[かぶ] 多くの人にとって、何故Chromebookは起動が速く、快適なのか。そのシンプルな理由を考えてみる。

[かぶ] 多くの人にとって、何故Chromebookは起動が速く、快適なのか。そのシンプルな理由を考えてみる。

スポンサーリンク

買った理由の正当化と思い込みと言い訳です。

これだと身も蓋もないので、尤もらしい理由を少し考えてみると、

私含めたPC好きでもない限り、そこまで積極的に自分のPC買い換えないし、優先順位も低いのかな、と思います。そうした中で比較的手頃で、更に久しぶりに買い替えてみたら思っていた以上に快適だった、と。ちょっと不便もあるけれど、別にそれ程ハードに使うわけでもないから良いや、と考えても不思議ではありません。

そこまでPCに興味がなく、またそれ程買い替えも必要と感じていなかった人たちにとっては、PCというのは奮発して積極的に買い替えたり中身を交換したりするものではなく、また用途も限られていたため、Chromebookでも特段不足を感じなかった。だから、既に重くなっていた手元のPCからChromebookに移れば、ログイン一発で済んですぐ使い始められて、主な用途はほぼ済んでしまう。そりゃ、楽ですし新鮮です。

これ、もちろんWindowsでもMacBookでも最新モデルでなくてもそれなりの価格のモデルを買えば恐らく同じだったと思うんです。ただ、セットアップや復旧の面倒さや不安定さ(これはあくまで自分の手元にあるPCの)という、今まで使っていて既にある程度不満も感じていたため根付いてしまった先入観を覆すには、現行WindowsやMacBookのインパクトが弱かったのかな、と思います。

多くの一般ユーザーにとっては、今もきくちももこ 学生さんの頃とWindowsも、Macでさえもイメージは変わっていないのかもしれません。

一度気に入ってしまえば、人は良い面を色々見つけようとします。また買った理由を正当化しようとします。その時やり玉に上げられやすいのが、今まで使っていた「重くて不安定(になってしまった)」手元のパソコンです。大抵WindowsやMacになります。

また、人は新しいものが欲しくなると、今まで使っていたモノの欠点をなるべく見つけて大げさに言いたくなります。(今使ってる○○はここがダメだから買い換えなければならない、のような。)

よく使います。衝動買いの言い訳です。自分に対して。妻に対して。

それが時として、癇に障るんです。「もうWindowsとか不要でしょ。まだMacBookとか使って消耗してるの?w」みたいな。言わなきゃいいのに、余計なこと言うから面倒なことになるんです

「Chromebookとか今更使ってる人いないでしょw」「○○円出すならWindows買うってw」

もうお互いに大人げない、不毛で交わることのない一方通行の茶化し合いが続きます。

Chromebook好きも、そうでない人も、単に大人げないんですね。はい、私もです。気をつけたいのですが、ちっちゃい人間なので、ダメなんです。もう気に入ると熱く暑くなってしまうので。

ということで、これからも私はChromebookについて暑く書いていきたいと思いますが、どちらの皆様もお手柔らかに願えれば、と。温かい目で見守って頂けると助かります。結構傷つきやすい、プライド高い人間なので。すぐに凹むしムキになります、私。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。