[0844-201506] 【PR】5200mAhでこの大きさと形は普段使いであれば絶妙のバランスじゃないかと妻を見ていて思う。OMAKER S-X3 レビュー

[0844-201506] 【PR】5200mAhでこの大きさと形は普段使いであれば絶妙のバランスじゃないかと妻を見ていて思う。OMAKER S-X3 レビュー

スポンサーリンク

OMAKER様からご提供頂いた5200mAhモバイルバッテリーS-X3。既に3回目のレビューになりました。

0844-201506_battery 01

3回に渡っていますが、別にものすごく特徴的なバッテリーというわけでもなく、普通の代物です。実売2千円弱の。

でもこの普通の代物というのが意外とない。

結局2回目までのレビュー以降、妻が毎日持ち歩いています。ちょうど妻のモバイルバッテリーが古くて愛用しているiPhone 6 Plusだとほとんど充電出来ない、ということもあったので。

0844-201506_battery 01c

で、せっかくなので妻に使い勝手を聞こうと最初の頃は「どう?」と訊いていたんですが、「別に私が感じるような感想は既にブログに書いちゃってるでしょ」と言われるくらい普通に使われています。敢えて言うなら「いいと思うよ。」くらいでしょうか。

でも、この「いいと思うよ」と言ってもらえるようなモノというのは意外と他で探しても見つからなかったりするものです。

容量5200mAh、Input 1.0A、Output 2.1A。手頃な大きさでひとまずすぐ充電できる。

0844-201506_battery 02

各社の現行モデルと比べても特段何か優れている訳ではありません。劣ってもいませんが。ただ、今回の石巻にも持っていきましたが、まったく不便を感じさせず、先ほどようやく明日に備えて英気を養っているところです。

0844-201506_battery 01b

iPhone 6 Plusだと2回フルで充電は出来ませんが、充分でしょう。妻の場合は本当にギリギリ(残り4%とか)にならないと充電しないのですが、かなり早く充電してくれますし、邪魔にもならない。そしてこの容量を考えると、Outputも1つで充分のような気がします。

今回私が石巻に持っていったAnker Astro E5。

今回私はAnkerのAstro E5を持っていきました。

0844-201506_battery 03

こちらは流石にスペックは一段階上です。私のスマホ2台持ち状態も、また石巻中及び今日も時折スマホに充電しながらも、未だに残量ランプは4つとも点灯しています。さすが16000mAh。

容量16000mAh、Input 2A、Output 3A。流石に安心感は違います。

0844-201506_battery 04

これだけあると私のようにタブレット端末すら最近は使っていない人間には多すぎるくらいです。しばらく充電必要ないでしょ、というくらい。それが却って充電しておくタイミングを見誤る心配はありますが、そこまで一気に使うこともないので。

そう考えると、私にとってはオーバースペックだったわけです。今回の石巻などに持っていくなら、他に充電器は一切要らないくらいの安心感は与えてくれますが。

妻を見ていてつくづく思う、全く意識せずに必要に応じて適当に使えることの素晴らしさ。

スペックガーとか言い始めると、確かに楽しいんです。出力MAXで3Aあるんだ、とか、これはだいぶ前のだから見てみると1.2Aしかないとか。

0844-201506_battery 06

311以降、ずっと私の手元にあったPES-8800です。でもOutput 1.2Aであることに何か不便を感じたかと言われれば、全くありません。

それよりも、却って重さや充電の手間(MicroUSBではない)を考えると、結局あまり使う間もなく、気がついたら買い換えていました。

それに比べて妻の使い方はまさに日常の道具。

まったく気にしていませんから。必要な時にポーチから出して適当に充電しながらiPhone触ってる。いくらスペックが良くても容量が多くても、重ければ嫌がるし、嵩張れば持ち歩こうともしません。

その代わり、先代のモバイルバッテリーはかなり使い込まれました。私のPES-8800より余程幸せな生涯を送ったはずです。

そう考えると、今回のこのOMAKER S-X3は妻は何も言わずに適当に放り込んで石巻にも持っていきました。容量も特に不便も感じてはいないようです。重さなんて一言も口にしたことがない。別に敢えてコメント求められても話すこと何もないんだけど、くらいの自然さです。

反面、私は今日もAstro E5を持っていくか、ちょっと迷った。

0804-201505_Astro E5 01

少しだけ大きさが引っかかったんですね。持っていかなくても良いんじゃないか、と思ったのです。その時、ふと妻のOMAKER S-X3を思い出しました。あれなら楽だな、と。あれくらいなら気軽に使えるな、と。

これはAstro E5がダメなのではなく、私にとってオーバースペックで、どこか気負いと意識が入ってしまうのだと思います。少し自分の日常生活には、持ち物には、少しだけ場違いになってしまうような。良いモノなんですが。

今もE5を購入したことは全く後悔していません。いや、これがあるから、安心していられる部分はあります。それくらい16000mAhは大きい。素晴らしいバッテリーです。

ただ、ちょっと毎日ポケットなり鞄の隅に何気なく入れて持ち歩きたいな、と妻のS-X3を見ていて思いました。

そのバランスが、絶妙なんでしょうね。妻にはこのまま日常の一部の道具として使い続けて欲しいので、自分用にやっぱりもう一つ同じものを買ってしまおうかと今考えています。

提供されたから言うわけではなく、結構これ、良いですよ。未だに触り心地好きですし。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。