[かぶ] 私の頭の中の「世の中のニュース」コーナー。

[かぶ] 私の頭の中の「世の中のニュース」コーナー。

スポンサーリンク

毎日せわしなく生きていると、世の中の出来事なんて、正直二の次で、目の前のことでいっぱいいっぱいになります。ここ数日、実家でのんびりしていても、全てを忘れるわけではなく、頭のどこかに残りながら、まぁそれでもいつもよりはかなり余裕は出来ているのですが。

ところで、ここ数日、世の中で何が起こっているか、分かりますか?

というのも、ふと今朝何となくそう思い、考えてみたところ、すぐ頭に浮かぶのは、せいぜい二つ。

「セクハラ野次」と「W杯」

勿論、思い出そうと思えばもっと出てくるとは思うのですが、人それぞれ多少の違いはあっても、そのくらいかなぁ、と。あ、私が少ないだけですか?だとしたらごめんなさい。同じくらいだと思って、以下続きます。更に、その二つを考えてみました。余程自分にとって大切なことでもない限り、アプローチの仕方ってそんなに多くない。

どういうことかと言えば、

「セクハラ野次」なら、誰が野次ったか、が頭を占めてしまうので、都議会やそもそも日本の体質について、なんて二の次、まして今回のきっかけになった少子化対策については、ほぼ忘れている。「W杯」は、ごめんなさい。非国民な私は実はそれ程興味がないので、既にほぼ流れてきたニュースで結果くらいはちょっと分かる程度。

ということは、特に何か意見を求められたり、会話の中で出てこない限り、普段の私は世の中のことなんて、何も関心のない人間だと思います。ちなみに数日前は何だったか思い出そうとしたのですが、今すぐ頭に出てきたのは、お昼食べに出たら、たまたまついてたワイドショーで見かけた小保方さんだけでした。人って、周りのことには興味ないのね。だから平和で変わらず生きていけるのかもしれません。

茶化したいわけではなく、だから世の中大きな変化もなく、表向きはのんびり過ごしていけるのかな、と。もし今日、世界で大きな出来事か、国内でもより面白い事件が起きれば、多分私の頭の中の「世の中のニュース」コーナーの割り振りは変わってくると思います。「セクハラ野次」はより浅く進展を追うくらい。「W杯」は、変わらないかな、もともとそれくらいなので。

意識するって大変で難しい。

そうなると、もしあまり世の中に知られたくないことや、そこまで話題性がないけれど、後で考えると重大な出来事ってあると思うのです。例えばこの先の日本の方向性を決める法案とか、そこまでいかなくても、規約改定とか、税率変更とか。

多分、私は気づけないし、気づけても楽しくなかったり、分かりにくかったら、リソースを割けない。

余程暇でも、たくさんのことを満遍なく、というより、恐らくそのうちのどれかにもう少し深く興味を持つ程度だと思うので、せいぜい二つかな。三つ、四つあたりになると、やっぱり面倒になってきそう。

そう思うと、そんな中で関心を持ち続けさせて、主体的に関わらせて、何かを変える、って、なかなか難しいんだろうなぁ、と。

それよりは、ほとんど忘れていても、反対表明をあえてしない限り承認されてて、知らない内に消極的賛成していて、気が付けば変わってる、というくらいでひっそりと変わるほうが、変わりやすいんだろうなぁ、と。まぁ、そう簡単なことでもないのかもしれませんが。

今日の私の頭の中の「世の中のニュース」コーナーはどうなるのか。流れるTwitterとFacebookを眺めながら、そんなことを思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。