[かぶ] GRD3+Eyefi mobi+Acru。更に使い勝手が上がった私のメインの撮影環境。

[かぶ] GRD3+Eyefi mobi+Acru。更に使い勝手が上がった私のメインの撮影環境。

スポンサーリンク

今まで何やってたんでしょうね。本当に。これほど便利ならサッサとやっておけば良かったです。それくらい、ここしばらく、GRD3は常に持ち歩いています。

0777-201505_GRD3

転送機能付きコンデジが色々ある昨今ですが。

Eyefi mobiはガジェット好きには今更感があるでしょうし、今ではカメラ自体にWi-Fi機能が付いているものも結構あります。

[かぶ] Eyefi mobi 16GB導入。おかげで眠っていたリコーGRD3がZenfone 5とコンビで復活したよ。

ただいま高級コンデジとしては定番中の定番となっているSONYのRX100m3辺りを買えばまったく問題も不便も無いどころか当分の間満足が継続すると思います。

”最強コンデジ”の名は伊達じゃない!一眼レフに代わり「SONY RX100m3」が旅行の必需品となりました。|レビュー

ソニーの高級コンデジ「RX100M3(8万円)」はブロガーのためのカメラだ! : まだ東京で消耗してるの?

でもね、私、GR使いたいんです。

人をギャフンと言わせられる理由なんてないんですが、単に好きなんですよ、GRが。何故か。人に何言われようとChromebookが好きで、普通買わないだろ、方向性が違う、と言われ続けているPixel2を本気で購入考えている私の考えていることなので、説得力なんてありません。好きなんです。

0752-201504_Zenfone5 Photo 02

次買うとしたら、きっとまた現行GR買うと思います。既に欲しくなってますが、今の使い方程度では勿体無いのでもう少しGRD3を使い込みます。

うわ、もう5万円台なのか。今気づいた。

前回、何も加えず、そのまま持ち出すのが一番と書きましたが。

そして、GRD3。楽しめる自分になりたくて、色々オプション付けたり、ショルダーストラップ付けたりしましたが、そんなことするよりも何も付けずに、いつでもどこでもすぐ取り出して撮りたい時にひとまず撮る。これが一番活かせるようですね。気負わず取り敢えず枚数撮る。

[かぶ] Eyefi mobi 16GB導入。おかげで眠っていたリコーGRD3がZenfone 5とコンビで復活したよ。

そう書きながら、カメラストラップだけは付けてます。昨年秋に買った、Acruの「GRmodel カシェTYPE2」ショルダーストラップです。

2014-10-20 12.34.31

冒頭の写真のように、グリップ側に両方を付けて、首からぶら下げてフラフラしております。ポケットに突っ込んで歩ける大きさと言われますが、どうもポケットの膨らみが気になってしまって鞄に入れたくなるので、それなら気に入ったショルダーストラップをつけて使ったほうが良いかな、と。

カメラ男子なんてカワイイものではなく(男子がカワイイかどうかは別)どこかのお上りさんみたいに見えてしまう恐れもありますが、とりあえずどこでも気軽に撮れる良さには代えられません。

スマホのカメラの代用メインなら、この大きさが最適だと思います。

これ以上大きかったり、重かったり、嵩張ると持ち歩かなくなってしまうんです。元々カメラ好きなわけではないので。それならスマホで充分じゃん、ってなってしまうんですが、こうしたブログ書いていたり、ちょっとした時に写真として残しておきたい、程度の人間にはまさに最適です。

その際の不便さを補ってくれるのがEyefi mobiであったり、転送機能だったりするのかな、と。あらゆる機種に対応している訳ではありませんが、お気に入りのコンデジをもっと持ち歩いて楽しみたい、という方にはEyefiは救世主みたいなものですね。ホント、感謝しております。

Mobi Proであれば、RAW画像も転送できたりと機能も増えますし、Eyefiクラウドの1年分の利用権付きなので何かとお得ですが、気軽に始めるには¥3,000-程度のmobiで充分だと思います。ちょっと高めのSDカード買ったと思えば良いので。

Eyefi(アイファイ)カード – WiFi内蔵カードでカメラからワイヤレス転送 | Eye-Fi Japan

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。