[0800-201505] デスク周り環境改善中。サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 100-FR001を購入しました。

[0800-201505] デスク周り環境改善中。サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 100-FR001を購入しました。

スポンサーリンク

立ち机の時間がかなり増えてきたとはいえ、気合を入れていろいろと作業をしなければならないとき、デュアルモニタで作業をしたい時など、まだまだ通常のPC環境は必須です。となると、座っている時の負担を軽減する方法をいろいろ考えなければなりません。

また妻は基本的に座っての作業しかしませんし、私よりも遥かに時間も長く、また私以上にかなり腰がひどい状況です。これは夫としても一肌脱がなければ、と思い、勝手にフットレストを買いました。Amazonで2,480円。昨日届きました。

ひどい腰痛持ちほど、腿はパンパンです。

若い頃から腰痛に悩まされていて、大学入学直後にヘルニアで四半期程度ほとんど学校にも行けず(座れない)苦しんだ私は、最近はすっかり立ち机愛好家となっています。

[0748-201504] 最近腰が大分厳しくなってきたので、スタンディングデスク(立ち机)を考えた。

また、腰がかなり辛くて、腰だけいくら指圧やマッサージをしても改善されない方の場合、腿裏からふくらはぎにかけて、下半身全体がパンパンの場合も多々有ります。(姿勢によっては背中や首が庇ってしまってこちらが張っている方も)。

[0559-201501] 今回の帰郷で改めて考えた、腰痛と腿裏の関係。

東洋医学的には腰痛はお尻、腿を通してふくらはぎから足の指へと抜いていくそうです。

座って作業をしている時間が長くなれば長くなるほど、腰にとってはよくありません。立ちっぱなしも良いわけではありませんが、座っているとつい長時間同じ体勢で固まってしまいがちなので余計に良くないのでしょうね。

妻と私は共用PCなので机も椅子も共用。

0800-201505_flowers 01

これは仕方ないのですが、となるとどちらかが極端に負担となってしまうか、もしくはどちらにとってもそのままでは中途半端な環境になってしまいます。なにせ妻との身長差だけでもそれなりにあるわけですし。

妻は椅子をとことん下げて座ります。いや、本当はもう少し上げたほうが姿勢は良くなるのですが、どうもその体勢が好きみたい。腰には良くなさそうです。

反対に私は一番高くしてしまいます。これがもっとも快適なのですが、この場合若干足が浮いてしまうんです。腿裏がだいぶ椅子に圧迫されているのを今まで感じてきました。

妻にしても下手に高くすると今度は足が届かなくなるのが心配というのもあるのでしょう。どちらにとっても良くないんですね。

ということで、届きました。エルゴノミクスフットレスト 100-FR001

0800-201505_Ergo Footrest 02

帰ってきた妻にいきなり言われました。「高級感はないね(=ちょっと安っぽいね)」でも調べてみたらこれがAmazonではそれなりに評価が高かったんです。値段も手頃だし。

素足で乗ると滑らず足の収まりも良く快適ですが、ソックスを履いていると何となく表面を滑ります。ツルツルではありませんが。個人的には裸足オススメ。

0800-201505_Ergo Footrest 03

滑り止めがついてます。構造も比較的シンプルです。

かなり力入れて押さない限り、ほとんど床で動くことはありません。

0800-201505_Ergo Footrest 04

足で簡単に角度を調整できる(20°程度)仕組みはこの比較的シンプルな構造。

0800-201505_Ergo Footrest 05

でもきっとこのシンプルな構造でスムーズに動き、故障しないようにするのはそれなりに労力が必要なのでしょうね。

妻は意外と気に入ってくれた模様。私も案外良いかな、と思い始めています。

「高級感ない」と言っていた妻ですが、昨夜はそれなりに気に入って使ってくれていました。妻の腰痛が少しでも改善されると嬉しいです。ちなみに寝るときに妻の腰をマッサージするのですが、ちょっと腿裏に触れるだけで悲鳴上げて半分キレるくらいにパンパンで痛いようです。これも少しずつ改善していけるとだいぶ腰痛も楽になるのですが。

私はこのフットレストだけだとイマイチ腿裏の圧迫感が和らいだ気がしなかったのですが、少ししてから外してみたら、もっと圧迫されてました。それなりに効いていたのね。

ということで、更に椅子への座り方も変えました。このフットレストがより良く機能しそうな位置と角度と座り方。こういうの突き詰めていくの、好きなんですよ。

こういうツールって手頃な分、効果も見えにくくてつい後回しになってしまうけれど。

0800-201505_flowers 02

似たようなものが大量に出回っていて、何が良いのか分からなくて結局後回しになってしまうことが多いと思うのですが、それこそもったいないと思うんですね。とりあえず試してみるだけでも価値はかなりあると思います。意味なくても2500円前後ですから。もっと安いのもありますし。

それでも慎重になりたい方は、ひとまず足の部分に足乗せ台としてダンボールでも木の箱でも雑誌でも置いてみると良いかもしれないですね。ただ、手頃なものを探すことのほうが面倒になっちゃって結局やらない人も多そうです。

個人的には、いや、私たち夫婦としては購入して正解でした。実は恐らく明日着でもう一つ改善させるためのアイテムを注文しているので、そちらはまた届きましたらご報告したいと思います。これ、かなり期待しているモノなのです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。