[かぶ] 循環型でエコと宣い透明ビニ傘が何故か常に5本前後家にある妻にKnirps X1をプレゼントした。

[かぶ] 循環型でエコと宣い透明ビニ傘が何故か常に5本前後家にある妻にKnirps X1をプレゼントした。

スポンサーリンク

元々はそんなんじゃなかったんです。昨年末までは、長傘も1本、折りたたみ傘が日傘と合わせて2本を大切に使っていたんですね。それが忘年会でお気に入りの長傘をどこかの酔っぱらいに間違って持っていかれたまま戻ってこなかったあたりから変わってしまったんです。妻が。突然循環型エコを謳い始めたんですよ。

多少高くてもお気に入りの傘を10年以上使うもエコ。

ちなみに私はもう10年以上前に買った前原光榮商店の長傘一本だけを使い続けています。

昭和23年創業 前原光榮商店 -公式サイト-高級洋傘- www.maehara.co.jp

幸いなことに今のところ勘違いで持っていかれたことも盗まれたこともなく、手元の部分は既になんとも言えない艶が出ています。何の木だったかは忘れましたが、たいへん気に入っています。

これもエコといえばエコです。

透明ビニ傘で盗み盗まれもエコと言われれば否定はしません。

透明ビニ傘が氾濫している世の中ですが、確かにある程度の本数は常に持ち主が変わりながらも盗み盗まれしながらも循環しながら使われているのかもしれません。所詮地球で、人生で私達が持っているものなんて、モノから土地に至るまで結局は借り物です。そうした意味ではこれも度が過ぎなければエコと言えるのかもしれません。

でもね。

一人で5本は要らんだろ、ビニ傘

増減を繰り返しつつ、結局何故か5本に収まるんですよ、我が家の妻のビニ傘。

この前石巻の行きに手元が折れて処分して4本になったのですが、気がついたらまた5本になってました。

狭い我が家の玄関に6本の長傘は正直邪魔です。

しかも、今気づいた。以前(盗難前の)お気に入りが見つかるまでの一時期、同様にビニ傘が大量に発生した時があり、その時に妻に内緒で家の押し入れの奥に縛って隠しておいたビニ傘がまだ5本くらいあったはず。正直このまま忘れ去られて引っ越しの際に出てきます。恐らく無残に劣化した状態で。

我が家も決して広くはないので、6本も長傘があると邪魔なんです。そこで妻に「お気に入りの傘見つけたら」と提案したところ、最初の内は同意していたのですが、一ヶ月、二ヶ月と経つ内に面倒になってきたのか、冒頭の循環型エコを突然謳い始めまして。

妻が久しぶりに興味を持った傘が私のチェックしていた傘だった。

基本的に身の回りのモノ(家やパソコン、日用品)に関してはほとんど夫に任せきりの妻。ならば強引に良さそうな傘を何かの時にプレゼントするか、と、単に自分が欲しい傘を幾つかピックアップしていた中にあったのが今回のKnirps(クニルプス)。ドイツの老舗ブランドです。

0910-201507_Knirps 05

ところが、先日そのことは言わずに傘の話になった時、自分でiPhoneで調べ始めて「このクニ・・なんて読むのかわからないけど、これ良さそうじゃん。花火っぽいの」と言い始めました。完全に偶然です。そしてチャンスです。即購入しました。そして本日先ほど到着です。

まだ妻が帰ってきていないので、外観のみ。

0910-201507_Knirps 01

Travelというもう少し値段の安い同じデザインのものもあったのですが、こちらはこのEVA樹脂の専用ケースが付いているのです。妻は基本的に長傘は持ち歩きたくないのですが、折りたたみ傘も持っていくのを嫌がります。で、結局雨にやられて職場や何処かからビニ傘パターンなのですが、その理由が「折りたたみ傘は一度差すと濡れたまま持ち歩くのが嫌」ということでした。それが少しでも解消されそうな気がします。

純正のドライバックまで付いてきた。

0910-201507_Knirps 02

しかも今回楽天のこちらのお店にお世話になったのですが(理由は各モデルの説明が丁寧で詳しかったので)5,000円以上の場合はレビューを投稿するとドライバックもいただけるのです。ありがたい。これで濡れても安心です。

今回贈ったX1は収納時は全長17.5cm、開いた状態で94cmと充分。

0910-201507_Knirps 04

コンパクトで普段から持ち歩くのにも邪魔にならない上に、開けば94センチです。妻であれば充分です。そして、今回買うにあたって妻が言っていた「持つのが楽しくなる傘じゃないと結局持ち歩かないんだよね」という問題も、このデザイン、妻が一目惚れで選んだので問題ありません。「これなら持っていくのが楽しくなりそう」とのことです。

実物はまだ見ていないので、感想が変わるかもしれませんが。

私も折りたたみ傘は定番がないので、良ければKnirpsの他のシリーズで探そうかな。

私は基本的に折りたたみ傘は滅多に使いません。雨が降りそうな時点で結局降ろうが降らなかろうが関係なく長傘を持っていくからです。それはそれだけこの長傘が気に入っているということ。

とはいえ、折りたたみ傘で充分な状況も多々ありますし、先日の石巻など小旅行や帰省の際にはなるべくコンパクトにまとめたいものです。元々Knirpsは私がそんな理由で目をつけていたブランドの一つだったので、もし今回妻が使っているのを見ていて、使いやすそうで気に入ってくれれば、私も自分用にもう一本別のシリーズで探してみたいと思います。

0910-201507_Knirps 03

現時点ではこのTopmaticか

手堅くDuomaticのどれかで行きたいな、とは考えています。

今回妻に贈ったX1はこちら。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。