[かぶ] 今年の春に預けた500冊近い本と漫画のことをすっかり忘れておりました。東京書庫様、来年もよろしくお願いします。

[かぶ] 今年の春に預けた500冊近い本と漫画のことをすっかり忘れておりました。東京書庫様、来年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

私たち夫婦の悩みの一つ。それが普段は読まないけれど捨てられない本の山。ただ、私の場合はまだ学生時代から何度か引っ越しを繰り返してきたので、その都度勢いで捨ててきたのですが(時々後悔)、妻の場合は結婚するまでずっと実家だったため、結婚して一緒に暮らしてからも大量の書籍と漫画が我が家には積み上がっていました。

積み上がった本の困るのは、手に取らずにいる内に埃が溜まってくること。埃が溜まってくると、何となく触れる気がしなくなって、ますます手付かずで埃が溜まっていきます。これは本にとっても決して良い環境ではありません。

[0445-201412] 書類や資料をスキャンして廃棄することは、執着を捨てる一歩なのかな、と感じた週末。

また、私たち夫婦の部屋も決して広いわけではなく、その中に占めている本の面積を考えると、何故わざわざ部屋を狭くして日々過ごさなければならないのか、疑問になってきます。

そんな中、数年前からスキャナーやPDFにしてくれるサービスなどを利用して月に数十冊単位で整理していったのですが、一気に0に出来るわけではないので、その間は部屋に積み上げっぱなしなわけです。

これ、勿体無いなぁ、と思っていた時に出会ったのが、書籍保管サービスです。

[0714-201503] 自分で管理できないなら、そもそも所有する資格はありません。スキャン予定の大量の書籍の一時保管場所として、書籍保管サービスを利用する。

お世話になったのが東京書庫

今年の春に合計500冊近くをダンボール箱に入れて送って、月々保管料は銀行口座から引き落としで払っています。

当初の予定ではここから毎月一箱(50冊ずつに分けたので)ずつ戻してもらい、それをBOOKSCANに送って電子書籍化していこうと考えていたのですが、目に見えるところから大量の本が消えた時点で、どうやら意識の中で自分たちのモノではなくなってしまったようで、その後の戻しと電子書籍化は一向に進んでおりません。

今回、創業50周年記念キャンペーン中で上のハガキを頂いたのですが、私の中では更に預ける本(勿論大量にあるのだけれど、これらは全て妻の書類で頑として送ろうとはしない)がないので、非常に残念です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。