[かぶ] ヘルプカードやマタニティマーク。世の中は小さな見えない気遣いと善意で出来ている。

[かぶ] ヘルプカードやマタニティマーク。世の中は小さな見えない気遣いと善意で出来ている。

スポンサーリンク

昨日Facebookのタイムライン上に流れてきた話です。シェアやいいね!が30000を超えていたので、調べずにそのままシェアすることには不安を感じたので、出先で簡単に調べてみました。

善意の無思考のシェアやいいね!が、時として悪影響を生むこともあると思うので、そういう時ほどなるべく簡単にでも調べてみることにしています。

全く知らなかったヘルプカード。

helpcard-01

知っていますか? 「ヘルプカード」 東京都福祉保健局

知っていますか?ヘルプカード|東京都社会福祉協議会

「ヘルプカード」とは

「ヘルプカード」は障害のある方が困ったときに、必要な支援や配慮を周囲の人に伝えるためのカードです。緊急連絡先や必要な支援内容などを記載することができ、障害のある人が普段から身につけておくことで、緊急時や災害時などに周囲に支援を求めやすくするものです。

※「ヘルプマーク」とは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、援助や配慮を必要としてい  ることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

【記載内容】氏名、住所、生年月日、緊急連絡先、障害の状況、お願いしたいことなど

見た目には全くわからない、気づかない障害や病気を抱えているというのは、不安だし怖いものだと思います。周りの理解や協力も得にくい上に、時として冷たい視線に晒されることもある。だから本人もなるべく周りに迷惑をかけないよう、不安になりながら、緊張しながら電車などにも乗らなければいけない。それが余計にストレスになり、悪化させてしまうものもあると思います。

このカードにも色々な議論の余地はあるのかもしれません。周りから見えるようにすることで、余計に周りに変に気を使われたり、善意の押し付けがかえって苦痛になってしまったり。

マタニティマークのように、色々な意見はあると思うけれど。

「お腹に赤ちゃんがいます」でだいぶ知られるようになってきた、マタニティマーク。

maternitymark-546x338

マタニティマーク普及委員会

これも、もちろん人によって意見は分かれるようですが、私はそれでも続けて欲しいと思います。中には不快に感じる人や、「だから何?」という人、そして、妊娠していないのにマタニティマークを付けている人などもいるようですが、それらはごく少数だと思います。

負の感情は目立ちやすいので、ネットでも目に入ってきやすい、ということ。表には出てこないけれど、これらのマークのおかけで小さな善意や親切が生まれた例の方が多いと思うのです。

世の中は小さな優しさと善意が集まって動いている。

混んだ電車の中で、ちょっとした無神経や行為にストレスを感じることがあります。けれど、ふと他に意識を向けてみると、隣の人に肘や荷物が当たらないように、ちょっと無理した体勢、姿勢で立っている人がいたり、ちょっとぶつかった途端に、すみません、という言葉が出てきたり。お互いにストレスを感じながらも、お互いがお互いをちょっとずつ気を使って、気を回している光景が見えてきます。

一人一人の小さな善意や気遣いが重なって、世の中が優しく動いている。

そう感じることがあります。

ヘルプカードもマタニティマークも、興味のない人、迷惑な人は無理して何かする必要はないと思います。ただ、これらのカードやマークを見ることで、今までなかなかどう表してよいのか分からなかった善意や親切、気遣いを、今よりも少しずつ、出しやすくなるのであれば、それだけでも意味があるのではないかなぁ、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。