[かぶ] 葛西臨海水族園。Night of Wonder -夜の不思議の水族園- は普段の水族園とは全くの別世界でした。

[かぶ] 葛西臨海水族園。Night of Wonder -夜の不思議の水族園- は普段の水族園とは全くの別世界でした。

スポンサーリンク

お盆期間の4日間(8月13日-16日)のみ体感出来る葛西臨海水族園の夜の3時間。Night of Wonder。夜の水族園は最近は幾つかの施設で開かれているようですが、私は初めての体験でした。元々思い入れの強い水族館でのこの不思議な空間。改めてご報告したいと思います。

葛西臨海水族園公式サイト – 東京ズーネット

25周年を迎えた葛西臨海水族園。夜の水族園は不思議な空間だった。

葛西臨海水族園は今年で25周年を迎えました。

葛西臨海水族園25周年スペシャルサイト

私にとっては18年前に妻とまだ付き合う前に初めてデートで訪れた想い出の水族園でもあります。私たち以外にはそんなことどうでも良いかもしれませんが、そんなこんなで交際中も結婚後も時々二人で訪れています。

0982-201508_Night of Wonder 02

そんな葛西臨海水族園でこのお盆期間に4日間限定で夜の3時間、延長して営業しているということを知り、初めての夜の水族園を体験してきました。

照明の落ちた館内は、昼間とはまったくの別世界でした。

0982-201508_Night of Wonder 03

照明は水槽の中と僅かな館内照明のみ。それは普段であれば魚の説明を見ながら魚たちを眺める空間が、ただ暗い空間で目の前に魚が幻想的に泳いでいる、まったくの別世界に変わります。

0982-201508_Night of Wonder 04

館内は撮影は自由ですが、フラッシュは水槽内の魚を驚かせてしまうため禁止です。もうそこら中暗い中で水槽に向けてスマホのカメラを向けている光景は現代を象徴しているかのようで、暗い中で写真撮ってる暇があったら目の前に広がる素晴らしい空間を堪能しようよ、と自分も含めて突っ込みたくなる不思議な時間です。

18時半から19時にかけて、更に照明が落ちる。

東京の海、世界の海コーナーも18時半から19時にかけて消灯します。水槽内も消灯されるため、魚も眠りについて見えなくなります。中にはまだ起きていたり、夜行性の魚もいたり。これらはよく見えないのですが、それぞれにガイドが水槽に付いていて、レッドライトを点けながら、夜の生き物はどうしているのか教えてくれます。

0982-201508_Night of Wonder 05

照明が落ちる前の水槽の様子を上から。見えないところで水槽内の温度の管理などがしっかり行われている様子も見られます。

0982-201508_Night of Wonder 06

これらは昼間も上から見ることが出来るのですが、そうした部分も普段から見た上でこの夜の空間を楽しむとより一層素敵な時間になると思います。

普段の水族園を知っているからこそ、より深く楽しめる。

0982-201508_Night of Wonder 07

正直なところ、魚をじっくり眺めたり、また説明を一つ一つ読みながら楽しむのであれば、昼間の通常時間帯のほうがオススメです。この不思議な3時間はその上でいつもとは違った世界を知ることが出来るオプショナルツアーのようなもの。

この辺りは同じ日に訪れた夢の島熱帯植物館も同じですね。

江東区夢の島にある東京都 夢の島熱帯植物館。過去に妻と数回行ったことがあったのですが、このお盆時期に改めて行ってきました。目的はこの時期の土日祝日に体験できる「熱帯スコール体験」。そして、「夜間開館」...
前回は東京夢の島熱帯植物館の魅力について簡単に触れてみましたが、今回はこの夏の目玉の一つでもある「夜間開館」についてご紹介。私自身まだ日中も数回しか訪れたことのないこの植物館ですが、夜の大温室の雰囲気...

0981-201508_ZenFone 2 Laser Photo 0815-01

夢の島熱帯植物館同様、これを子どもの自由研究のためだけに使うのでは勿体無い(もう、子ども連れの割合が圧倒的に多かったので)。大人にとっても知的好奇心を刺激する素敵な空間です。デートにも最適です。

0982-201508_Night of Wonder 08

今年のNight of Wonderは終わってしまいましたが、これからも定期的に開かれると思います。また他の水族園、水族館から動物園まで、この時期様々な施設がこうした企画を開催していると思います。

夏のこの時期はどこも混み合いますし、日中は暑くて出歩くには厳しい季節ですが、夜のこうしたひとときも、色々見つけてみたいな、と思っています。

葛西臨海水族園公式サイト – 東京ズーネット

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。