[0397-201412] 明日から天気はスッキリしないようですが、私の衣類の手洗いのやり方をご紹介。

[0397-201412] 明日から天気はスッキリしないようですが、私の衣類の手洗いのやり方をご紹介。

スポンサーリンク

私はシャツと下着に関しては基本的に手洗いです。手洗いのメリットに関しては、以前こちらで書きました。
[0337-201410] 日々の生活の中に衣類の手洗いを取り入れる。
一番分かりやすいメリットはこの中でも「1.シャツが皺になりにくい。傷みにくい。」かなぁ、と思います。
前回はやり方に関して触れていなかったので、今回は私なりのやり方をご紹介します。

用意するモノはたらいと以下の3つです。

slooProImg_20140920171450.jpg
たらいでも洗面器で何でも大丈夫です。衣類が手洗いしやすい大きさのものであれば。

着たその日の内に洗えれば良いのですが。

毎日やるのが面倒だったり、水が勿体ない、という話もありますので、数日毎に1回で良いかな、と思います。
あまり間が空いてしまうと習慣化しないので、その内面倒になっちゃうと思います。
ご自身のシャツの枚数とローテーションに合わせてスケジューリングしましょう。
ひとまず当日洗えないのであれば、ひとまず簡単に作っておいたアルカリウォッシュを水で薄めたものを、襟元、袖の汚れているところに吹き付けておきます。汚れの定着を抑えたいので。


プレケアみたいなものも有効なので、かなり目立つ場合には頼ってしまいます。成分が、と気になる方は、それぞれにこだわりのあるものを使うと良いでしょう。

私も結構こだわってしまいます。こういうの、探すの楽しいですよね。

たらいに洗剤を薄めて、簡単に畳んだ状態で衣類を入れます。

シャツはボタンを留めて裏返しにして簡単に畳んでおきます。
洗剤は私は今はこちら。


結構気に入っているのですが、妻としては「もう少し上品なおじさまの匂い」だそうで、まだ私には早い、と言われました。
とりあえず残っても勿体ないので、全部使い切ったら次を考えようと思います。
容量に関してはそれぞれの洗剤の後ろの説明の通りで。私、結構適当です。適当が長続きする一番のコツだと思います。

手で押し洗い。水替えは3回くらい。

手で優しく押し洗いします。シャワーが使えるなら、水を替えるときには使うと結構洗剤を飛ばせるかな、と思います。
ただ、泡もその分立つので、洗剤が残っているのか単に泡立っているだけなのか分からなくなるときもあります。
だいぶ洗剤が残る場合は、回数は調整してください。
最後の1~2回の時に、気分によって、クエン酸を少々混ぜます。少し時間を置いておきます。

ネットに入れて洗濯機で脱水。

脱水だけは文明の利器を活用させてもらっています。洗濯機、便利。ネットに一枚ずつ入れて、脱水。これも適当ですが、1分程度私は回してしまいます。
2014-10-07 15.26.36
あとは形を整えて干してしまいましょう。干すときには予め皺になりそうな部分を手で伸ばしておくと更に皺が少なくなってアイロンがけが楽です。
私は洗いざらしで着てしまうことが多いのですが、それでもそれ程皺になっていないのは、手洗いの効果も大きいと思います。

最近は。

朝風呂の際に一緒に手洗いしてしまうことも多いです。自分が濡れても良いときに洗ってしまうと楽ですね。風呂上がりに朝の日射しを浴びながら干すのも気持ちが良いですし。
[0346-201411] 気がついたら夜で、明日から本気出すことが多い人には朝風呂がオススメです。
洗剤にこだわっていて、香りを楽しみたい、癒されたい人は夜、帰宅後に洗うのを一つの楽しみにしても良いですね。
洗濯機も脱水だけですので、ご近所にもそれ程ご迷惑はかからないと思います。
靴のお手入れの際にくどいくらいに書いていますが、結局は、

何か特別なことを趣味の領域として拘ることではなくて、ちょっとした小さな気づきと心がけです。

やり方自体は色々あると思いますので、こんな適当なやり方もあるんだなぁ、と思いながら、自分なりの方法を見つけて欲しいなと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。