[書籍] 今回発売したKindle書籍「アカウントを持って街へ出よう」は現時点ではIntel系ChromebookのAndroid版Kindleアプリでは読めません(追記:読めるようになりました)。

[書籍] 今回発売したKindle書籍「アカウントを持って街へ出よう」は現時点ではIntel系ChromebookのAndroid版Kindleアプリでは読めません(追記:読めるようになりました)。

スポンサーリンク

追記:2018年7月23日 19:00 更新

こちらで書いた文章ですが、先日のアプリのアップデートにより、現時点では読めるようになっています。ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

以下、本文です。

予想以上に早く本日早朝(3時頃)に販売開始された私の2冊目の電子書籍(KDP=セルフ出版)「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」ですが、ありがたいことに朝から続々とご購入の声及びシェア頂いております。

おかげさまで半日が経過した段階で、

Amazon 売れ筋ランキング

総合でもある「Kindleストア 有料タイトル」で144位
「本 > コンピュータ・IT」全体でも9位まで上げてきています。

総合でもある「Kindleストア 有料タイトル」で144位
「本 > コンピュータ・IT」全体でも9位まで上げてきています。

また、この文章を書いていて気がついたのですが、過去24時間で最も売上が伸びた商品を表す「Kindleストア の 人気度ランキング」において、現時点(1時間毎に更新)でTOPに躍り出ております(汗)

Kindleストア の 人気度ランキング

過去24時間で最も売上が伸びた商品。ランキングは1時間ごとに更新されます。

間もなく落ちると思いますが、この時間帯(2018年6月3日18時台)のランキングで7位と8位がダン・ブラウンの「オリジン」、18位に有働由美子さんの「ウドウロク」が入っていますので、それなりに(雑多ですが)勢いだけはあるようです。ありがとうございます。

それだけ電子書籍市場自体が小さく、ちょっと売れると上位に出てくる、ということでもあるのですが、それでもより多くの方の目に触れる機会になるのであれば、とても嬉しいです。引き続き支えていただけますと嬉しいです。

さて。そんな中での大変申し訳ないご報告となるのですが、購入いただいた方からご指摘いただきまして再確認しましたところ、

現段階で当Chromebook本は

ARM系を除くChromebookのAndroid版Kindleアプリ上では正常に表示されません。

Chromebookはいいぞ、な本がChromebookでは読めないぞ、という笑えない状態にあります。こちらに関しては以前からChromebookの大半を占めるIntel系CPU(x86系)ではAmazon関連のアプリとの相性が良くない、という状態が続いてはいます。例えば今回のKindleのように、一部の書籍で写真等の画像が乱れたり表示されない、ページの配置が崩れる、重くなる、など。またAmazonプライムビデオに関してはアプリから見ようとするとコマ落ちが頻繁に発生してまともに見られません。

ただ、元となっているファイル及びそこから変換するepubファイル、及びKindle用のmobiファイルへの編集過程において、私の力不足により画像表示部分のどこかがAmazonアプリ+x86系Chromebookの組み合わせにおいて相性問題が発生している可能性も充分にあります。

現在その他の端末(ARM系Chromebook、iPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、専用Kindle端末)では発生していないようですので、そちらでお読み頂ければ、と思っております。もしx86系Chromebookしかお持ちでない、もしくはスマホでは読む気は元々なく、Chromebookでしか読まない、という方は、大変申し訳ありませんが、もう少し様子を見て頂けますと幸いです。

また、既に購入された方でご不便をおかけした方には本当に申し訳なく思っております。

こちらに関しては私も変換方法を変えたり、色々と試してみるつもりでおります。また、既に幾つか参考になる情報も頂いてはおります。もし何か良い情報がありましたら、また教えていただけますと助かります。

さて。

Chromebook本がChromebookで読めないという状況を作り出してしまい少々凹んでおります私ですが、

こうしたコメントも頂いておりますので、改めてChromebookにおけるAndroidアプリ対応について現時点での状況や、その使い勝手などについても改めて考え、発信していく良い機会として、引き続き頑張っていきたいと思います。

引き続きよろしくお願い致します。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。