[かぶ] 膨大な量の情報の見出しを流し見しつつシェアしたりいいね!したりすることについて、改めて考えてみたら。

[かぶ] 膨大な量の情報の見出しを流し見しつつシェアしたりいいね!したりすることについて、改めて考えてみたら。

スポンサーリンク

今朝、何となくFacebookのTLを眺めていると、ある有名な方が先日のLUSHのキャンペーンについて、ある団体が書いた内容をシェアしていました。

それに付いている色々な方のコメントを眺めながら、情報というものについてボンヤリ考えたので、それについて。

日々大量に流れてくる情報の中で。

これだけ常にスマホと向き合っていると、物凄い量のニュースや、個人の意見の「見出し」が目に飛び込んできます。もはや何が書いてあるかなんて、いちいち読んでいる気力も余裕もないので、目の前をそのタイトルが流れていきます。

きっとその間も、私の意識しないところで、それらの情報は精査されないまま、私の中では「事実」として認識されていっているのだと思います。

先日のLUSHの話に絡めて。

恐らく動物愛護系の団体がLUSHの活動に賛同の意を込めて、サメのヒレのことや、乱獲されていることについて書いているものを、その方はシェアされたのだと思います。有名な方なので、拡散も速い。多い。

で、ここで私が伝えたいのは、何もその方が間違っている、とか、正しいとか、そういうことではなく、そのシェアをフォロワーやその友人、知人が見たとき、どういう反応をするだろうか、ということ。

もちろん多種多様だろうけれど、大半の人は時間も余裕も気力もないので、なんとなく「サラッと」目を通して、内容については吟味はせず、心動かされれば、人によってはさらにシェアするかもしれません。

で、その情報って全て正しいの?

今朝はたまたま布団の中で、何となくコメントを眺める気分になっていたので、適当に眺めていたら、大半が賛同と「シェアします!」の中で、ある人が「でもここに書かれている残酷な現実の一部は、日本というよりも、他の国でのことだよね?日本の場合は少し状況が違う。でも、まるで全て日本が、気仙沼の人たちが悪の元凶のように書かれてませんか?」と。

もちろん、この方が書いたことも本当かどうかは、それまた調べてみなければ分からない。だから、情けないけれど、この人が正しいとも私はここでは書けない。

そして、このコメントに対して、幾つかのレスが付きました。

「日本がやっているかどうかが問題なのではなく、こういう乱獲が行われていること自体が既に大問題なんだ。」

本筋から外れて議論が生まれてきても…

以前書いた、放射能と従軍慰安婦の話の時にも少し触れたのですが、多分この二つの意見は、きっとこのまま平行線をたどると思います。だって、それぞれの重要だと思っている論点が違うので。

あまりこういう話題に中途半端に触れると火傷するので、触れない方が良いのだとは思うのだけれど、今朝感じたこととして。きっかけは、ハフィントンポストに昨日掲載された、こちらの記事より。 原子力発電所...

極端に分けると、

サメを取ることにも、それぞれの国や場所によって、取りかたや考え方や価値観には違いがある。それを一緒くたにして、全て犯罪とするのはどうなのか?

という人と、

とにかくサメを救わなきゃ!残酷なことに変わりはない。だからどこの国がやったかなんて問題じゃない!

という人の間では、話自体が噛み合わないと思います。で、先ほどの話に戻りますが、この話題、シェアされた元になった動物愛護系の団体の書いたLUSHのキャンペーンの記事は、どの程度信憑性があるものなのでしょうか?

深く考えずに反応することに慣れてしまう内に。

冒頭にも書いたように、このニュースも、毎日の膨大な消費される情報の一つに過ぎず、それ程大げさに考える必要はないのかもしれません。

けれど、元ネタや発信源が何か、ということや、そこに発信者の主義主張が充分に入っていること、時にはそのために都合良く情報が、嘘ではないとしても多少大げさだったり、捻じ曲げられて書かれている可能性があることを、日々大量の情報を浴びていると、ついつい考えずに、そのまま受け入れていまいがちになる自分がいます。

情報化社会、という言葉も既に死語になりかけているのかもしれないけれど、そんな貴重な情報も、じっくり受け入れる態勢が取れないまま、次々に押し寄せてくると、いちいち考えることを辞めて、流すか、そのまま無意識に取り入れてしまうことになってしまう。

それが自分の考えなのか、前日のテレビでコメンテーターが言った言葉なのか、分からなくなる、なんて話もありましたが、これほど情報が溢れていると、かえって情報がほとんど入ってこない地域の人より、常に情報に囲まれている人たちのほうが、ちょっとの意図と多少の真実を巧みに交ぜて大量に流せば洗脳出来てしまうのではないか、と。

昔あったサブリミナル効果って、今みたいな常に情報を流し読みするようになった世界のほうがあり得そうで怖いな、なんて考えてしまいました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。