[0803-201505] AREAデスクトップアームスタンド CA-700(Just MyShop先行販売モデル)をようやく購入しました。

[0803-201505] AREAデスクトップアームスタンド CA-700(Just MyShop先行販売モデル)をようやく購入しました。

スポンサーリンク

昨年から言い続けていましたので、ようやくか、といったところではありますが、AREA デスクトップアームスタンド CA-700iconJust MyShopicon先行販売モデル)を購入、本日届きましたので早速ご報告致します。

0803-201505_CA-700 02

昨年夏にスマホ腱鞘炎気味の症状に悩まされて。

今はだいぶ落ち着いていますが、その時にはかなり親指の付け根だけでなく、腱鞘炎という言葉もかなり意識するようになりました。

[0327-201409] 整骨院に通いながら、親指の付け根の痛みについて調べてみる。

今も当ブログでアクセスが常に上位にある文章ですが、サポーターは若干べと付くのと汚れが気になるのでその後使わず、今はハンドクリームでの意識的なマッサージとストレッチを常にするようにしています。

昔からマウスを使っている時、右肩を無意識に上げてしまう癖が。

パソコン自体は高校入学当初からですので既に22年ほどになるのですが、特に大学に入った頃からだと思います。集中するとマウスを持つ右腕を少し上げてしまう癖が出来てしまいました。姿勢やキーボード、マウス周りの環境の問題もあると思うのですが、これが右肩の痛みに繋がるようになっていました。

腱鞘炎よりもまずは肩の痛みが辛かったですね。

なるべく意識するようにして、肩を上げていることに気付いたら一度力を抜いてすとんと肩を落とすようにしているのですが、それでも未だに時々やってしまいます。

以前から気になっていたアームスタンド。今回フットレストを購入したことも背中を押した。

このアームスタンドに関してはブログを以前から読まれている方はご存じのように散々欲しい欲しい言っておりました。ただ、なかなか購入に踏み切れずにいたのですが、今回、先日フットレストを購入したことで改めてデスク環境を見直そう、改善しようと思い始めまして。それが後押しする形になりました。

[0800-201505] デスク周り環境改善中。サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 100-FR001を購入しました。

これ、使用3日目ですが、既にかなり気に入っています。どこにどう置いてイスの高さをどうするか、など最初に合わせるまではいまいちしっくりこないのですが、一度合うと非常に心地よいですね。

さて。今回のAREAデスクトップアームスタンドCA-700

0732-201504_AREA CA-700
AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just MyShopicon

同様の商品が現行品はCA-500(マウスパッドなし)とCA-600(マウスパッドあり)と出ていますが、

今回購入したのは私が最近大変お世話になっているJust MyShopの先行販売品CA-700です。

0803-201505_CA-700 01

現行モデルCA-600との違い。

0803-201505_CA-700 03

かなり分かりにくい写真ですが、この机を挟み込む、クランプ部分を締めたり緩めたりするネジがCA-600までは外向き(下向き)に出っ張って付いていたんです。この写真の見えない奥の部分です。役に立たない写真だな、これ。

これが机下だと足に触れて邪魔になる、といったことがあるようで、今回のCA-700では内側(上向き)に入っています。私としてはあまりこの辺り足が元々ないのでそれ程違いは感じられませんが、細かい部分で改善してきた、ということでしょう。

0803-201505_CA-700 05

肘置き部分のゲルパッドとマウスパッドの部分が改良されて360度回転するようになったことで、可動域が増えたそうです。私、CA-600を持っていないのでこの辺りの違いは良く分からないのですが、現行CA-600の製品ページと今回のCA-700のページのイラスト等を眺めてみると、可動域や関節周りが地味に変わっていることに気付きます。負荷も最大で10kgまでだったのが11kgに増えているのは誤差の範囲内でしょうか。

AREA ―エアリア― |CA-600 アームスタンド
AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just MyShopicon

キーボードの位置を今までより前に持ってくることで、常に肘を乗せたままマウスとキーボードが使える。

0803-201505_CA-700 04

まぁ私のキーボードの配置位置が問題だったのかもしれませんが、比較的奥の方に置いていたんですね。GLEN HERITAGEのオリジナルレザーマットも使っていましたので、目の前を広く取りたかったのもあります。

今回このレザーマットをキーボードの下に敷くような形で、キーボードを手前に寄せたところ、最初ぎこちなかったのですが非常に楽になりました。ちなみにくどいですが、この愛用のキーボードは東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデルiconです。東プレ、素晴らしいです。またこのちょっとレトロな配色がまたたまりません。

今回のアームスタンドで、全体的に体勢が後ろ寄りになった。

なにせアームスタンド自体を机の前面に付けるので、自然とマウスが手前に近づきます。となるとキーボードも手前に寄ってきますし、と考えると、より快適な姿勢にするためにはイス自体も少し引き気味でゆったり使う方が楽になります。フットレストもかなり前に動かしました。

全体的に液晶モニターからの距離が今までよりだいぶ離れたかもしれません。この辺りの高さと角度のバランスはまたこれから少しずつ調整していきますが、それでもそれ程違和感がないのはありがたいです。

ひとまずよく動かす右腕は楽になったけれど、こうなると左腕用も欲しくなった。

キーボードレストを買えば良い、という話もあるのですが、いっそマウスパッドなしのCA-500を左腕用に購入しても良いかな、と。今の状態だとマウスパッドの高さ分、右腕が左腕に比べて若干高くなってしまっているんです。これがどこかで影響してくるかもしれませんので。

とりあえず右手首の付け根小指側部分にどうしても出来てしまうマウス(キーボード)だこ?のような固まりが少し緩和されてくれれば嬉しいのですが、ここまで出来てしまっていると難しいかな。傷み等はないんですけどね。それだけこの部分に力と重心もかかっていたんでしょうね。

一瞬大きな違いがなさそうに見える現行モデルCA-600とJust MyShop先行販売品CA-700。あくまで先行販売に過ぎず、その内一般にも販売されるとは思いますが、今もしアームスタンドを探されているようでしたら、700をお薦めします。さすがに一太郎だATOKだと30年間、日本の入力を支えてきた代表的なメーカーだけあって、入出力周りのセレクトは大したものです。これ、いいですよ。なんでもっと早く買っておかなかったのか。いつも言っている台詞ですが。

0732-201504_AREA CA-700
AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just MyShopicon

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。