[0873-201507] あなたがこの夏、清水の舞台から飛び降りるつもりで買う「一生モノ」を一生モノにする方法は簡単です。一切使わずに厳重に金庫に保管しておけば良いんです。

[0873-201507] あなたがこの夏、清水の舞台から飛び降りるつもりで買う「一生モノ」を一生モノにする方法は簡単です。一切使わずに厳重に金庫に保管しておけば良いんです。

スポンサーリンク

とはいえ、これにも弱点が2つあるんですよ。不測の大災害が起きた時。これはもう仕方がありません。ただ、この場合はあなたの心に一生モノとして残り続けるので大丈夫です。
もう一つの可能性のほうが怖いんです。それは、ある時金庫から出してみたら、全く愛情が沸かなくなっている可能性があるんです。その瞬間、一生モノではなくなってしまいます。

皆さん、一生モノ、欲しいですよね。

夏といえばボーナスです。ボーナスといえば一生モノです。
TSU863_kakigooriumai-thumb-1000xauto-18434
甘美な響きです。一生モノ。一生モノの定義って何でしょう?高いこと?なかなか自分では手に入れられない事?長い歴史があること?希少なこと?どこかの有名人がそう言ってたということ?
良いですねぇ。一生モノ特集。誰かが決めた一生モノ。腕時計、これを買えば一生モノ。一生モノの靴。
以前にも何度か書きましたが、お店にいた頃良く訊かれました。目を輝かせて。だいぶ頑張ってお金貯めたんでしょうね。もしくは分割の月々の支払い金額を頭で計算しています。私に最後に背中をもうひと押しして欲しかったんでしょう。
「この時計、一生モノですよね?」

作る側もできれば一生使って欲しいと思ってはいるんです。

TSU893_kakigoorishiroppunashi-thumb-1000xauto-18435
そりゃ、自分が時間と手間と愛情をかけて作った作品です。作られた方だって出来れば一生使って欲しいと思っています。そして、一生使ってもらえるようにしっかり作ってますし、何かあったら出来る限り長く使えるように直してあげたいと思っています。
だから、一生保たせるために一番簡単な方法が今回のタイトルでも書いた、一切使わずに、管理状態の行き届いた保管庫や金庫で厳重に保管することです。無菌状態とか尚いいですね。更に状態を常に管理してくれる方を雇うと尚良いです。

一生大切に使いたい、という気持ちはとても大切です。

TSU885_kakigoorihanomimono-thumb-1000xauto-18440
一生大切に使いたい、という気持ちはとても大切です。今、欲しいと思ったモノに対して、一生使いたい、と思えるその気持ちこそ、一生モノにして下さい。その気持ちを大切にして下さい。
けれど、それは今のあなたにとっての一生モノなんです。人は日々成長します。5年後に同じ経験と知識と感情でいられるわけがありません。目も肥えますし、その時にはあなたの生活も変わっているでしょう。
そもそも一生モノって何ですか?

一生モノと思って買ったモノほど一生保たないんです。

TSU882_kakigoorideatamaki-n-thumb-1000xauto-18436
これは2つパターンがあります。
一生持っているだけのモノになってしまう場合。
もう一つが自然と手元から離れていく場合。
どちらも自分にとってあまりに背伸びしすぎた時に多いです。よく昔のお父さんがやりますね。この金無垢のロレックスは結婚式や祝い事の時にしかしないんだ。まぁこの場合は結構綺麗な状態で息子さんや孫に形見としてのこる場合もあります。
これってちゃんと一生モノになっているように見えますが、持っているだけなんです。一生持っているモノ。
大切に扱おうとするあまり、結局単なる保管代行になってしまっているんですね。財産の管理人みたいな。
もう一つは簡単です。飽きちゃうんです。原因は簡単。それを手に入れた理由が「一生モノだから」です。
人間同様、モノの方も持ち主を選ぶようですよ。持ち主たり得ないと判断した途端に、自然に手元から離れていくそうです。特に時計などに多いそうです。

なんか下らない、性格悪い揚げ足取りをしているような感じで申し訳ないのですが。

TSU882_hukutuuwoosae-thumb-1000xauto-18437
世の中に一生モノと呼ばれているモノがあまりに多く中古で出回っているんです。ほとんど使われない状態で。
それは誰にとっての一生モノなのでしょう。
TSU885_umareruuuu-thumb-1000xauto-18438
一生モノ、なんて物は本当は不要なのかもしれません。それはそれぞれの人の心の中には想いとしてあっても、それはモノ自体にある(付く)ものではないのではないのかな、と最近感じています。
〜の最高峰、〜の傑作、名作と呼ばれる〜、一生モノと呼べる〜など。その言葉にお金を払うのはもちろん個人の自由ですし、憧れる気持ちは時として人を成長させますから無駄だとは言いませんが、それよりも今、気負わず自分が愛用しているモノたちが、なんで自分にとって使いやすいのか、そんな視点から自分自身を考えてみるほうが、余程身になると思います。
だって、自分自身は一生モノですから。
TSU882_natunokakigoorino-thumb-1000xauto-18439
[0224-201406] 一生もので買っても一生ものにはならないと思う | Life Style Image
[0760-201504] 他人の持ち物って古かったり汚れているからこそ、面白いんだよね。- 納富廉邦 責任編集「大人のカバンの中身講座」 | Life Style Image

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。