[0780-201505] Anker製の36W 4ポート USB 急速充電器とケーブル、ほか書籍を買ったのでひとまずご報告。レビューは改めて。

[0780-201505] Anker製の36W 4ポート USB 急速充電器とケーブル、ほか書籍を買ったのでひとまずご報告。レビューは改めて。

スポンサーリンク

細々としたものを色々と買いましたので、ひとまずご報告を。ほか、気になるモノも幾つか新たに出てきましたので、それは回を改めて書きたいと思います。

23日は「ネアンデルタールとサピエンスの交代劇の真相」

先日Facebookページでもご紹介したこちらのイベント。既に予約もだいぶ埋まってきているようですが、気が付けばあと10日ほど。

先程もご紹介した、「ネアンデルタールとサピエンスの交代劇の真相」。イベントページが出来たようですので、シェアしたいと思います。お時間、そして開催は東京の下北沢ですが、お近くの方は是非ご参加ご検討下さい。

Posted by Life Style Image on 2015年5月2日

興味を持たれた方は是非ダーウィンルームのサイトからメールでお申し込み下さい。

参考書籍となっている2冊を購入。これから読みます。

流石に今回それなりに妻が関わっている以上、またより当日の話の内容をしっかり楽しめるように、参考書籍となっている2冊を購入しました。

0780-201505_TodaysShopping 02

それなりにボリュームはあるのですが、こんな機会はなかなかありませんので。

[0635-201502] ネアンデルタール人を覚えていますか?絶滅の謎、そして交代劇。

こちらのプロジェクトの統括リーダーをされていた赤澤威先生の今回のようなお話をこうした形で一般向けに聴けるのは恐らく初ではないかと思います。沢山の方に知っていただきたい反面、あまり参加者が増えると、元々それ程広い会場ではないので、適度な参加人数で収まってほしいなぁ、と勝手なことを考えております。

勝手なこと言ってごめんなさい>DARWIN ROOMの皆さま。

折角だから合わせて色々購入したよ。

今回の2冊もいつもの通りAmazonで購入、ありがたいことにその日の内に届いたのですが、折角なので買おう買おうと思っていてなかなか買わずにいたものを幾つか合わせて注文しました。

0780-201505_TodaysShopping 01

Anker® 36W 4ポート USB 急速充電器

急速充電器に関しては、先月Just MyShopiconIMMEDIA 6ポートAC/USB急速充電器 IMD-A251JSiconを購入したばかりですが、その時に勿論Anker製も気にはなっていました。というか、恐らく普通は先にAnker製を考える気もしますが。

[0732-201504] Just漬けの私が6ポートAC/USB急速充電器を注文したので、恒例の気になるアイテムをチェックしてみた。

で、この充電器。大変便利でして。私の立ち机に置いてあるのですが、枕元に妻のiPhone用に充電ポートが欲しくなったのです。あ、出来れば私のZenfoneややKindleも。かと言って、立ち机のこの充電器をその度に持ち歩くのは面倒くさい。そして、枕元にコンセントがあるので、変にケーブルが長かったり、というのも何となく気になりまして。

そして探していて見つけたのがこちら。

4ポートながら、しっかりPowerIQ搭載で、ありがたいことにコンセント直挿しです。Anker製持ってない私としては試してみたかったし。

Anker® プレミアムライトニングUSBケーブル

折角急速充電器を買ったのであれば、急速充電に対応するライトニングケーブルも欲しくなるのが人情というもの。いや、それ以前に今使ってるケーブルが、妻のiPhoneだといちいちカバーを外さないと挿さらないという不便さで、「早く見つけてきてね」と言われておりました。

折角だから同じAnker製にしたよ。

Lightningケーブルって高いんですよね。本当はこちらの高耐久ナイロンのタイプを買いたかったのですが、ちょっと高いよ

非常に個人的には使ってみたかったので、Apple Watchを買って、改めてiPhoneを使うときになったら自分用にいつか買ってみよう。

[0776-201505] 結局、半分意地みたいなものでSoftbankでApple Watchを予約して思ったこと。

Anker® 高耐久ナイロン Micro USB ケーブル

その分、自分用にはちゃっかり高耐久ナイロン製を買ってしまいました。だってLightningと値段が全然違うんだもん。

今までケーブルなんて消耗品だと思っていました。どれも同じだと思っていました。でも、明らかに触り心地からして違います。うん、いま言えるのは取り敢えず触り心地だけ

とりあえずしばらく使ってみたら、改めて使い勝手をご報告したいと思います。え?とっくに使ってる?ごめんなさい。私、初めてでした。

このブログの訪問者層はもっと攻める男たちなのでしょうか。

最後に少し脱線しますが、Just MyShopiconに関しては過去何度も取り上げていますが、おかげで気に入って頂いた方も結構いらっしゃるようです。自分の気に入っているものを評価して頂けるというのは、やはり嬉しいものです。ただ、このG.W.中に最も売れたのがもっと攻める男のウエストバッグiconで、合計で10近く売れているのは、何か理由があるのでしょうか

0699-201502_PARK RANGERicon

このG.W.明けから色々新たに気になるモノが増えたので。

ちょうど楽天のポイントがいつもより多めに頂けたんです。ありがたい。そんなこともあり、ここ数日色々眺めているのですが、そうしてみると色々と揃えたいものが出てきてしまいまして。

でもそれを挙げると毎度のことながら長くなるので、改めてまとめて書こうと思います。

とりあえず冒頭の本、読み始めます。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。