[かぶ] 先日のサブPC構築の際にMSI A88XM GAMINGでRAID 0の再構築に手こずったことのメモ。

[かぶ] 先日のサブPC構築の際にMSI A88XM GAMINGでRAID 0の再構築に手こずったことのメモ。

スポンサーリンク

今回の内容はちょっとマニアックな話になるので、パソコンに興味のない方は流して頂けると嬉しいです。

先日作ったサブ機ですが、元々のベースは昨年末にA10-6800KとFM2マザーでITXベースで作ったもの。

それを今回はmicroATXベースのケース(ARC mini)に換え、それに伴って、折角だから、とマザーボードもMSIのA88XM GAMINGを導入したもの。一度GAMINGマザーというのを使ってみたくて、でもなかなかAMDだと希望のマザーが無くて、というタイミングでした。

と、そこまでは良かったのですが、今回はまさかの手こずり。元々システム部分はSSDのRAID 0で組んでいたので、それをそのまま移行させようと思ったのですが…。

UEFI画面で設定をRAIDに変えるも、どこでRAID 0に設定して認識させれば良いかがさっぱり分からない。

今まで2回RAIDは組んできたのですが、その際のマザーはASUSTEKとASROCK。どちらもそれなりに設定画面にたどり着く方法は分かったものも、MSIはマニュアルにも記載もなければ、UEFIもよくわかりにくい。

my-pc-image-06

とりあえずそこでメインPCのほうからネットで調べてみたところ、UEFI DRIVERからLegacyに変えると、以前からの見慣れたRAIDの設定画面に変わりました。

my-pc-image-07

ひとまず設定。さて、Windows 8.1を入れようとしたら…

このパソコンはDVDドライブがないので、USBメモリからセットアップ。
ところが、いざセットアップ画面でインストール先を決めようとしても、先ほど設定したRAID 0のドライブが見つからない。

専用のドライバーを入れてください、とエラーメッセージ。

でも、専用のドライバーって、どれ?

夕方、半分以上後悔しながらMSIのサイトを再び訪れる。

付属DVDの中の全てのファイルを探すも見つからず、しばし途方に暮れる私。私の拙い知識では思いつくことも少なく、結局UEFIの画面を表示させては睨めっこ。時々PCやiPhoneでいろいろ調べていまいち分からず。途方に暮れて、気が付けば夕方です。

午前9時から何だかんだと組み始め、昼過ぎには終わるだろう、と。そうしたら基本ソフトだけ入れて、あとは同じく仕事が休みの妻と午後は遊ぼうと思っていただけに、かなり気分が沈みます。

ちょっと今日の過ごし方を間違えたかなぁ、と後悔し始めた頃、なんとなく思い付きでMSIのサイトに今日何度目かの訪問。

my-pc-image-08

そこで見かけた、ダウンロード→Driver→AMD Bolton RAID Driverをなんとなく落としてきて、USBにコピー、それを試しにセットアップ画面で読ませてみたら、見事に認識しました。

今日一日の苦労は何だったのか、と思うくらいのアッサリ感。過去Intel、AMDともに1回ずつしか設定してこなかった経験不足な私では、まさか予めMSIのサイトからドライバーを落としてこなければならない、なんて気がつきませんでした。

MSIは私とは相性悪いのかも…

にしても、UEFIの使い勝手の中途半端感といい、付属のCommand Centerのわかりにくさと不安定なことを考えると、GAMINGシリーズはちょっと魅力感じていた私ですが、次も選ぶかどうかは難しいところです。もう少し習熟したら、違うのかもしれませんが。
第一APU(しかも一世代前のRichland A10-6800K)でゲームをする、となれば、当然カジュアルなゲームになる訳で。
であればわざわざGAMING選ぶ必要もないしなぁ。

ということで、もっとシンプルな解決策があるのかもしれませんが、私のような一日手こずった人もいますよ、ということで、そんな方がたまたまこのブログを見つけて、解決したら良いなぁ、と、願いつつ、今日の投稿を、終わりたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。