[かぶ] スマートウォッチはお節介なくらいがちょうど良い。ASUS ZenWatch 2(WI502Q)

[かぶ] スマートウォッチはお節介なくらいがちょうど良い。ASUS ZenWatch 2(WI502Q)

スポンサーリンク

ASUSから先月発売されたスマートウォッチ、ZenWatch 2をここ最近は毎日腕にしています。質感や雰囲気はApple Watchに比べれば確かに磨き上げなど甘い部分もありますが、普通のスマートウォッチと考えるなら良好です。また大きさは小さい方(WI502Q)でも44ミリとそれでも40ミリ超えなのは少々残念ですが、これも慣れの問題とも言えます。

ただ、Apple Watchの38ミリと画面の表示サイズ自体はほとんど変わらないので、フレーム部分の面積が広く、その中にある26ミリ四方の液晶部分をどう捉えるかはかなり好みが影響しそうです。楕円形、丸みを帯びた本体の真ん中に正方形の液晶部分、その周囲は黒のフレーム。ここにどんなフェイスを選ぶかによって表情も雰囲気もかなり変わってきます。私は黒を背景にしたシンプルなフェイスのほうが似合うと思っています。

[1076-201511] ASUS ZenWatch 2 WI502Q レビュー(フェイス編)Watchであれば大切な「顔」の話。

Asus_ZenWatch2_Wi502q 02

元から付いているストラップはグローバルサイズのためか、長め。特に12時側がそれなりに長いので、腕の細い人がそのまま穴を開けてつけてみると、尾錠部分がかなり6時側、手首の横になってしまいます。これは悩み。寸短のものなり、12時側が比較的短めのストラップを選ぶのが良いと思います。

[1089-201511] ASUS ZenWatch 2 WI502Q レビュー(革製ストラップ編)日、米、英、露。革のストラップの魅力を振り返る。

と、この辺りは既にLife Style Imageでも散々書いてきたので、今日は使い勝手について。

この1ヶ月、Apple WatchとZenWatch 2を両腕に着けて生活していました。iPhoneとZenFoneの2台持ちです。ストラップを替えてみたり、時々左右を変えてみたりした中で気づいたのは、ZenWatch 2、案外良いじゃん、ということ。

Asus_ZenWatch2_Wi502q 01

もし今私がiPhoneを特に使っていない(現在家族との連絡及びワンタイムパスワードアプリのためのみに使っている)のであれば、通知その他を考えるとZenWatchで充分過ぎるほどです。

普段からGoogleのサービスに依存し気味の方であれば、使い勝手はかなり良好です。私であれば、メインのPCがChromeboxとChromebook、さらにスマホがZenFoneとなると、ZenWatchを腕にしているだけで、それぞれを使うときにロック画面から解除するときにPINコードなりパスワード入力が要らなくなります(SmartLockの連携で)

また、通知が届いた時にもApple Watchよりも分かりやすい。Apple Watchもバイブ通知にはしているのですが、バイブレーションされていない訳ではないのですが、どうも控えめなんです。時々思い立ってApple Watchを覗いてみたら画面上に赤の点(通知あり)が表示されていた、ということが多々あります。良く言えば上品なんでしょうが。

[1078-201511] ASUS ZenWatch 2とApple Watch、その方向性の違いを比べてみる。

それに比べるとZenWatch 2はとにかく通知が来る来る。勿論何を通知させるか選ぶことも出来ますが、一日に何度も天気や自宅までの距離、時間、更にハングアウトでメッセージが届けば震えますし、時報毎に震えさせる事もできます。

正直、ちょっとお節介で主張も強いくらい。それが鬱陶しい時もあるでしょうが、スマートウォッチである以上、機能性を求めるのであればこれくらいはっきりしていたほうが便利です。

時にお節介なほどの通知の量に、時には苦笑しながらも、それでも何となくZenWatch 2ばかり触ってしまったり、いじってしまうのは、そのカスタマイズ性の高さと、このAndroid Wearの持つ性質が私に合っているのかもしれません。

ASUS ZenWatch 2 (WI502Q) | ZenWatch | ASUS 日本

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。