[かぶ] ASUS OUTLETで久しぶりにChromebookの箱破損品。C300MAが19,800円。

最近は海外のChromebook事情や日本未発売モデルに一喜一憂して、日本語キーボードが必須な方々を完全に置いてけぼりにして盛り上がってしまっておりますが、1年ほど前は日本発売モデルを結構買っていました。当時は海外の事情なんて全く分からなかったし、知ろうと考えたこともなかったのもありますが、日本展開に微妙に失敗した後の敗戦処理品が結構出回っていたんです。そんな聖地の一つがChromebook日本展開の一翼を担うASUS JAPAN公式オンラインショップの中にあるASUS outletです。

最近はほとんど日本発売モデルの情報に触れておりませんでしたが、実際一年前に比べると、そして今までの無残な日本のChromebook事情に比べると最近はSNS等を眺めているとだいぶ話題に上るようになってきているように感じていまして、そう考えると当時に敗戦処理的在庫処分セールなんぞせずに今出していればそれなりに需要があったのではないか、と思ってしまうのです。実際には諸々の事情で難しいのだと思いますが。

ということで、前置きが大変長くなりましたが、現在ASUS outletで久しぶりにChromebookが出品されております。

ASUS Chromebook C300MA(C300MA-RO041・ブラック)【OUTLET】 – ASUS Shop

13.3インチ液晶、日本発売モデルとしては当時は貴重な4GB RAMを積んだスタンダードなモデル、C300MAです。

ASUS Chromebook C300MA | ノートパソコン | ASUS 日本

ちなみにAmazonでは今もこの価格で販売されています。このモデルが前述ASUS outletにおいて、箱破損品ですが、19800円になっています。

ASUS Chromebook C300MA(C300MA-RO041・ブラック)【OUTLET】 – ASUS Shop

製品スペックは(少々画像が小さくて見づらいかと思いますが)下記の通り。

画像はASUS製品ページより見ることが出来る製品スペック(PDF)からお借りしました。
http://www.asus-event.com/pdf/asusjp_spec_nb_C300MA-BLACK_WHITE.pdf

海外の価格に慣れてしまうとなかなか日本発売モデルに手を出しづらいのですが、そうした中で2万円というのは試してみるのには悪くない価格帯です。そしてこういう時に、数年前のモデルであっても現行モデルとほとんどスペック上は差がないという独特のゆったりとした時間の流れを持っているのがChromeOSです。体感的には現行モデルとそれほど変わらないと思います。気になるとしたら液晶など入出力部分の相性くらい。

また、流石に日本で発売されていたモデルだけあって、ネットで探してみてもそれなりにレビューが出揃っているのもありがたいところです。購入前にある程度雰囲気を掴める、というのは国内外問わず心強いと思いますので。

ということで、日本語キーボード版が欲しい、という方で新品(箱破損品ではありますが)を求められている方には現時点では貴重な2万円のChromebookとして、選択肢に入れてみてほしいな、と思います。

ASUS Chromebook C300MA(C300MA-RO041・ブラック)【OUTLET】 – ASUS Shop

スポンサーリンク

スポンサーリンク