[0795-201505] GLEN HERITAGE オリジナルレザーマット到着。この広さと感触は一度使ったらハマります。

[0795-201505] GLEN HERITAGE オリジナルレザーマット到着。この広さと感触は一度使ったらハマります。

スポンサーリンク

恒例のJust漬け。4月に突然復活が決まったGLEN HERITAGEのオリジナルレザーマットが昨日届きましたのでご報告です。

0795-201505_GLEN HERITAGE 03

本体の5倍近い厚さの段ボール箱に入れられて、予定日より1週間早く届いた。

何もかもが想定外。規格外でした。そんな分厚い段ボール箱の写真をあげても空しいだけなので、代わりにレザーマットの表面をあげます。

0795-201505_GLEN HERITAGE 04

適度なシボ感がなかなか良い具合です。ただ、一枚革ではなくて、表面にこの黒のレザー部分を貼って縫い合わせているからか、届いた当初、表面を指でなぞると中に少し余裕(空間)がありました。ちょうどスマホの保護シート貼ったら気泡が出来ちゃった、みたいな。ちょっと違うか。

そうした意味では今まで使っていたカンダミサコデスクマットのようにむき出しの革!革!革!といった感じはありません。その分上品。革の匂いもほのかに漂います。

一番の魅力はこの広さ。

奥行き30センチ、幅60センチはやはりありがたいです。ちなみにカンダミサコデスクマットはA4がちょうど収まるくらいのコンパクトサイズでした。

0795-201505_GLEN HERITAGE 02

これだとキーボード前面をほぼカバーしてくれるんですね。右にずらせばマウスパッドとしても使えるだけのスペースの余裕はありますが、私の使い勝手から、敢えてキーボード左側に少し余裕を持たせています。

レザーデスクマットって心地よいんです。

革本来の温かさ(冷たくない)と適度な柔らかさが、こうしたデスクでの作業にとってとても影響があります。もう、心地よい。ついつい触れていたくなってしまうんですね。これ、困ったものです、ほんと。

私、あまりキーボード入力中も腕は机から浮かせていないので、手首周りが痛くなることが時々あるのですが、レザーデスクマットを(カンダミサコさんのものの頃から合わせて)使い始めてから、そうしたことが一切無くなりました。そして、ハマりました。

0795-201505_GLEN HERITAGE 01

現在また売り切れ中になっていますので、再販売が決まらない限り同じモノの購入は出来ませんが、レザーデスクマットと、良いですよ。是非いろいろと探してみて下さい。

GLEN HERITAGE オリジナルレザーデスクマット | Just my Shopicon

デスク周りの環境が整うと、作業効率も気分も上がります。

今年に入っていろいろとデスク周りの環境も再構築していますが、増えてきているのがJust my shopの一太郎30周年記念ベストセレクションの数々。先ほどのレザーデスクマットも含まれています。

写真にもあるキーボード、東プレのREALFORCE108UW-HiProはもう手放せませんし、出来ればもう一台、立ち机用に欲しいくらいです。

東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデル | Just my Shopicon

0732-201504_REALFORCE108UW-HiPro

[0634-201502] 東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデルが届きました。

IMMEDIAの6ポートAC/USB急速充電器を単に黒赤が欲しくて買っただけだったのが、思った以上に使い勝手が良く、結果その後のAnker製品(4ポートUSB急速充電器)購入などにも繋がっています。

IMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器 IMD-A251JSR | Just my Shopicon

0732-201504_IMD-A251JSR

[かぶ] Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器とIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器を比べてみた。

とりあえずクドいくらいですが、レザーデスクマットが届いたことで、改めてCA-700が欲しくなってしまいました。

AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just my Shopicon

0732-201504_AREA CA-700

Just my Shopの魅力については、過去散々触れていますので、そちらも合わせてご覧頂けると嬉しいです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。