[かぶ] 靴屋だった私が今も何とか朝型の生活を続けられている理由について考えてみた。

[かぶ] 靴屋だった私が今も何とか朝型の生活を続けられている理由について考えてみた。

スポンサーリンク

今日も何とか朝からそれなりに動けている私です。

なんていう始め方をしたのは、私相変わらず朝から活動するのが苦手だからです。

今朝も酷かった。もう気分は沈むし、起きたくないし、何もやる気は起きないし。

布団から起き上がれない、という状態ではないんです。とりあえず朝早く妻が仕事に行くので、それに合わせて起きて、妻の準備を眺めながら過ごし、玄関まで送るので、布団からは出るんです。でも、その後が毎朝手強い。そこが一日の一番の勝負所。ここでこの気分に任せて「もう少しだけ寝てから」とか「昨日寝るの遅かったし」とか言い訳して寝てしまうと、最悪です。今度は「妻の出勤」という理由がないから昼まで起きられない。で、何となく起きてもそのまま気分も乗らないまま気がついたら夕方。

早起きが苦手じゃなくて、夜の早寝が苦手。その通りです。

そんな生活がもう結婚してから6年近く続いているわけですが。

朝起きられない理由は、朝型の人のブログなどを読むと、

早起きが苦手じゃなくて、夜の早寝が苦手なんです。

もっと言い換えると、夜の早寝のための時間管理が出来ないんです。

と書かれていて、確かにその通りなのです。もう、反論のしようがありません。ただ、私、未だに夜の早寝の管理が出来ていません。夜は相変わらず遅くなってしまうので、余計に朝が辛いんだと思います。

理由があれば、やらなければならないことがあれば、人はちゃんと起きるようですね。最たるものは仕事です。仕事があるから、皆朝辛くても頑張って起きて仕事に行く。学校も人によってはそうですか。ちゃんと朝から頑張って学校に行く。私は高校辺りから大分怪しくなり、大学ではそのために午前中の授業の出席率は散々でした。

で、私は当時どうしたか。朝寒い時間に出勤しなければならない仕事を回避しました。そうです。販売の仕事に就いたんです。

販売の仕事は朝が比較的遅い。全ての販売の仕事がそうとは限りませんが、なるべく11時くらいに開店の仕事、しかも通勤時間が短い職場を選びました。おかげで益々朝しっかり起きるという習慣は身につかないまま、その仕事を辞めてからも今日まで来てしまった訳です。

販売の仕事って、朝が遅ければ当然夜も閉店時間が遅くなるわけですから、帰宅時間も遅くなります。夕食もそれからになるので、自然と生活が夜に夜にシフトしていきます。その生活習慣が今も残ってしまっているんでしょうね。

フリーになって大変だった。

フリーになってからは大変です。別に朝早く起きなければならない理由は、何か午前中から打ち合わせでもない限り無いですし、その分夜頑張れば良いのですが、大きな問題が残っていました。

  • 朝起きなければならない理由が無くなると、自然と一日が短くなる。
  • 起きる時間を決めてないと、その後の生活を切り替えるのが大変。

何時から始めても良いわけですから、一日自宅で仕事をする時なんて、気持ちの切替がとにかく大変です。仕事のモードに切り替えられずダラダラと何となく続き、夕方から焦って仕事に取りかかり、結局夜遅くなってしまう。で、翌朝も調子が悪い。これの繰り返しです。また、意識して活動していない訳ですから、一日が違った意味で短い。これは集中していて短く感じられるのとは真逆。一日が終わった時に、何も生産的なことをしていないのではないか、と言うくらい、自分の一日が短く感じられます。

さすがにフリー後少しして、マズいと思った訳です。とりあえず仕事は出来ていても、何となく一日調子は良くないし、こんな生活ではまともな夫婦の時間が取れないのではないか、と。実際私が家にいるのに、家が汚いし、何となく家の空気が澱んでいる気がしていました。空気が滞留しているというか、詰まっているというか。で、自分の頭の中も澱みはじめているような重い感じ。これは致命的だな、と感じたわけです。

で、どうしたか。

朝起きたらひとまず部屋を掃除し始めた。

色々な本やサイトも見ました。色々試してみたのですが、なかなか続かない。
いっそ開き直って、夜型バンザイで調子悪かろうがそのまま仕事頑張ろうかとも思ったのですが、何より家と頭の中の澱みと調子が何となく優れないのだけは嫌だったので、

ひとまず、部屋を掃除することにしました。朝。妻を送ったら。

朝早いので掃除機かけたり本格的なことは何もしないんですが、ダスキンのモップをかけることから始めました。かけ始めると細かい埃が徐々に気になってきたので、毎朝だけでなく、気がついた時に埃は取るようになりました。気合い入れて掃除しません。掃除が目的というよりも、とりあえず身体動かすことが目的。ついでに部屋が綺麗になれば儲けもの、くらいの気持ちです。

折角だから、トイレも一緒に掃除しちゃおう、と思いました。

これも気合い入れません。汚れが残っていても、また明日もやるんだし、くらいのつもりで。

部屋の幾つかのゴミ箱のゴミを、とりあえずゴミ出し用の大きなゴミ箱に毎朝捨てて、小さなゴミ箱の中身は毎朝リセットすることにしました。何となくゴミがそのままだと澱みそうな気がしたので。

あ、そこまでやるなら、鏡も拭くか、と。

で、それやってる間、時間もあるし、毎日自宅で飲んでいる白湯を作っちゃおうと。
これは最近ですが、いつの間にか自宅では夫婦とも白湯を飲むようになったので。

よく、毎朝トイレ掃除をすると云々とか、片付けをすると、とか言われます。勿論その事自体の効果も非常に大きいです。部屋が綺麗になれば気分も変わりますから。ただ、ここでは私の中で一番大きかった効果を理由として挙げたいと思います。別にたいした理由でもないのですが、私としては大きな発見でした。

身体動かすと、気分変わるね。

最初はひとまず掃除だけしたらまた寝ちゃってもいいや、とりあえず部屋が綺麗になるだけでも良いし、くらいのつもりだったんです。でも、そこまで動いちゃうと、もう頭もスッキリしてますし、目覚め後の憂鬱な気分が大分消えてるんですね。

で、その頃から今まで人と会わない日は部屋着で仕事してた訳ですが、これらのことしながら、仕事の時の服装に着替えるようになりました。洗濯はその分増えるのですが、仕事の服装って勿論相手に対しての礼儀もありますが、何よりその日一日を過ごす自分に対する礼儀でもあるんだなぁ、と。

そんなこんなでその後色々と修正も加わり、今の朝目覚めてやる事が大体決まっている訳です。人によっては格好良く朝の儀式とか他の言い方もあるようですが、当時はそんな面倒なこと出来るか、と思っていました。でも何も特別なことを気合いを入れてやる必要はないんですね。あたりまえのことをとりあえずやれば良いのかな、と思います。

そんなこんなで、妻を送り、その後なんとか今朝も動き始められたので、ふと思いついて書いてみました。

未だに出来ないのが、夜の早寝です。

仕事自体はそんなこんなで切り替わってから大分前倒しで、夕方以降は妻とだいぶゆっくり過ごせるようになったのですが、未だに眠れない。

これ、ちゃんと早寝出来ればもう少し朝起きるのが(起きた瞬間が)気分が良いかもしれないのになぁ、と。そんなことを今朝も妻が支度をしているのを眺めながら、しばらくボーッともやもやした頭で考えていました。あ、夜も遅いとすると、朝型とは言わないんでしょうか。

https://lifestyleimage.jp/?p=2566

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。