[かぶ] リニューアル『クウネル』のAmazonレビューに思う。私は自分が親から貰った名前を大切なものだと思っています。

[かぶ] リニューアル『クウネル』のAmazonレビューに思う。私は自分が親から貰った名前を大切なものだと思っています。

スポンサーリンク

昨日辺りから話題になっている雑誌クウネルのリニューアル。

これ以上美しい「星一つ」のレビューを見たことがない 静かに荒ぶるリニューアル『クウネル』のamazonレビューが話題に – Togetterまとめ

私はこの雑誌の存在自体は知ってはいたものの、特に愛読者という訳ではなかったので内容や方向性についてはとやかく言うことは出来ません。また、それだけ愛された雑誌であるだけに、新しく編集長となられた淀川美代子さんのプレッシャーもかなりのものだったと思います。

ここ最近はこのブログでは時事ネタを書くことはありませんでしたが、今回は少々思うことがあったので、その点を触れたいと思います。

これ、「考えすぎ」とか「気にしすぎ」と思われる方も多いかもしれませんが、とても大切なことなので心のどこかに覚えておいて欲しいな、と思います。

Amazonのレビューで最も気になった文章。

kunel-amazon-review-01

このレビューの最後の部分です。「蛇足ですが。」とこの方は書かれていますが、私はとても大切なことだと思うのです。

編集長交代の発表のタイミングでしょうか、クウネルについて触れらています。でも表記間違っていらっしゃいますね、二度ほど「クゥネル」に。わざわざどうして?編集者にとって、自分の作る本は我が子同様なのかとずっと思っていましたし、タイトルを違えるなんて、ちょっと考えられないのですが。おそらく養子縁組ではなく、ビジネスパートナーなんですね。さみしいな。愛せないなら、引き受けほしくなかったのです。私はクウネルを愛しています。

もう一つあるのですが、今、PCから見たら2015年12月11日のツイートが見えなかったので(別に魚拓を取って非難するのが目的ではないので)スマホから写すと「新生「クゥネル」も宜しくお願い致します!」と言った内容。

元々雑誌自体「ku:nel」なんだから「クゥ」だろうが「クウ」だろうが大した違いじゃない、と思われた方、是非ここは「考え方は人それぞれ」などと濁さずにちゃんと向き合って欲しいのです。それは「人の名前」に対してです。

私もよく名前の漢字を間違われます。

私の名前は「章史」です。「あきふみ」と読みます。

私は自分が親から貰った名前を大切なものだと思っています。もちろん普段から強く意識する訳ではありませんが、本当に良い名前を付けてくれた、と思っています。きっと私が生まれる時に、色々な想いを込めて、悩みに悩んで二人(もしくは祖父母や親戚も含めて)で選んでくれたのだと思います。本当に感謝しています。

私はよく名前を間違われます。姓が「鈴木」なので友人知人から下の名前で呼ばれることも多いです。読み方の間違いに関しては仕方ない部分もあると思います。私も間違わないとは言いません。それは気付いてくれた時点で覚えてもらえれば良い。

けれど、漢字に関しては、いつも複雑な気持ちになるのです。章史を「章文」とよく書かれるのです。

先日はメーカーからのお詫びの手紙で間違われました。

勿論私も絶対に間違えない、と言える訳ではないですし、間違うことがダメだと言っている訳ではありません。気付いたら直してくれればいい。私もさすがに最近はあまりに多いので慣れてきました。

ただ、先日あるメーカーが間違った商品を送ってきたことがありまして、連絡したところ代わりの商品をすぐに送ってくれました。間違えた商品の返送用の着払いの伝票も一緒に。更に丁寧に私の住所と名前も書いてあり、あとは送り返すだけで済むようになっていました。手書きのお詫びの手紙も入っていました。

ありがたいです。きっとちゃんとユーザーのことを考えて、そこまで気遣いをして下さったのだと思います。

普通ならファンになるかもしれません。けれど、このサポートの方、詰めが甘かったんです。

手書きのお詫びの手紙も返送用の伝票も、私の名前が「章文」になっていたんです。

お詫びがお詫びになってないでしょ。

ちなみに名前の漢字については一言添えて返送したのですが、その後特に連絡はありませんでした。名前の間違いに関してはどうでも良かったようです。

名前を大切に思っている人もいるのだということは、心に留めておいて欲しい。

クウネルに戻ります。新しく編集長になった淀川美代子さんも、バタバタしている中で急いで書いてしまったために、たまたまこの時だけ「クゥネル」になってしまったのかもしれません。実際冒頭のツイートでは「クウネル」になっていますし。恐らく気付いていないのだと思います。

ただ、このレビュワーの感じたように、「編集者にとって、自分の作る本は我が子同様なのかとずっと思っていましたし、タイトルを違えるなんて、ちょっと考えられないのですが。」と思う方もいるのです。名前というのはそれくらい大切です。他誌なら「ごめんなさい」で済むことでも、自分が編集長をしている雑誌の名前を間違えて発信してしまっては、(もちろん仕方ない部分もあるのですが)こういう風に思われてしまっても仕方ないのかな、と思います。

勿論私たちは常にミスをします。このことで鬼の首を取ったように過剰に非難することではありません。この文章を読まれて「単なる揚げ足取りじゃん」と思われる方も多いでしょう。

ただ、名前というのは人によってはとても大切にしているものでもあります。愛読者であれば編集者と同じようにこの雑誌を大切に思っている方もいると思います。

こうしたことをきっかけに、「名前」の大切さ、「世の中には名前を大切に思っている人もいる」ということに気付いてもらえたら嬉しいな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。