[0699-201502] 最近の買い物は基本Amazonなのだけれど、Just MyShopだけは別腹だという話。

[0699-201502] 最近の買い物は基本Amazonなのだけれど、Just MyShopだけは別腹だという話。

スポンサーリンク

昨年末から続いている「Just漬け」。今のところ東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデルiconのみで済んでいますが、それは単に年末から2月にかけてChromebookなど幾つか他に欲しいものがあったから。そうこうしている内に欲しいな、と思っていたJUSTロゴ入 USB3.0ハブ付デスクトップシェルフ 通iconは売り切れてしまうし、他のモノも気が付けば在庫1などかなり悶々とした日々を過ごしています。特に上で挙げたデスクトップシェルフ 通が無くなったのは少々痛い。オークビレッジの本棚をデスクトップシェルフ代わりにしたのはそんな理由から。これも悪くないんですが、本棚なので。下のキーボードスペースはフルサイズのキーボードは入りませんし。

Just MyShop、意外と面白いよね。

最近は多角経営でそこそこ良好な売上を上げていると噂のJustsystem。先日一太郎2015も発売されましたが、私は正直当初はJust MyShopiconに関しては懐疑的でした。

0699-201502_Just my shop

多いんです、あらゆるジャンルに手を伸ばしたショッピングサイトを自社で始めてしまうパターン。けれどどれも価格的にイマイチで、心も踊らず、それなら似たものをAmazonなどで安く早く買ってしまったほうが良いじゃん、というもの。

そうした点で私の中でもJust my shop自体、Justsystem商品をダウンロード販売で購入するか、冒頭の東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデルのような自分の中で付加価値のあるものを一時的に購入するに過ぎませんでした。折角多少貯まったポイントも大して使える印象がなかったので、結局次回ダウンロード販売でソフトを買うときに使っていたくらいです。

[0634-201502] 東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデルが届きました。
0634-201502_Realforce_03

でもね、最近品揃え見てみると結構面白い商品あるんです。ここにきてようやく板についてきた、といったところでしょうか。また価格も意外と良心的なものも多い。私がいつもお世話になっているAmazonと比べても(Amazonが最安値ではないのだけれど、利便性を考えるとついAmazonが最有力になってしまう)遜色ないものも多々。物によってはオリジナルとしてこちら(Just my shop)で買いたいと思えるものもそこそろあります。

ONKYO パワードスピーカーシステム GX-500HD(B)

ONKYOのPCオーディオスピーカーの最高峰、GX-500HD。今PC用のスピーカーでこの値段まで出す人は少ないかもしれません。ただ、私のように昔からPCで何だかんだと環境を構築して音楽も楽しんできたものとしては、せめてこれくらいは出したくなるものです。これだけ出せばしっかりしたオーディオ環境が整います。

iconicon

これ、私もうかれこれ4年くらい前から欲しいな、と思っていながら価格的に後回しになっていました。実売3万円強なんですけどね。良いのも分かってはいたんですが。

ONKYO パワードスピーカーシステム GX-500HD(B)icon

こちらもJust my shopだと¥32,399-(税込)です。ちなみにAmazonだとこの値段。


うわ、リストプライス¥0-になってるよ。Amazonプライムの場合で今日の時点で¥33,613-、最安新品で¥29,200-のところがありますが、送料が別途¥1,139-かかるので、実質¥30,339-といったところ。まぁ、悪くない。Amazonで買っても良いと思います。ちなみに今、価格.comで調べたら最安価格は¥33,580-になっていました。

ところがですね、Just my shopだとこれにポイントが大幅に付くんです。プラチナ会員で9,000ポイント、シルバー会員でも6,000ポイントです。私、今会員ステータス見たら「ゴールド会員」だったので8,000ポイントです。これ考慮に入れると「実質」¥24,399-です。この「実質」って他に魅力的な商品が無ければゴミみたいなものですが、困ったことに私の場合Just my shopは過去の内容を見てもお分かりのように、結構欲しいのあるんです。

Targus City Intellect Backpack TSB819AP

Just my shop限定販売モデルだそうです。

0699-201502_TSB819AP

スーツやジャケットの時にはリュックは使わない私ですが、Chromebookを持ち歩くようになったり、また仕事や小旅行で出かける際にはリュックほど便利なものは他にありません。そうした点で私にとってリュックは一つは持っておきたい物。

Targus City Intellect Backpack TSB819APicon

ちなみに今は、既に販売終了となってしまったグレゴリーのCOVERT DAYを愛用しています。これ、とても気に入っていたんですけどねぇ。何故かこれだけ廃盤。ビジネス用PCリュックという部分があまり受けなかったんでしょうか。

Amazonだと同一モデルがないので、似たようなもので探すとすればこの辺りか。

パソコン用のバッグと考えるとなかなかデザインや使い勝手とのバランスが難しいんですよね。理想の一つに出会えれば良いのですが、理想というのは追い求め続けても結局見つからないものです。それよりさっさとベターなものを見つけてそれをとことん使い込んだほうが良いと思います。

PARK RANGER タクティカルウエストバッグ EXTRA

0699-201502_PARK RANGER

もっと攻める必要が男にあるのかは分かりませんが、これまた一太郎30周年記念の新型です。EXTRAは一から仕様を作り上げたそうです。

PARK RANGER タクティカルウエストバッグ EXTRAicon

ちなみにAmazonでこのPARK RANGERのタクティカルウエストバッグを見てみたのですが、

あまり攻めてません。残念です。やっぱりもっと攻めないとダメだと思います。これだけのもの背負っていたらかなり迫力はありますが、逆にこれだけで一日何とかなりそうな容量です。携帯用の非常袋、携行グッズも含めたバッグとして良いかもしれません。

最後にお願い。

最後に、私が過去何度も取り上げて悶々としているGLEN HERITAGE オリジナルレザーデスクマットiconAREA デスクトップアームスタンド CA-700iconは今日の時点で在庫それぞれ1みたいです。リンク貼っておいて言うのもなんですが、来月当たり買おうと思っているので、優しい人はなるべく買わないで下さいね。あ、でもかえって誰かに買われてしまったほうが踏ん切りがつくのかなぁ、デスクトップシェルフ通のように。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。