[かぶ] 「毎月一品♪土屋鞄生活」「世界ぐるぐる」をlivedoor Blogから移行させるまでの手順のメモ。

[かぶ] 「毎月一品♪土屋鞄生活」「世界ぐるぐる」をlivedoor Blogから移行させるまでの手順のメモ。

スポンサーリンク

わが家では妻が2005年7月から、私が最も新しいもので2009年7月から、それぞれlivedoorブログで公開をしていました。当時と生活スタイルが変わってしまったり色々理由があり、しばらく更新が止ってしまっていたのですが、今も相変わらずコメントやアクセスが日々あり、それを見る度に何とももどかしく、どうにか出来ないものか、と考えていました。

更新再開出来ない一つには今から再度気合いを入れてlivedoorでブログを更新し続ける、ということに今市気持ちが乗らなかったこと。ある程度自分の中で一区切りがついてしまっていたので。

ここ最近、こちらの「Life Style Image」を始めるにあたって、では今までのブログの記事をどうするか悩みました。けれど、放置するには辛く、であれば、これも含めて自分の記録として一緒に保管しておこうと思い、今回移行を考えました。同時に妻のブログも、私の4倍近くの更新料があったのですが、こちらも新たにWordPressでデザインし直し、同じサーバーでこれから気分新たに更新していこう、ということにしました。

ただ、livedoorからの全データの移行は、今までも何度かやろうかな、と思いつつ、何となくハードルが高いというか面倒な気がして、手つかずでした。

今回意を決して、ひとまず全てのデータを移行するところまでは出来ましたので、この時点で一旦、そこまでの手順をメモ代わりに残しておきたいと思います。

livedoorブログから記事データをエクスポートする。

our-blog-data-02

この機能はPro以上の有料プランに登録していないと使えないので、ここ最近Freeにしていた私はこのためにProに変更しました。他にも移行の方法はあるのだとは思いますが、300円程度で簡単にエクスポートが出来るのであれば、そのほうが良いと思いましたので。
ブログの設定」のその他より「バックアップ(エクスポート)」に行きます。

our-blog-data-03

ブログの書き出し/製本 から、移行させたい内容を指定して、「ブログのデータを書き出す」→「ダウンロード」をすると、「backup.txt」というファイル名で出力されます。
このファイルはlivedoorではMT(MovableType)形式で、記事、コメント、トラックバックが書き出されるので、これをWordPress上からインポートします。

ツールのインポートから「Movable Type and TypePad」を選びます。場合によってはインポートツールとしてプラグインが一つインストールされます。

our-blog-data-04

livedoorブログから画像データを丸ごとダウンロードする。

しばらく元ブログを残しておくのであれば、画像のリンク先が元のURLに指定されたままになるだけなのですが、スッキリしないのでこちらもまとめてダウンロードしました。
今回使ったソフトはGetHTMLWというものですが、必要な部分は画像データの中の「livedoor.blogimg.jp」というフォルダ。このフォルダの中身を、自分の新しいドメインの、

http://○○○/wp-content/uploads/~

にフォルダごとまとめてアップします。

our-blog-data-05

各記事の画像の指定URLは、私はWordPressのプラグインのSearch Regexというものを使いました。記事データをまとめてインポートした後に、記事をまとめて一括検索し、

置き換え前
http://livedoor.blogimg.jp/~

で一括検索し、この部分を

置き換え後

http://○○○/wp-content/uploads/~ (○○○は自分のドメイン名)

で一括で置き換えができます。

アイキャッチ画像に関しては、エクスポート後は「NO IMAGE」のままで指定されていないので、一つ一つ手動で登録していく必要があります。記事が多くあまりに面倒だったので、今回Auto Post Thumbnailというプラグインを使ったのですが、ここで見事にハマりました。

our-blog-data-06

私の妻のブログは元々livedoorの際に、文章に絵文字を多用していたのです。すると、そのまま文章を移行させると、このAuto Post Thumbnailというプラグインはこの絵文字が最初にある場合、それをアイキャッチ画像として選んでしまうようで、妻の記事800近くの内、大半の画像がこの絵文字の羅列になってしまいました。

そこで、仕方ないので画像の記事中にアイキャッチ画像にしたい画像のないものは「NO IMAGE」に替えようとしたのですが、一旦替えても、このプラグインが動いていると、ご親切にもすぐにまた画像を探してきて指定してしまうようで、結局また絵文字に戻ってしまうので、妻のブログの場合は合わないと判断してやめました。

もう一つ、注意点。

既にWordPressで公開されていて、色々なプラグインを活用されている方は、ご自身のプラグインを一度念のため見直されたほうが良いかもしれません。
私の場合、新規投稿をTwitterに自動投稿してくれるWP to Twitterというプラグインが、上で一括して記事をエクスポートした途端に、全記事を一斉に新規投稿と見なしてTwitter上に投稿してしまいました。恐らく私をフォローされていた方のTLにはタイミングによっては200近い「新規投稿しました」呟きが並んでしまったかもしれません。それを思うと穴があったら入りたい気分です。本当にご迷惑をおかけしました。

ひとまず移行を終えて・・。

our-blog-data-01

勿論本当に大変なのはこれからかもしれませんが、移行自体はあっさりと済みました。今まで何を悩んで、一つずつ移行させたい記事を選んではちまちまと手動で移していたんだろう、と今まで費やした時間が切なくなるくらいに。ただ、私が今回活用したツールだけでは、完全に綺麗に移行し切れたわけではありませんし、実際妻のブログに関しては、アイキャッチ画像や細かい部分のリンク修正など、まだまだやることは残っています。そして、現時点ではまだlivedoorとwordpressの現在のドメインと、記事が重複してしまっているものが大半なので、それをどのタイミングでlivedoorを切り離していくのか、といったこともまだ残っています。
ただ、ひとまず一番の障害であり、今までなかなかやる気が起きなかった記事全部の移行についてはこれで出来たので、覚え書きとして、次に考えられている方の何かの役に立てば幸いです。

他ブログ含め、移行に関するもっと詳細な記事は、色々な方が書かれているので、そちらを是非参考にされてください。今回は中でもデータの移行という部分に焦点を合わせて書かせていただきました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。