[日常] 改元に関しては江戸の庶民も平成の庶民も大して変わらないな、と感じた話。国立公文書館「江戸時代の天皇」にて。

[日常] 改元に関しては江戸の庶民も平成の庶民も大して変わらないな、と感じた話。国立公文書館「江戸時代の天皇」にて。

スポンサーリンク

新しい元号「令和」まであと半月となりました。私は昭和生まれなので、気がつけば3つの元号の時代を生きることになります。そうした中、今月初めに春季皇居乾通り一般公開に行った帰りに、私たち夫婦ともにお気に入りの国立公文書館に行ってきました。

ただ今、5月12日(日)まで平成31年 春の特別展「江戸時代の天皇」が開催されています。

国立公文書館、大変ありがたいことに入場料無料なのです。でいながら、毎回開催されている内容が濃くて興味深くてたまりません。例えば先日3月9日までは平成30年度 第4回企画展として「温泉 ~江戸の湯めぐり~」が開催されていました。しかも一部を除いて、フラッシュは禁止ですが撮影可、SNS等での拡散も可なのです(SNSで投稿した画面を見せると記念品が貰えたりする)。

ということで、今回の「江戸時代の天皇」。ちなみにあなたは江戸時代にはどんな天皇がいらして、どのようなことをされていたかご存じですか?

みなさんは「江戸時代の天皇」と聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか。江戸時代初期の後陽成天皇や後水尾天皇、徳川家康の孫に当たる明正天皇、幕末の孝明天皇などが小説や歴史ドラマなどで登場しますが、古代や近代に比べ、江戸時代の天皇については一般的にはあまり知られていないのではないでしょうか。
しかし、江戸時代にには、現在の皇室に繋がる閑院宮家の創設や「天皇」という称号の再興。また神事である大嘗祭も再興されるなど、現在に直接繋がる様々な事柄が創られ、または再興された時代でした。一報、当時の御所は、今で言う観光スポットの一つですが、江戸時代には民衆の祈願先ともなっており、現在と繋がりつつも異なる点も多くあります。
今回の展示を通じて、江戸時代という時代のなかで、天皇がどのような存在であったのか、さらには現在を生きる我々との繋がりなどを知っていただく一助になれば幸いです。

私、歴史の知識が時代によってかなり偏っています。しかも結構中途半端なままアップデートされていないことも多いので、最近の歴史の新常識的なものにも興味を持っています。裏を返せば予備知識、基礎知識がないので、「サッパリ分からない」部分もあるとはいえ、むしろ先入観無く楽しめるとも言えるかもしれません。

今回の特別展もテーマ毎に各章に分かれていて、どの章も大変面白かった(写真も記録としてだいぶ撮りましたし)のですが、じっくり一つ一つ説明を読んで、史料を眺めていくと、かなり時間もパワーも要りますし、疲れます。

そうした中で、個人的に特に興味深かったのが、「第3章 元号の選定と改元」です。

ちょうど新しい元号に変わるこの時期だからこの特別展、というのもあるのですが、やはり身近な話としての改元は今だからこそまたリアルに感じられる部分もあるな、と思いました。そして感じたのは、

江戸の庶民も平成の庶民も大して変わらないな

ということです。時代が変わろうと、文明が変わろうと、だいたい似たような反応と似たようなことやってるんです。

元号の漢字から「あーでもないこーでもない」と良し悪し、縁起の良さ悪さを批評したり

文政改元においては賛成意見と反対意見で紛糾したり。

いつ、どのような形で新しい元号を使い始めるのか、

そしてやっぱり生まれる便乗商売。いつの時代も、似たような反応、似たようなことやってるんですね。

ちなみに今回の特別展では、特別にこんなものも展示されていました。

誰かが家にあったのをTVで鑑定に出していたあれですね。今回の「令和」は流石にありませんでしたが、平成という30年余りを過ごした者にとっては、単なる書であっても、色々な想い出が蘇ってくるものかもしれません。

平成、そして令和の典拠となる「史記」と「万葉集」も。

江戸時代の天皇、というだけに限らず、今ちょうどこの時期、新しい元号の時代を迎えるにあたって、折角だから一度はじっくり眺めてみて欲しい、より多くの人に訪れて欲しい特別展でした。

国立国会図書館といい国立公文書館といい、こうした濃くて貴重で充実した史料や資料がじっくり楽しめる、利用できる場所が無料で公開されている、というのは嬉しいですね。

ただ、国立公文書館なんだから、サイト自体もセキュアにしておいて欲しかった(https://ではなくhttp://)な、と何となく思いました。

ちなみに今回の特別展に限らず、国立公文書館ではこんなものも展示されています。

大日本帝国憲法や、

終戦の詔書。そして、

日本国憲法です。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。