[かぶ] ここ数日話題の「AmazonアプリのInternational Shipping機能の実装」について、少し冷静に見てみます。

[かぶ] ここ数日話題の「AmazonアプリのInternational Shipping機能の実装」について、少し冷静に見てみます。

スポンサーリンク

スマートフォン向けのAmazonショッピングアプリにおいて、日本からでも米Amazonなどの商品が購入可能になるInternational Shipping機能が実装されたことが話題になっています。

Chromebookの場合、米Amazonには日本で発売されていない魅力的なモデルが多くあるため、今まで欲しいと思いながらも「米Amazonって英語だし、登録も購入も何かあった時も英語で不安だから」と思われていた方には日本のAmazonのアカウントで、かつ価格表記も円表記で検討することが出来るようになったのは大きいかと思います。

Amazonアプリ設定画面

Amazonアプリの「設定」から「国と言語」を選択して現われる画面から選択が出来ます。

また、実際に「Chromebook」で検索してみると、その時点で日本に発送可能なモデルを表示してくれるので、便利と言えば便利(敢えてこういう書き方をした理由はこの後書きます)かな、と思っています。

試しに「Chromebook」で検索した結果。

「International Shipping」が可能なモデルが検索結果に出てくるので、その点でも便利です。

これで米Amazonが容易に利用できるようになったので、日本でも安いChromebookが買えるようになった、という反応もそこそこ目にします。確かに従来よりハードルは下がったかな、と思っています。ただ、今まで日本に発送出来なかったモデルが発送出来るようになった訳ではなく、あくまで日本のアカウントだけでも元々海外発送が可能な商品が注文が出来るようになった、ということですので、その点は注意が必要です。

これ、出来るようになったことで、日本のAmazonに溢れていた「並行輸入品」と称するモデルの利点があまりなくなってきますので個人的には嬉しいのですが、

ここまで書いた時点で、Twitter上で情報をいただきましたので、急遽この後の内容を変更してお届けします。

私はもちろん既に米Amazonのアカウントを持っているため、何も気にせず普通に上記の設定をした後にそのまま続行したところ自分の米Amazonのアカウントに切り替わって表示されたため、気づきませんでした。現時点ではまだ日本のアカウントだけで購入するのは難しいみたいですね。今後のアプリとAmazon自体の対応に期待です。

今後どういった形に展開していくのかは分かりませんが、ネット上では一部で「これで輸入代行サービス業者は一掃」「今まで買えなかったものが買えるようになる」というネットショッピングの大きな転換期を迎えたかのような反応もそこそこ目にしました。一つのAmazonのアカウントで国を跨いで自由に自分の買いたい商品を探して世界中から日本円で購入できるのであれば、それは確かに魅力的ではあります。

ただ、この後どんな予想外な展開が待っているかは分かりませんが、個人的には(上で消していますが)「日本のアカウントだけで元々海外発送が可能な商品が注文が出来るようになる」ということかなぁ、と考えています。従来であれば、購入には海外アカウントを取って(登録して)、商品の中から「International Shipping」が可能な商品を「自分で」探して注文する必要がありました。それが、日本のアカウントがあればOKで、各国のAmazonが日本語表記が可能になり、価格も円表記されて、注文から到着までAmazon間で連携して行ってくれる、という点で「出来ることは今までと変わらないけれど、少しハードルが下がる」ようになる、ということかな、と思っています。

ただ、購入のハードルが下がるのは良いのですが、その分いろいろと難しい部分も出てくるわけで‥そのあたりはまた回を改めて書きたいと思います(本当は「既に実装されている」と思ったので、それ前提で購入ガイドを書くつもりだった)。

フォローする

スポンサーリンク