[かぶ] 2016年後半もChromebookが面白い。海外で注目されているテーマとモデルを取り上げてみます。

[かぶ] 2016年後半もChromebookが面白い。海外で注目されているテーマとモデルを取り上げてみます。

スポンサーリンク

ここ最近は海外のChromebook関連のサイトやコミュニティを覗くのが日課のようになっていますが、その中で見かけたここ最近のChromebookの流れや動きについても触れてみたいな、と思います。

異論反論は多々あることは分かったうえで、それでもChromebook好きとしては誤解を恐れずに伝えたい。海外ではChromebook、人気です。少なくとも日本との温度差はかなりあると思います。...

Androidアプリ対応でChromebookにもストレージ容量増の流れ?

ChromebookのAndroidアプリへの対応がアナウンスされ、これから少しずつ対応モデルが増えていきそうです。この流れの影響を受け、16GB〜32GBが長らく一般的だった内部ストレージ容量にも変化が出てくるかもしれません。

$300 Asus Chromebook C301SA has 64GB storage, 1080p screen – Liliputing

But now that Google is bringing support for Android apps and games to Chrome OS, you might want more storage space… and the only options right now are high-priced models like the Google Chromebook Pixel.

Now it looks like there may be a cheaper option: the Asus C301SA Chromebook with 64GB of storage is coming soon for $300.

今までChromebookといえば最上位のPixelを除けばストレージ容量は16GB〜32GBが一般的でした。そこに今回ASUSのC301というモデルでC301SAという品番が登場し、そのストレージ容量が64GBということで話題になっています。

ちなみに元となっているモデル、C300SAは日本では先日法人向けに発表されました。

【.biz】ASUS、980gの軽量級11.6型Chromebook ~15時間駆動の13.3型も – PC Watch

ASUSは法人および教育機関向けのChrome OS搭載ノートを2機種発表した。13.3型ノート「Chromebook C300SA」は6月下旬出荷予定で直販価格は40,824円、11.6型「Chromebook C201PA」は本日発売で同35,424円。

ASUS Chromebook C300SA(C300SA-FN001・ブラック) – ASUS Shop for Business

C300SAは米Amazonでも購入可能。また、ASUS Globalの商品ページではC301SAではなくC300SAとして64GB版が追加されています。

ASUS Chromebook C300SA | Notebooks | ASUS Global

今回のC301SAと呼ばれているモデルは既にアメリカの老舗B&Hでも既に予約受付が始まりました。これがC300SAの64GB版と同じなのか、別なのかは分かりません。

ASUS 13.3″ 64GB C301SA Series Chromebook C301SA-DB04 B&H

1293-201607_ASUS-C301SA-BH-02

送料が別途それなりにかかるものの、基本的には発送が可能ということもあり、日本からの入手も可能かな、と思います。現時点では目を惹く点としては64GBのストレージですが、タッチスクリーンが使えないこともあって、どの程度Androidアプリを活かしきれるのかは気になるところ。

また、ストレージ容量が増えていく傾向は悪くはないと思うのですが、Chromebook(ChromeOS)の魅力が結果として薄れてしまわないか、方向性としてズレていかないか、という点は心配です。色々と中にデータを貯められるようになってくれば、アプリをインストール出来るようになれば、その分相性や、動作上の不安も出てきます。

ここ最近ではWindows10の強制インストールが国内外で話題になりましたが、あのようなことに悩まされない身軽さがChromeOSの魅力でもあります。

Chromebookのこれからの形として、気になるところです。

AndroidアプリをサポートしたHPの新作11.6インチモデルG5がプレオーダー開始。

HPといえば最近ではChromebook 13 G1が海外では人気です。

HP Chromebook 13 laptops | HP® Official Store

私もこれは欲しいなぁ、と思いながらも日本へは発送していないので転送や代行等を使わなければ手に入れられないのが残念です。そんなHP、先月末に11.6インチ、タッチスクリーン対応でAndroidアプリをサポートしたChromebook 11 G5を発表しました。

