[0879-201507] 銀座ヨシノヤのセールが凄いことになっていて、とっても複雑な気持ちです。はい。

[0879-201507] 銀座ヨシノヤのセールが凄いことになっていて、とっても複雑な気持ちです。はい。

スポンサーリンク

7月1日から開催中の銀座ヨシノヤのセール。100周年の時のフルハンドのモデルが8万円だったりと、ちょっと今回かなり色々放出してしまって、早くお店に見に行きたいのですが、それだけではなかったようです。通常の九分仕立てのモデルもアッサリとセールになっていて、しかも安くなっているとなると、個人的には嬉しいようなちょっと切ないような複雑な心境です。

銀座ヨシノヤ銀座本店ブログ

0879-201507_Yoshinoya Sale 01

セールは諸刃の剣です。

例えば今回セール対象になっている「セミブローグ O 666」。
これ、確か以前ヨシノヤ訪問の際に非常に気になっている一足として取り上げた靴だと思います。

[0733-201504] 編み紐を買うため銀座ヨシノヤ再訪。紳士靴の気になるモデルと情報を挙げてみる。

0734-201504_Ginza Yoshinoya 04

九分仕立て。パターンオーダー会でも注文可能なアデレードタイプのセミブローグ。ただ、革がその時によって使えるものが違うように、私はこの店頭のこのセミブローグに使われている何とも美しいブラウンの革が一番雰囲気がありました。

ウィズは2E。綺麗なデザインです。全体的に靴自体の形がキレイに出ていて、そこに革自体の表情が味付けをしてくれています。最近はストレートチップしか手元に置いていない私も欲しくなりました。

これもやはり「編み紐」合いますよね?相性良いと思います。

これ、他のセール対象の同じ九分仕立てのモデル(45,000円‥)に比べれば抑えているとはいえそれでも62,000円です。嬉しさよりも先に切なさがあります。すごく良いモデルなんですよ。

0734-201504_Ginza Yoshinoya 03

今、靴を買うのなら、充分に候補に入れていい、というよりも、今回も九分のスタンダードなモデルはいっそ複数足買いしてしまえば、それで当分はもう何も要らないのではないか、といった品揃えです。

でも結局靴好きはどんなに「これが手に入れば締め」と言っても思っても、結局アッサリ言ったこと忘れてしまう悲しい生き物なんですが。

銀座ヨシノヤって結構ポーンと出しちゃうんですよ。少し前の素晴らしい靴も。アッサリと。

思い出してみると、過去のセールも突然ポーンとアッサリと、あれ、それ出てた時からずっと欲しかった、というモデル(ただし価格が大抵10万前後になるので、若い頃の20万30万の靴をポンポン買えてた頃の勢いがなければなかなか買えない)がセールに出て、買われていくことが多いのです。

そのうちの幾つかは私と同じような、銀座ヨシノヤが好きで、銀座ヨシノヤの靴の素晴らしさも分かった上で、少しの寂しさとそれ以上の嬉しさを込めて買っていかれるのですが、そうでなくてたまたま安いから買っちゃった、程度の場合もあると思うんですね。

結局大切に履いてもらえれば問題はないのですが。

セールで値段だけが理由で買った靴って、結構その後の扱われ方が雑になってしまうことが多いんです。価格だけ見て「得したね」と思うだけで、アッサリと履き潰されちゃうことも。そうした靴を色々見てきました。

セールによって買いやすくなる、ずっと欲しかった靴が手に届く反面、セールで価格が変わった瞬間、その靴はそのセール価格の靴に変わってしまうんです。それが少しやるせないのです。

などと偉そうに書きましたが、でもやっぱり今回もセール良い靴揃ってるから、早めに行ってみて。

0734-201504_Ginza Yoshinoya 02

私も今週〜来週くらいまでには一度訪れたいと思っています。でも行くと切なくなりそうだな。特に自分のサイズがあると。

未だに銀座ヨシノヤの靴に関しては冷静に見られない自分に気づく瞬間でもありました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。