[かぶ] それを使いたいから理由を探す。目的と手段が逆転する、そんなモノってあるよね。

[かぶ] それを使いたいから理由を探す。目的と手段が逆転する、そんなモノってあるよね。

スポンサーリンク

ある物を使いたい、ただそれだけのために、使う理由を探してしまうこと。時々ありませんか?

お気に入りの万年筆を使いたい、万年筆で何か字を書きたい、それだけのために、手紙を書いたり日記を書いたり。もしくは単に紙に意味もなく文字の練習をしてみたり。

今までにも何度もそういうことはありました。そして、それに今回、またもう一つ加わったかな、という気がし始めているのが、先日購入してご報告したMicrosoft Designer Bluetooth Mouseです。

[0816-201506] Chromebook用に話題のMicrosoft Designer Bluetooth Mouseを購入しました。 | Life Style Image

0822-201506_Microsoft Designer Bluetooth Mouse 01

正直、ちょっとイラッとくるような使いにくさもあります。

私はこのマウスはChromebook、Acer c720専用で使っているのですが、この機種との単なる相性なのか何なのか分かりませんが、ホイールでスクロールすると、時々一気に画面が飛ぶんです。それ、スクロールしすぎ、というような。そんな時が度々あるんですが、流石にそこはイラッときます。

気分よくサイトなんかを眺めている時にスクロールがスムーズにいかないんですから。

でも、それくらい。

私は「かぶせ持ち」ですがこのマウスだけは「つまみ持ち」

0822-201506_Microsoft Designer Bluetooth Mouse 02

最初はちょっと戸惑いました。今までのマウスはすべて無意識に「かぶせ持ち」(手をマウス本体にかぶせるように、指の腹と手のひらで包み込むように持つ)で使ってましたから、こんな薄いタイプだと使いにくいんです。けれど、それも「つまみ持ち」(指先でつまむようにホールドする。親指、薬指、小指で支える感じ。)に変えたらまったく気にならなくなりました。

ほかは特に不満はないけれど、それ以前に何故か妙に使いたくなる魅力がある。

これ、うまく説明できないのが悔しいのだけれど、それで冒頭で万年筆の例を挙げてみました。まさにあんな感じです。妙に使いたくなるんですよ。元々ブログ更新はChromebookメインでしたが、ここ最近フットレストやアームスタンド、デスクマットの購入などでデスクトップでの作業が格段に快適になったので、半々くらいになっていたんです。それが一気に戻された感じです。Chromebookでこのマウスを使いたくて仕方がない。

もちろんデスクトップで使えば良いだけなのかもしれませんが、幸か不幸か我が家のPCはBluetooth 4.0対応してないんです。わざわざ買わないといけません。

そのうち飽きるのかもしれませんが、今だけでもこういう気持ちにさせるところは素晴らしい。

0822-201506_Microsoft Designer Bluetooth Mouse 03

持ち運びも苦になりませんしね。どこにでも持ち歩きたい気分です。きっとこれからいろいろと欠点も見えてくるかもしれません。そして一時的な熱で、そのうち飽きるのかもしれません。日常になるとも言えます。

でも、例え一時でもそういう気分にさせてくれるツールというのはなかなかないものです。マウスだと特にそう。滅多に買い換えることのないモノの一つですし。そんな中でこのマウスに出会えたというのは、幸運だったのかなぁ、と思っています。

もちろん今回もChromebookとこのマウスで更新してます。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。