[かぶ] こうした機会限定だけれど、都議さんも大変だなぁ、と改めて思いました。

[かぶ] こうした機会限定だけれど、都議さんも大変だなぁ、と改めて思いました。

スポンサーリンク

セクハラ都議ヤジのおかげで、都議会関連の情報が一気に出てきています。

自民都議ヤジに「福島はどう思うか」――共産党・大山都議 | 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

こういう時って、ネットは早いですね。良くも悪くも。前回はネットも含めた怖さのほうに重点をおいて書いたのですが、今回はあっさりと使わせて頂きます。

都議会ってどれくらい知ってますか?

東京都議会って、どういうところなんでしょうか。こうして見ると、国会も含めて、野次は日常茶飯事というより、発言の是非は抜きにしても、本当に歌舞伎の合いの手のような感覚です。良いということではなく、感覚が麻痺しちゃってるんでしょうね。(今は何を言っても一部だけを挙げて拡散されて叩かれてしまう状況なので、歌舞伎発言した都議の真意は分かりませんが。)

発言の怖さと重さとともに、編集と拡散する側の怖さも感じました。

さて、そんな今アツイ東京都議会。

metropolitan-assembly-01
東京都議会

普段ちゃんと投票には行っている東京都民の私ですが、さっぱり分かりません。存在すら忘れていました。ごめんなさい。きっとこういう私のような無関心で民度の低い都民だから、そういう都議会になってしまうんだと思います。ということで、私たち東京都民もこの程度だということです。ただ発言の機会も、取り上げられることもないだけで。

それで、色々な投稿のコメントを眺めてみると、都議会に限らず、どこも似たようなもんだと。

ゆっくり流れる東海道線からの風景を眺めながら。

いま、東海道線車内です。実家が静岡なのですが、たまには東海道線でのんびり帰るか、と今朝急に思い立ちまして。

私は静岡県、神奈川県、東京都しか知りません。並んだ三都県でも街も様子も全く違う。さらに、今回東海道線でゆっくり流れる景色を眺めていても、東海道線沿線でも次々風景も、町の様子も、乗る人々の表情も、服装も、様子も、同じようでいて何となく違う。当然都議会、県議会、さらに市議会、区議会、それぞれにその地域の特色があり、地元になればなるほど、その地元の流儀が出てくる。清廉潔白だ無所属だ何だだけではなく、色んなしがらみやドロドロしたもの含めながら、表向きはクリーンに要望を通していく訳です。

そんなことを、流れるちょっと寂れた町並みを見ながら考えていると、問題は問題だけれど、セクハラ中傷野次含めて日常茶飯事な中で、そんなものすら時にはうまく利用して、話題にして、それでいて自分が大きく炎上しない位置にいることって、大変だなぁ、としみじみ思います。都議さんも県議さんもみんな、凄いですね。

存在感を主張出来てナンボ、法案や要望通せてナンボ、そのためには、そもそもそういう問題があるということを、私のような良識ぶりつつ、その実全く都議会自体普段存在すら忘れていて、関心もなく、そのくせお世話になっていることを棚に上げて叩き文句言う割に一週間もすればまた忘れちゃう人たちに知ってもらわないといかん訳です。凄いです。私なら出来ない。という以前にやりたくない。

都議さんも、県議さん、いつもありがとうございます。たまに思い出す程度でごめんなさい。より良い関係と良いお仕事が出来るよう、一都民として考えたいと思ったところで静岡に着いたので、この辺で終わりにしたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。