[かぶ] 【PR】PrimAcc Apple Watch 収納ケースレビュー。出先での不測の事態から時計本体を守ってくれる、価格も手頃な良ケース。

[かぶ] 【PR】PrimAcc Apple Watch 収納ケースレビュー。出先での不測の事態から時計本体を守ってくれる、価格も手頃な良ケース。

スポンサーリンク

実はApple Watch(Series 2)を購入しております。

振り返ってみると、初代Apple Watch、ASUS ZenWatch 2(Android Wear)、Pebble Time(Pebble)、ASUS Vivo Watch(HiVivo)と、結局一通り手を出してきております。Apple Watch 2についての感想は今回は細かくは書きませんが、ようやく2になって「それなりに使える」ようにはなったかな、という印象です。ここ1週間ほどはほぼApple Watchを使っています。

初代の時の悩みの一つがバッテリーの持ち。普通に使って朝から晩まで保たない時がある、ってそれスマートウォッチだ何だ言う以前に時計としてダメでしょ、と思っておりました。仕方がないので、朝充電が終わったら充電ケーブルをそのまま持ち歩き用のケーブル等が入ったポーチに一緒に入れておりました。

Series 2では基本的にそうした心配はなくなりましたが、例えば朝出かける際に充電し忘れ(もしくは充電されていなかった)ことに気がついた時にはやはり困りそうです。あとは出張や小旅行ですね。宿泊など長時間の使用が想定される時にはなるべく充電ケースも持ち歩きたいところです。

そんな時に最適な収納ケースを今回、PrimAcc社より提供いただきましたので、レビューしたいと思います。

PrimAcc Apple Watch 収納ケース アップルウォッチ用 充電ケーブル収納 38mm*42mm ブラック

今回提供いただいた商品はこちら。

革製品好きとしては、初代の頃からこうしたトラベルケースはレザータイプのちょっと雰囲気あるものなどチェックはしていたのですが、実際日本で販売されているものがほとんど無く、結局買えずじまいでおりました。

そうした中で、価格が手頃(セール価格で1,000円以下)で気軽に使えそうなこの収納ケースは一つは手元に持っておくと便利かな、と見つけた時からチェックしておりました。今回提供いただいて感謝しております。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-01

注意:充電ケーブルは付属しておりません。あくまでケースのみです。

念のため。ということで、結局もし充電ケーブル1本でやり繰りする場合には、自宅に既にお気に入りのApple Watch用スタンド等があって使用中であれば、別途ケーブルを購入しておいても良いかもしれません。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-03

見てすぐ分かるように、窪みに沿って充電ケーブルをはめ込み、

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-05

中央部分に余ったケーブルをぐるぐると巻きつけて、

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-04

持ち運ぶ際には、USB端子側は反対のこちらの窪みにはめ込みます。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-07

こんな具合ですね。もう、それ以外説明のしようがないくらいシンプルです。

時計のベルト部分を巻きつけると、ちょうどケーブルが広がるのを抑えてくれる。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-09

充電端子部分の窪みはしっかりハマるので、充電時に外れてしまうようなことはありません。上の写真が充電中の状態です。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-10

自宅では特に必要はありませんが、携帯時にはベルトは裏側で巻きつけて留めておいたほうが嵩張らず安定するだけでなく

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-11

中央部分、余ったケーブルをぐるぐると巻きつけている部分をベルトで覆う形になるので、地味に安心感があります。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-02

また、Apple Watchの液晶面は上からウレタンゴムのカバーで覆って固定することが出来ますので、充電中にズレないように留めておくのも良いですし、外して持ち歩く、といった際には本体が傷つくことを防いでくれます。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-10

ただ、ベルト部分はむき出しなので、ある程度摩耗はしていくものとはいえ、ベルトに傷がつくのが心配な方には若干気になるところかもしれません。

充電も出来る「携帯収納ウォッチケース」として手元に一つあると便利です。

pr-primacc-apple-watch-charging-wallet-01

実際のところ、時計自体は普段は手首にしているわけで、これに収納して持ち歩く、という状況がイメージ出来ない方もいるかもしれません。腕時計好きであれば、日によって場所によって、状況によって、オンオフに合わせて時計を着替える、ということも共感して頂けるかと思いますが、一般的にはあまりないかな、とも思います。

とはいえ、例えば出先で時計を外さなければならない状況(仕事上、もしくはプールや入浴時など)にそのまま直置きするのも何かと気になる場合もあると思います。そんな時に、このケースに巻きつけて、液晶面だけでもカバーで覆っておくだけでも、不意に落としたり何かがぶつかったり、といった状況から時計を守ることが出来ます。

価格自体が手頃ですし、何より手のひらサイズで軽い。カバンのポケットに無造作に普段は放り込んでおくだけでも意外なときに役立ちそうです。

また、一応Apple Watch用ではありますが、特殊な構造をしているわけではないので、一般の大切な腕時計を外した時に傷などがつかないようにこれに巻きつけておく、というのも良いかと思います。

不測の自体から時計を守る、という意味でも、手元に一つ持っておくと便利な収納ケースだと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。