[服飾] 久しぶりのユニクロコラボ購入。ユニクロxイネスのコーデュロイジャケット+Eは秋に気軽に楽しみたい。

[服飾] 久しぶりのユニクロコラボ購入。ユニクロxイネスのコーデュロイジャケット+Eは秋に気軽に楽しみたい。

スポンサーリンク
UNIQLO x INES DE LA  FRESSANGE コーデュロイジャケット+E

今回の「INES DE LA FRESSANGE」とのコラボ(メンズ)は意外と微妙な空気も漂っているようですが、個人的には手元のワードローブで足りなかった部分をしっかり埋められそうで、結構ワクワクしています。

久しぶりにユニクロ買いました。もちろん下着類等はコンスタントに買い足してはいたのですが、それ以外の大物は実は1年ぶりです。特に2015年AW~2016年SSで展開された「UNIQLO AND LEMAIRE」でユニクロアプリを駆使しながら店舗の在庫状況を確認して色違い等でもセットアップで揃えたりしていたこともあって、手元には比較的ストックが多かったため、その後のこの1年はほとんどチェックしていませんでした。

[kanren postid=”15109″]

個人的にスタンダードなモノを数年、もしくはそれ以上、細く長く着続けて楽しみたい、と思っていることもあり、選び方は保守的です。あまり冒険しません。そして、気に入ったモノが見つかると、色違いやセットアップで一気に買い揃えます。

以前からユニクロで展開していた「INES DE LA FRESSANGE」のメンズラインが展開される、と知った時にも、「何かスタンダードで長く使えそうなモノはないかなぁ」くらいの気持ちで見ていたのですが、その中で真っ先に目に留まったのが今回購入したコーデュロイのジャケットでした。

UNIQLO x INES DE LA FRESSANGE コーデュロイジャケット+E (57 OLIVE)

UNIQLO x INES DE LA FRESSANGE コーデュロイジャケット+E (57 OLIVE)

数年前までは「Olive」って私の中の色としてはなかったのですが、ちょうど前述のルメールとのコラボの際にグリーン系の色合いが「綺麗で意外と着やすいなぁ」と思ってからは、積極的に試すようにしています。今回もこちらのジャケットが「57 Olive」と「69 NAVY」で出た際にも真っ先にこちらのOliveを選びました。

UNIQLO x INES DE LA FRESSANGE コーデュロイジャケット+E (57 OLIVE)

太畝でなかなかボリュームもありそうに見えて、ジャストサイズで着ると、着ていることを忘れてしまうくらいに軽く感じられるのが今回のジャケットの魅力かな、と思いました。

一部では「実物見る前に製品画像見ただけでもマストバイ」だったり「ワンサイズからツーサイズ大きめがオススメ」といった話も出ていますが、個人的にはこのジャケットは実際に普段自分が着ているサイズの前後も何度も繰り返して試着してみて欲しいし、実際私は普段Mサイズを選ぶことが多いにもかかわらず(ルメールのジャケットは一部Lを選んだ)今回は明らかにフィット感が違ったため、ワンサイズ下げたSを選びました。身体へのフィット感が良く(私の体型とも合っていたのでしょうが)窮屈感もなく私の腕や身体の動きに無理なく付いてきてくれるので、大変気に入っています。

コーデュロイジャケットは実は今まで着たことがなく、何となく「まだ自分には早いかなぁ」という気がしていました。私にとっては今までなんとなく躊躇していた素材や柄をユニクロがこうした素敵なジャケットなどで出てくれたことは嬉しくもあり、以前のBATIK MOTIF COLLECTIONや

[kanren postid=”17237″]

LIBERTY LONDON FOR UNIQLOのように、

[kanren postid=”16662″]

「試してみたいけれど、ちょっと一歩踏み出せない」という心のハードルを取り払ってくれるこれらのコレクションは本当に嬉しいなぁ、と思います。合わなくても良いんです。その時には「あぁ、自分にはこういうモノは合わないんだな」とか「今の自分のワードローブには少し合わせにくいけれど、案外色々試せるかも」といった気づきを得られるだけでも嬉しい。ファッションってセンスではなく、こうした好奇心と経験から得られる知識の組み合わせだと思っています。何も奇抜な服装をする必要はないと思っています。人と違う服装をするから個性なのではないのですから。

UNIQLO x INES DE LA FRESSANGE コーデュロイジャケット+E (57 OLIVE)

既に色違いで69 NAVYのSも注文済みです。サイズは小さいものから既に在庫切れになっているようですね。

ファッションというのは、決してセンスというよく訳の分からないものが必要なごく限られた一部の人だけの趣味ではなく、誰もが楽しめるものだと思っています。そうした点でも、単なる国民服のように思われがちですが、やはりユニクロはバカには出来ないし(もちろんユニクロだけで充分で他は不要、なんて思いませんが)、今回1年ぶりに服って楽しいなぁ、と改めて感じました。

既に69 NAVYのSも注文済みで、セットアップで着るか着ないかは別としても素材感を合わせてスリムフィットコーデュロイパンツ+Eも2色とも揃える予定でいます。それにしても限定価格になる前に、発売と同時に買ったのは本当に久しぶり、いや、初めてかもしれません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。