[0735-201504] 今回の信大学長のあいさつをスマホで読んでバッフンバッフンしている人はスマホやめたほうが良いと思います。

[0735-201504] 今回の信大学長のあいさつをスマホで読んでバッフンバッフンしている人はスマホやめたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」

このコトバを読んで、ああ、あの信大のとんでもない学長が口走った暴言ね、と思った方、これ、最初にどこで知りましたか?

 「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」。信州大の入学式が4日、松本市総合体育館であり、山沢清人学長は、8学部の新入生約2千人に、こう迫った。

信大の入学式ですか?○○のニュースサイトだよ、Twitterだよ、Facebookだよ、という方。それ、既に学長のコトバじゃありませんから。
○○のニュースサイトの人のコトバです。TwitterやFacebookで呟いた人のコトバです。

そして、過剰反応したあなた。これ何で読みました?スマホですか?ならやめた方がよいです。スマホ。

見出しだけで釣られる人はそもそもスマホで情報収集は向きません。

OZP85_iPhonjidori500

昨日の朝日新聞デジタルに信州大学・山沢清人学長の入学式あいさつ全文が掲載されています。

信州大学・山沢清人学長の入学式あいさつ全文 | 朝日新聞DIGITAL

あくまで文章に過ぎませんから、実際の学長の声のトーンやその場の雰囲気といったものは一切入っていません。なので、これでさえ学長のコトバと言って良いか難しいかもしれません。ただ、そんな小難しいことをここでは言いたいのではなく。

これ、全文読みました?

今回の話も、そもそもスマホだと全文読まないよね?

PAK86_MBAnogamenwonozokubiz20131223500

いや、良いこと言ってますよ。でも私も大学に入った時、入学式で多分これと同じくらいのことを学長は言われていたんだと思います。私、入学式の記憶全くありませんが。良いこと言ってるんですよ。私もちゃんと聴いていればもう少しマシな大学生活を送れたかもしれません。

この中で学長はとても大切なことを言われました。

スイッチを切って、本を読みましょう。友達と話をしましょう。そして、自分で考えることを習慣づけましょう。自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。

今回のコトバの意味、ちゃんと自分で考えましたか?それともどこかのニュースサイトの見出しに刺激に反応しただけですか?

コトバの断片だけ捉えて、よく読みもせず反応するのはまさにその典型。

PAK93_kamikoppudekiku20140322500

スマホの画面って情報量が圧倒的に少ないです。えっ?大画面になった?それでも一画面にどれだけの情報表示出来ますか?先ほどの全文が書かれたサイトだって、全て読み終えるまでに何回画面をスクロールさせますか?その前に、多分読み終える前に他のページに飛んでますよね?

そうなると面倒なんです。インターネットの世界では、今長い文章が好まれなくなってきます。時間もありませんし、処理する情報も圧倒的に多い。

そこでどうするか。刺激的な文字や見出しだけに反応して捨て台詞のように暴言コメントやメッセージだけ書き捨てて次のサイトに飛んで行ってしまうんです。

自分で考えられないとスマホは単なる刺激をくれる酒やタバコと同じ。

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151500

人間一度に考えられるニュースなんて二つか三つが良いところです。その中から飽きたものはどんどん記憶の隅に追いやられて忘れられていきます。多分この信大学長のコトバも今日の午後にはあなたの記憶の中のニュースから消えていくと思います。その程度です。

コトバの一部分だけを拾って反応して、叩いたり茶化したりして楽しんだら、後は言いっ放しで次の情報にまた飛びついていく。何も考えない。これこそ学長の言われる、

スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもありません。スマホの「見慣れた世界」にいると、脳の取り込み情報は低下し、時間が速く過ぎ去ってしまいます。

スマホ依存症による弊害だと思いませんか?脳の取り込み情報だけでなく取り込み能力すら衰えていません?思考なんてありませんから。

全文読まずにスマホ云々でバッフンバッフンしてる人はスマホ止めた方が良いと思います。

LISA78_kuyasiiMBA20141018102736500

今回のニュースで、上の全文に行かずに、こちらのページのタイトルだけ読んで、この記事自体も中身を読まずに過剰に反応してしまった人は、スマホやめたほうが良いと思います

「スマホやめるか、大学やめるか」 信州大入学式で学長 | 朝日新聞DIGITAL

そういう意味では学長の言われることは正しいと思います。このページの途中に冒頭の「学長の入学式あいさつ全文」へのリンクが貼ってありますが、それすら行くの面倒になって行かなかった人、もしくはそれ以前に「スマホやめるか、大学やめるか」だけでこのニュース終了させちゃった人、周りに話さない方が良いですよ、そのネタ。同類としか盛り上がれませんから。

まさにあなたに向けられたコトバです。もしかして、石田純一が「不倫は文化」と言ったと未だに思ってませんか?

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。