[かぶ] ASUS 9月28日14時より新製品発表会「Zenvolution – 進化し続けるASUSのZen -」の様子をライブ配信。

一週間後は待望のASUS新製品発表会「Zenvolution – 進化し続けるASUSのZen -」が開催されますが、その様子が当日YouTubeでライブ配信されるようです。

「Zen」の進化の瞬間を見逃すな!
2016年9月28日14時よりASUS新製品発表会「Zenvolution -進化し続けるASUSのZen-」の様子をライブ配信。

さらに、ライブ配信を観ると発表される最新製品が当たるキャンペーンも同時開催致します。

当時の発表会ライブ配信とキャンペーンについては、こちらをご確認ください。

ライブ配信・キャンペーンサイト : http://woobox.com/fnmooh

平日の昼間(14:00 – 15:00)ということで、ライブ配信で見るのは難しい方も多いかと思いますが、以前ZenFone Zoomの発表会の際にはその後もYouTubeで見ることが出来たので、今回も可能ではないかと思います。

今回のキャンペーンの賞品として

■賞品
両面ガラスにZenならではのスピン加工を施した新製品 1台 × 2名様
* 賞品の選択はできまねますので、予めご了承ください。
* 色の選択はできかねますので、予めご了承ください。

(中略)

・賞品は、10月中旬を目安に発送いたします。ただし遅れる可能性もございますのでご了承ください。

といった記載もあることから、ひとまずZenFone 3の10月中の発売が予想されます。ここ最近各国で続々とZenvolutionが開催される中、日本での開催がようやく来週ということで大変楽しみにしています。

私自身は既に待ちきれずにTW版のZenFone 3(ZE520KL)を入手してこの1ヶ月ほど愛用していますが、大変気に入っています。

[1317-201608] ASUS ZenFone 3(ZE520KL)レビュー。日本発表、発売が本当に待ち遠しい、バランスの良いDSDSモデル。 | Life Style Image

[1319-201608] ASUS ZenFone 3(ZE520KL)使用一週間。早速落下させましたが、使っていて気付いたこと。感じたことなど。 | Life Style Image

[1333-201609] ZenFone 3(ZE520KL) 純正VIEW FLIP COVERは今回も期待を裏切らない良カバーです。 | Life Style Image

国内で発売されるにあたって気になっている点は1つ。

「シャッター音はどうなるのか。恐らく無音は厳しいとしても、せめてボリュームボタンでの音量調整が可能になっているか。」

勿論価格や展開されるサイズとカラーも気にはなるのですが、個人的に今までのZenFoneはこのシャッター音だけが非常に残念だったので。ちなみに既に発売されている世界標準(シャッター音の調節が塞がれていない)モデルでは、そのまま普通に使った場合のシャッター音は相変わらずセンスのない耳障りなノイズです。ただ、ボリュームボタンで大きさは調整出来ますし、マナーモードにすれば無音になります。(勿論設定でシャッター音のみオフにすることも可能。)

[1270-201606] ZenFone 3の最も大きな進化。それはカメラのシャッター音の調節機能だと思う。 – ASUS COMPUTEX TAIPEI 2016 TOURにて (7) – | Life Style Image

シャッター音の話をするとすぐ「犯罪ガー」と言われますが、最近は所構わずシャッター音とスクリーンショット音を鳴り響かせることのほうが、その内「スマートフォンのスクリーンショットの音が五月蠅いと口論になり、電車を降りたところで殴る蹴るの~」といった犯罪が起きそうで心配です。iPhone相変わらず五月蠅いですし。

この辺りはライブ配信では分からないと思いますので、当日参加されるメディア関係の方には是非横並びのスペックと価格だけの情報ではなく、この辺りを発信して欲しいな、と思っています。私も発表されるモデルによっては日本版も改めて入手したいなぁ、と思っています。

追記:2016年9月28日 16:15 更新

本日開催されたZenvolutionにて国内発売モデル3モデルが発表されました。

モデル名 型番 主要スペック 税抜価格 / 税込価格
ZenFone 3(5.2インチ) ZE520KL SD625 / 3GB / 32GB 39,800円 / 42,984円
ZenFone 3 Deluxe(5.5インチ) ZS550KL SD625 / 4GB / 64GB 55,800円 / 60,264円
ZenFone 3 Deluxe(5.7インチ) ZS570KL SD821 / 6GB / 256GB 89,800円 / 96,984円

今回発表された3モデルと価格、販売時期やカメラのシャッター音についてなど、感じたことを早速書いてみました。

[1341-201609] ASUS ZenFone 3の国内発売と価格設定(及び気になるシャッター音)について改めて感じたことを書いてみます。 | Life Style Image
今日開催されたZenvolutionで、日本でもZenFone 3が正式に発表されました。既にご存じの方も多いと思いますが、様々な製品の中でひとまずZenFone 3シリーズについて整理してみます。 モデル名 型番 主要スペック 税抜価格 / 税込価格 ZenFone 3(5.2インチ) ZE520KL SD625 / 3GB / 32GB 39,800円 / 42,984円 ZenFone 3 Deluxe(5.5インチ) ZS550KL SD625 / 4GB / 64GB 55,800円 / 60,264円 ZenFone 3 Deluxe(5.7インチ) ZS570KL SD821 / 6GB / 256GB 89,800円 / 96,984円 この辺りは大手メディアが続々とプレスリリースはじめ正確かつ細かい情報を上げてくださることでしょうから、こちらでは今回のZenFone 3発表で感じたことについて書いてみたいと思います。 今回の発表と価格設定について改めて感じたこと。 予想価格より少し高めで設定してきたかな、という印象。昨夜は情報が漏れていたようで一部ではお通夜状態になっていました。ただ、これに関しては「仕方ない」かな、と思います。 「仕方ない」のは「日本価格と展開時期」、そして「お通夜状態」それぞれです。 「日本価格と展開時期」については仕方ないと思います。 少しジャンルは異なりますが、私も以前革靴では国内外の価格差に憤慨したり、その中で直接本国から仕入れたりして「得した」気分になっていた頃もありました。高級紳士靴なんて日本とその他の国で2~3倍価格差があることもザラでしたので。 ただ、これには色々なその国毎の事情もあり、市場規模や国民性、法律や税率の問題など様々な要因が絡んできます。単純に物価だけで判断出来ない部分もありますし、原価で騒がれることもありますが、それもナンセンス。勿論安い方が入手しやすいですし、価格差があると損した気になる気持ちも分かりますが、であれば買わなければ良いんです。 この辺り書き始めると長くなるので省きますが、今回のASUSに関しても日本市場を考えると決して法外なわけでは無く、むしろ順当かな、という気もしています。 とはいえ勿論「お通夜状態」だったのも仕方ないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク