[かぶ] ASUS ZenWatch 3のレビューに際しての、改めて私のスマートウォッチに対する想い。

昨日入手したASUSの新作スマートウォッチ、ZenWatch 3(WI503Q)について、早速Life Style Imageで最初のレビューを書きました。

[1379-201612] ASUS ZenWatch 3(WI503Q)レビュー。まずは機能より大切な腕時計としての魅力を考えてみる。 | Life Style Image
ASUSのスマートウォッチの新作、ZenWatch 3(WI503Q)を入手しました。発売日以降、ネット、店頭ともに在庫がなかなか無く、実物を実際に見ることもほとんど出来なかったのですが、先日参加させて頂いたASUSのイベントにてようやく実際に見ることが出来ました。 今週に入ってようやく少しずつ再入荷してきているようでしたので、急いで入手。数日使っていますが、大変気に入っています。そこで、これから使っていく中で感じたことをその都度書いていきたいと思っています。 今回はスマートウォッチ以前にまずは腕時計としての魅力を考えてみたいと思います。 例えスマートウォッチであろうと、日々身につけるモノであることに変わりはありません。その点に魅力がなければ問題外です。 そこで今回はスマートウォッチとしての機能面については一切触れていません。私自身がスマートウォッチに求めている機能自体が「通知」くらいであり、余分な機能を色々中途半端に付けるくらいなら、いっそ無くしてその分腕時計、普段使いのツールとして特化させて欲しいと思ってます。 今回のZenWatch 3も勿論Android Wearとしては最新作ということで色々な面で改善されてはいると思いますが、ベースは従来のAndroid Wearに過ぎません。その今まで感じていた不満な点などがどの程度解消されているか、という点は確かに気になるのですが、今回はそれよりも、まずは身につけるモノとしての腕時計としての魅力について見ていきたいと思います。 たった数日でも、「いいな」と思う瞬間が偶然訪れる、普通に良い腕時計。 カタログ上のサイズは直径45mm、スマートウォッチだから、といって格別大きい訳ではありません。最近は腕時計も従来の36~38mmから少しずつ40mmオーバーが普通になってきていますし、その傾向から考えればむしろ直径自体よりも文字盤やその他ケース仕上げとのバランスが大きく影響してきます。 ベゼルの太さは4mm(うち半分2mm部分で角度を付けています)、文字盤(液晶)自体は直径34mmをほぼフルに使えます。円形による中に表示される通知等の文字の見にくさは若干ありますが、腕時計と考えれば非常に綺麗なバランスかな、と思います。

今回はスマートウォッチとしての機能についてはほとんど触れていませんが、時計としての魅力について書く気になれたのも、ひとまずAndroid Wearとしての基本性能が、この2日間使った限りではひとまず使い物になっているな、と感じたからです。

スマートウォッチの一番の欠点は、「スマートフォンと連携してあれも出来ます。これも出来ます。」と押し出したいあまりに、中途半端な使い勝手でしかない機能をあれこれ詰め込み過ぎて、その結果肝心の「電池の持ち」であったり、「腕を傾けないと時間が分からない(表示されない)」といった基本的な欠陥が生じてしまっていることではないか、と思っています。

そうした部分が、何となく「コレ作っている人たちって、正直なところ腕時計使ってないし、好きでもなんでもなくて、このスマートウォッチ自体もきっと着けないんだろうな」という気にさせてしまうのです。

それだったら無理に腕時計にする必要なんてなくて、いっそウェアラブル端末(ガジェット)にしてしまえば良いのに、中途半端な完成度の腕時計にしてしまうから(腕時計なら着けるだろう、便利だろう、と思ったのだろうけれど)、腕時計としての粗が見えてしまうのだと思います。

と、ちょっとキツい書き方をしてしまったけれど、私自身はスマートウォッチ自体は結構好きで、今回のZenWatch 3で6モデルになります。だからこそ、現状の何となく「中途半端な立ち位置」がもどかしいし、腕時計好きとしても切ないな、と感じています。

今回のZenWatch 3に関してはひとまずこの2日間使った限りでは時計として考えても結構気に入っていて、これからも少しずつ書いていきたいと思っていますが、その前に一度こちらでも私のスマートウォッチに対する想いについて触れておきたかったので、今回書いてみました。

ASUS ZenWatch 3 (WI503Q) | ZenWatch | ASUS 日本

[1379-201612] ASUS ZenWatch 3(WI503Q)レビュー。まずは機能より大切な腕時計としての魅力を考えてみる。 | Life Style Image
ASUSのスマートウォッチの新作、ZenWatch 3(WI503Q)を入手しました。発売日以降、ネット、店頭ともに在庫がなかなか無く、実物を実際に見ることもほとんど出来なかったのですが、先日参加させて頂いたASUSのイベントにてようやく実際に見ることが出来ました。 今週に入ってようやく少しずつ再入荷してきているようでしたので、急いで入手。数日使っていますが、大変気に入っています。そこで、これから使っていく中で感じたことをその都度書いていきたいと思っています。 今回はスマートウォッチ以前にまずは腕時計としての魅力を考えてみたいと思います。 例えスマートウォッチであろうと、日々身につけるモノであることに変わりはありません。その点に魅力がなければ問題外です。 そこで今回はスマートウォッチとしての機能面については一切触れていません。私自身がスマートウォッチに求めている機能自体が「通知」くらいであり、余分な機能を色々中途半端に付けるくらいなら、いっそ無くしてその分腕時計、普段使いのツールとして特化させて欲しいと思ってます。 今回のZenWatch 3も勿論Android Wearとしては最新作ということで色々な面で改善されてはいると思いますが、ベースは従来のAndroid Wearに過ぎません。その今まで感じていた不満な点などがどの程度解消されているか、という点は確かに気になるのですが、今回はそれよりも、まずは身につけるモノとしての腕時計としての魅力について見ていきたいと思います。 たった数日でも、「いいな」と思う瞬間が偶然訪れる、普通に良い腕時計。 カタログ上のサイズは直径45mm、スマートウォッチだから、といって格別大きい訳ではありません。最近は腕時計も従来の36~38mmから少しずつ40mmオーバーが普通になってきていますし、その傾向から考えればむしろ直径自体よりも文字盤やその他ケース仕上げとのバランスが大きく影響してきます。 ベゼルの太さは4mm(うち半分2mm部分で角度を付けています)、文字盤(液晶)自体は直径34mmをほぼフルに使えます。円形による中に表示される通知等の文字の見にくさは若干ありますが、腕時計と考えれば非常に綺麗なバランスかな、と思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク