[0384-201412] 一太郎30周年記念に合わせて、Just my shopベストセレクションの黒赤に惹かれ中。

[0384-201412] 一太郎30周年記念に合わせて、Just my shopベストセレクションの黒赤に惹かれ中。

スポンサーリンク

一太郎、30周年を迎えるんですね。高校の入学祝いでPC-9801BX/U2を買ってもらった私にとって、一太郎はDashから始まりましたので、とても感慨深いです。

今もATOK Passportに契約して、PCでは変わらずATOKです。

ATOK Passport | Just my shop
icon

iOS版はATOK PadTweet ATOKと購入、ATOK for iOSも購入しましたが、こちらのみまだ使いにくくて一時使うのを止めています。

ATOK for iOS

1,500円
(2014.12.07時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

一太郎は大学時代は意地で使っていました。周りがWordでレポート書いている間、一人一太郎で周りと話が合わなかったのは懐かしい思い出。
ここ数年ほとんど使っていませんが、ちょっと今回の一太郎2015は心惹かれています。

30周年の一太郎2015先行予約受付中 | Just my shop
icon

さて、そんな中。

黒に赤ステッチが最近好きなんです。

実は最近、革製品等で黒に赤ステッチにだいぶ惹かれています。
きっかけは全く別のところ(登山)だったのですが、少しずつ黒赤で揃えたい気分になっています。
ひとまず一つ全く別のお店で黒赤でオーダーをしていますので、そちらは受け取り次第ご報告します。

で、黒に赤というと、実はJustsystemのカラーがそうなんですね。ジャストシステムの直営ECサイトであるJust my shopは以前はJustsystem関連のソフトをオンライン購入する時にしか使っていなかったのですが、ちょっとここ最近気になるものが増え始めまして。

東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデル

0384-201412_Just_REALFORCE108UW-HiPro

東プレ REALFORCE108UW-HiPro 一太郎30周年記念モデル | Just my shop
icon

以前からちょろちょろとやけに多方面に商品を展開しているな、とは思っていたのです。
けれど、こういう多方面展開ってあまり個人的には好きではないので、スルーしていました。

ところが、昨年末に、私が以前から愛用している東プレのRealforceのJustsystemモデルが何となく格好良くて、ちょうどパソコンの入れ替え時期でUSB接続のRealforceが欲しかったこともあり、予約購入してしまいました。

今年に入ってしばらくは私のパソコン周りの写真にはこのRealforceが写っていたと思うのですが、ちょっと使いにくい点があって、結局手放しました。

というのも、私、ブラインドタッチ問題ないのですが、このキーボード、黒のキーにグレーで昇華印刷されているので、文字が見にくいんです。
普段はほとんど見ないのですが、ふと一瞥して確認したい時に、一瞬間が空いてしまうのが、結構ストレスになっていました。

折角の素晴らしいキーボードなのに、ちょっと入力にストレスを感じるのが嫌で、かつ、夫婦共有パソコンで使おうと思っていたら、ブラインドタッチが中途半端に出来る妻にとっては大不評。

折角の東プレも見にくいことから評価がた落ちで妻に認めて貰えず。

そんなところに、今回の一太郎30周年記念モデルが予約受付開始。
今回はREALFORCEの108UW-HiProでの登場とあって、心動いてしまったんですね。このレトロな感じがたまりません。

実は既に予約済みです。2年連続か、おまえは、というところですが、2月発送ということで、だいぶ先です。
楽しみですが、本音はもう少し早く発送して欲しい気分でいっぱいです。

JUSTロゴ入 USB3.0ハブ付デスクトップシェルフ 通

0384-201412_Just_Desktop

JUSTロゴ入 USB3.0ハブ付デスクトップシェルフ 通 | Just my shop
icon

わが家は現在パソコンは2台体制で、うち1台が共用のメインパソコン。
もう1台はDVD鑑賞やスキャン用のサブで24時間稼働中です。

[0196-201405] 今更ながら自宅サブPCの再構築。PCを自作するということは、自分のライフスタイルを主体的に考えるということ。

[0279-201407] 狭い我が家の大量の写真と本を今更ながらデジタルデータにして改めて見えてきたもの。

ただ、妻が月に何日か、ほぼ一日中パソコンの前にいる時があるので、いつの間にやらサブパソコンも私がそんな時用に使うようになりました。
となると、ちょっと環境を整えたくなってしまうんですね。

私の個人用の机はなるべくならそれ程パソコンに面積を取られたくない(サブPCなので)と思っていたので、元々こうしたデスクトップシェルフは以前から興味はあったんです。

ただ、なかなかイメージ通りのものがなかったのと、下手なもの買うと余計にモノが増えるだけで邪魔になりそうだったので躊躇していたのですが、このJUSTロゴ入りのものは、配色がちょうど今の私にピッタリはまりました。単に黒に赤というだけですが。

サブなのでワイヤレスのキーボードとマウスも多用するので、デスクトップシェルフ自体にUSB3.0のハブがあるのはありがたい。
何より赤がアクセントになって良い。
注文すれば年内配送なのも更に良い。

ちょっと残数がほとんどないので、結構内心焦りながら、今この文章打ってます。

GLEN HERITAGE オリジナルレザーデスクマット

0384-201412_Just_GLEN_HERITAGE

GLEN HERITAGE オリジナルレザーデスクマット | Just my shop
icon

デスクマットは今既にカンダミサコさんのデスクマットを愛用しています。

Naturaヌメ革デスクマットがレビューされています。

これは非常に気に入っているのですが、若干サイズが小さい。
A4がちょうど収まるくらいの大きさは悪くはないのですが、時々物足りなさを感じてしまうときもあるのです。

で、そうやって欠点を言い始めた時というのは、単に新しい何かが欲しくなって、そんな自分の気持ちを正当化させるためです、大抵。

要は黒赤の少し大きめのデスクマットが欲しいんでしょうね。格好いいですから。きっと革製品を統一させたいんだと思います。

AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just my shop

0384-201412_Just_CA-700

AREA デスクトップアームスタンド CA-700 | Just my shop
icon

私、パソコンを使っている時、以前から集中するとマウスを持つ右肩が無意識に上がるクセがあるようです。
それで首回り、右肩がこってしまうことが多いんですね。最近は気がついた時に意識して肩の力を抜くようにしてはいるのですが。

恐らくパソコンに向かうときの姿勢が悪いのだと思うのですが、それで以前からこのアームスタンドは気にはなっていたのです。

黒赤ではないのですが、合わせて欲しいなぁ、と思っているものの一つです。

時々、パソコン周りの環境を整えたくなる時が来るのです。

基本的には最近は身の回りのものをシンプルにし始めているのですが、時々こうして黒に赤ステッチだったりと、急に気になり始めたり、またパソコン周りの環境を整えたくなる時期がくるんです。

ちょうどパソコンを新たに組み始めたのも、確か昨年末でした。ほぼ衝動的。

今年はそれに比べると比較的おとなしめだとは思うのですが、そんな昨年末を思い出して、ふと懐かしくなったり。

ひとまずしばらくはJust my shopはじめ、合間に色々眺める日々が続きそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。