[かぶ] Adobe、Creative Cloud製品のアップデートを発表。Lightroom CCがクラウドベースアプリに。ChromeOSは現時点でAndroidアプリ版、Web版にて対応。

[かぶ] Adobe、Creative Cloud製品のアップデートを発表。Lightroom CCがクラウドベースアプリに。ChromeOSは現時点でAndroidアプリ版、Web版にて対応。

スポンサーリンク

追記:2017年10月25日 0:30 更新

先ほどTwitterにてある方と色々とお話しさせて頂く中で気付かされたのですが、そのきっかけはこちらの記事。後半で間もなく発売予定のPixelbookについて取り上げられていまして、その中でAndroidアプリ版の「Lightroom CC」が動いている写真が掲載されています。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1087716.html

私、以前からAdobe Creative Cloudは契約して使っていたのでAndroidアプリ版の「Lightroom」は一応端末内に入れておりました。いまいち使い勝手がピンとこなくてほぼ放置状態でしたが(そもそも写真を当時はCreative Cloud内に保存して加工、という感覚が自分の中であまりなかった)先日気がついたらこちらのアプリが「Lightroom CC」にアイコンが変わっておりました。でも今までと大して変わらない「モバイル端末用の機能削減(機能限定)版だろう」と思っていたんです。ところがどうやら違ったようで。後述の記事によればどうも、

新しいLightroom CCの特徴は、クラウドストレージにアップロードされた写真を編集できるというところにある。Lightroom CCのアプリは、いわゆるPCデスクトップアプリだけでなく、iOSやAndroidなどのスマートフォン/タブレット用アプリ、そしてWebブラウザの形で提供される。どのアプリを利用しても同じように操作できるということが1つの特徴になっている。

とのことなので、基本的には私がこの後の本文で試したWindows 10版も、Androidアプリ版も「Lightroom CC」に関してはほぼ同じように、またWebブラウザでも同様に使える、ということになります。

ということは、結果としてChromeOSにおいては確かに後述のように「Windows 10及びMacOS版」のLightroom CCは使えないものの、Androidアプリ対応のChromebookであればAndroidアプリ版が、また未対応であればWeb版が、ほぼ同じような操作感で使用できる、ということになるのかもしれません。

となれば、クラウドベースの今度のCCは非常にChromeOSとも相性が良くなってくるわけで、ChromeOSが従来苦手としていた画像加工(編集)にAdobeのLightroom CCという強い武器が出来ることになります。

ただ、現時点でのLightroom CCはまだ使い勝手が完全にはLightroom Classic CC(従来のLightroom)から移行するには躊躇われる部分がありまして、もう少し全体的に使用感が上がってくれるとありがたいな、と思っています。現時点でもクラウドで管理したいのであれば魅力的ではあるので、一長一短ではあるのですが。

ということで、私もここは少し意識してLightroom CCのWindows 10版、Androidアプリ版、Web版それぞれを使い込んでみようかな、と思っております。

ということでお騒がせ、混乱を招きまして申し訳ありませんでした。
以下、一応本文を残しておきます。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

Windows 10 Fall Creators Updateの陰に隠れてしまいましたが、Adobeが米国でのカンファレンス「Adobe MAX」において、Creative Cloud製品のアップデートを発表しました。その中でも個人的に注目したのが、Lightroomがクラウドベースアプリ「Lightroom CC」と従来型の「Lightroom Classic CC」に分かれた、ということです。

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086962.html

Adobeは以前より同社のアプリのChromeOSへの将来的な対応を宣言していましたし、今回の発表が必ずしもその回答というわけではないにしても、非常に期待せざるを得ませんでした。

私は現在、ブログの更新をはじめ、大半の作業をChromebook(Core i5版ThinkPad 13 Chromebook)で行っていますが、電子書籍の執筆(一太郎2017)と写真の編集(Lightroom)に関してはWindows PCに頼らざるを得ませんでした。また、Lightroomに関しては自宅のデスクトップPCと出先で使うノートPCの2台に入れているのですが、カタログを簡単に同期出来ないので、片方で行った編集結果が他方に反映しづらく、また写真の保管場所についても(特にストレージ容量の少ないノートPCでは)悩ましいところでした。

ところが今回のLightroom CCでは、

大きなポイントはオリジナルの画像データをAdobeのクラウドストレージにアップロードして、カタログもローカル(PC側)ではなく、クラウドに置いておくということです。私の使っているCreative Cloudコンプリートプランは100GBのストレージですね。

撮影した写真はすべてクラウドにアップロードして、デスクトップでもスマホでも、タブレットでもいつでも好きなときに、同じ条件で編集をしようというコンセプトです。

http://photo-studio9.com/all-new-lightroom-review-2017/

素晴らしいではないですか!従来のLightroomとは使い勝手も違うようですし(むしろ従来のモバイルアプリ版に似ているようです)、機能もまだそこまで多いわけではないようですが、私の用途を考えれば充分です。

現時点で既に2台で使っているため、+αとなると悩ましいところではありますし、また従来のLightroom(現行Lightroom Classic CC)との使い分けも考えなければいけません。けれど、遂にクラウドベースでLightroomが使える日がやって来たか!と盛り上がったのが正直な所です。

と、ここまで盛り上げておいてこれか、といったところなのですが、

クラウドベースながら、現時点ではChromeOSには全く対応しておりません

対応OSは安定のWindows 10とmacOSのみ。
Adobe Photoshop Lightroom CC の必要システム構成

非常に残念です。先ほど前述のThinkPad 13 Chromebookで試してみたところ、Chrome上でサインイン画面までは進んだものの、その後のダウンロード(インストール)が全く出来ず先に進みませんでした

とはいえ、今後の展開としては大いに期待したいところ。Lightroom、そしてPhotoshopと、Creative Cloudを介してクラウドベースでChromebookでも画像管理と編集が出来る日が来ることを楽しみに待ちたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。