか。だいたい感想としてあげられているのが「大きいので小さい文字も文章も見やすく読みやすい」「画面が綺麗なので文字も読みやすい」と言ったことくらいなのですが。

今さらった見た限りでは、私が見つけられたのはこちらで少し取り上げられているくらいでした。

ボケているというか拡大してアンチエイリアス処理をしているといった感じでしょうか。iPhone 6ではそこまで違いが分からないのですが、さすがにiPhone 6 Plusは2倍近くの解像度があるので、さすがに分かるレベルなのではないでしょうか。(実機を持っていないので分からないのですが…)

普通に使っている分には全く気にならないですし気づくこともないでしょうし、これからはiPhone 6/6 Plusにネイティブに対応したアプリが標準になるので違和感を感じることはほとんどなくなると思います。

実際ブログでわざわざレビューする方だとその程度のことであればたいした問題ではないし、時が解決してくれること、何より発売日に買う時点で人柱的な気分もあるでしょうからどーでも良いことだとは思うのです。
でも日本では月々の利用料を高くしてその分端末代を安くして分割支払いにさせることで老いも若きもマニアも初心者も気軽にiPhoneの最新機種が手に入れられるようになっている特殊な国。だいたい携帯といえば0円が普通のお国柄です。各社もタダで機種変、という形で告知していますし。そんなこんなで他の国と違って一部のマニアだけの物ではないiPhone。その内AppStoreでも対応に遅れたアプリに散々な評価が付きそうな気がします。(何せ海外のアプリを使って「日本語じゃないので☆1つ」とか書かれてしまうくらいですから。)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。