[かぶ] 20代から30代にかけて、自己啓発にハマっていた私が、高額セミナーにハマりやすいタイプについて考えてみた。

[かぶ] 20代から30代にかけて、自己啓発にハマっていた私が、高額セミナーにハマりやすいタイプについて考えてみた。

スポンサーリンク

セミナーと言っても様々で、あるタイプのセミナーにはハマっても、別のタイプのセミナーには明らかにハマらなかったり、ではあるのですが、ふと自分の20代を振り返って挙げてみるとするなら、

ある程度高学歴。

まぁ私は大学満期退学な訳ですが、

私は大学を中退しています。いや、正確にいうと、退学です。取得単位は122単位。在籍年数は8年。そうです、2単位足りずに満期退学です。 アホだと思います。今ではネタとして周りにも普通に話しています...

それなりの名の知れた大学だったりするわけです。某オ⚪︎ム真理教の方もそうですが、学校のお勉強は出来るわけです。で、自分でもそれなりに頭が良いと思っている。変にプライドがあるわけです。このプライドが色々と厄介です。

そんな高学歴の自分がまさか騙される筈がないと思っている。

ちょっとその辺のプライドをくすぐりつつ、トンデモ理論でも、理屈で言いくるめちゃえば良いんです。多少の真実を含めながら、自分で考えてそう決めたように仕向ければ良い。元々考えたり頭使うの好きですから。良い意味で途中で思考停止して疑わなくなります。

自分は一般人とは違うと思っている。

その辺の一般人とは違うと思っている訳です。世の中の一般人は深く考えもせず、奴隷のように働かされている。でも自分は違う。そんな社会の仕組みに気付いている。新しい生き方をウニャウニャ。って思い勝手に張り切っちゃう訳です。

だから、周りから現実を見なよ、と言われると益々張り切っちゃう。

バカめ、そんなこと言ってるから今の生活から抜け出せないんだよ。自分は新しいステージにウニャウニャ。

新しい生き方をする筈なのに、算数が苦手で計算が出来ない。

新しい生き方や働き方、自分を模索している筈なのに、単純な算数が苦手で、お金の計算が出来ません。変な自信持っちゃってるから、何とかなる、とか思ってますし。

実践よりお勉強してる自分が好き。

何度セミナーに高い金払って効果が出なくても、文句は言いません。何故なら実践してない自分が悪いからです。実践出来ないのは、生活が変わらないのは、自分の勉強や、セミナー参加が足りない、まだ深く理解出来ていないからだと思って、何度も同じセミナーに参加するか、新たなセミナーを開拓します。それが心地よいのです。

と、ここまで挙げてきて…

ちょっと切なくなりました。プライド高い、他人をちょっと見下した、イヤな奴ですね。そんな自分に涙が出てきそうです。

まぁ新しいステージにウニャウニャとか本当に考えていたわけではないですが。

当時は若いなりにそれなりに現状を変えようと一生懸命だったんだと思います。一生懸命だから、こういうこと考えちゃうんです。で、益々自己嫌悪に陥ってストレス溜める訳ですが、当時は気づかないんですね。

勿論中には素晴らしいセミナーもあるのだとは思います。仕事や生活に活かせるものもありますし、セミナーで一括りにして悪と考えるのは違うと思います。

ここで伝えたかったのは、こういうタイプってよく考えずハマりやすいよ、ということなので、そうじゃない、という方は流して頂いて何ら問題はないと思います。はい。

あ、ちなみに私の20代は高額のセミナーに何度も大金を注ぎ込むほど手持ちはありませんでした。靴や時計、服や旅行にほとんど使ってしまっていたので。それはそれで今何も残っていないのでどうかと思いますが。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。