HP News – HP expands Chromebook lineup with touch to power your favorite apps

今回のChromebook 11 G5、日本のユーザーの間でも欲しい、という方が結構いるようですが、いつ発売されるのか、日本で購入は可能なのか、ということが注目されていました。今回、先ほどと同じB&Hにてプレオーダー受付が開始されました。日本への発送も恐らく可能です。

1293-201607_HP-CB11-G5-BH-02

HP CB11 G5/N3060/2GB/16GB eMMC/CHRM/11.6″ X9U01UT#ABA B&H USD $189.00

HP CB11 G5/N3060/4GB/32GB eMMC/CHRM/11.6″ X9U03UT#ABA B&H USD $229.00

上記2つがタッチスクリーン非対応モデルで、RAMとストレージ容量違いで2種類。下がタッチスクリーン対応モデルです。

HP CB11 G5/N3060/2-16GB eMMC/CHRM/11.6″-T X9U04UT#ABA B&H USD $269.00

2GB RAM、16GB eMMCモデルと、

HP CB11 G5/N3060/4-16GB eMMC/CHRM/11.6″-T X9U05UT#ABA B&H USD $289.00

HP CB11 G5/N3060/4-32GB eMMC/CHRM/11.6″-T X9U06UT#ABA B&H USD $309.00

4GB RAMのモデル2種類。日本では法人向け以外は最近ではほとんど4GB RAMモデルの選択肢がないので、そうした点でもありがたい限りです。

今回、AcerのR11を購入しましたが、未だ一度もタッチスクリーンは使っていません。またChromebook Flipの時も全く使いませんでした。画面が皮脂で汚れるのがあまり好きではないのと、もともとChromeOS自体そこまでタッチスクリーンに適したOSという印象もありませんでしたので。

実際に海外でもタッチスクリーンが便利、という方と全く使わない、使いたくない、という方にくっきり分かれるようです。

流れとしては今後のモデルはタッチスクリーン対応が基本になりそうな気もしますので、今回のHP 11 G5は当面のスタンダードモデルの一つになるかもしれませんね。

ASUS Chromebook Flip 2が間もなく登場?

ここ最近、海外では話題になっているのがこちら。ASUS Chromebook Flip 2が出るのではないか、という話。

New Convertible Chromebook ‘Kevin’ In Early Production: What We Know So Far

If you haven’t already, take a look at the other three posts this week regarding the new Rockchip 3399 processor and pen input coming to Chrome OS (and it’s follow-up). They will give you some insight before reading this post.

幾つかのサイトで話題になっていて共有されているようですが、Rockchip 3399を積んでペン入力が可能なChromeOSがコードネームKevinとして開発中のようです。

先ほどのC301SAといい、最近のASUSは元気ですね。Chromebookにおいても精力的に面白いモデルを出しているのがASUS好きとしてもとても嬉しいです。

ASUS Chromebook Flipは他にはない魅力を持った良モデル。

その後継が出るのであればそろそろ、というのも分かる気がします。まだまだ情報は錯綜しているようですが、この時点で既にFlip 2が期待されているところに、最近のChromeOSの盛り上がりがあるのかな、と思っています。

2016年後半はChromebookから目が離せないな、と思っています。

普段特に意識せずに使っているChromebook。既に生活に溶け込んでしまっているのですが、まさか私の中でここまで気持ちが盛り上がるとは思っていませんでした。

今年後半は色々と大きな動きがありそうな予感がありますし、日本でもまた少し最近は人気が出てきた、という話も聞きます。

引き続き話題を追いながら、このブログでも時々取り上げていきたいと思います。

何かしらのきっかけでこの文章に辿り着いたあなたへ。Chromebookにもし興味を持ってくださったのであれば、折角なので実際に購入して使ってみてほしいな、と思います。 私自身使い始めて2...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。